000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

bracing world blog

PR

X

全505件 (505件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 51 >

2021.05.05
XML
カテゴリ:サイト更新情報


皆様、お世話になっております。ホームページ「​bracing world​」を更新しました。
今月の特集は高松空港です。空港南にあるさぬきこどもの国で、真っ赤なポピーやたくさんの花々と絡めて撮影しました。

空港というのは基本的には人工物で囲まれていて、季節を感じさせるものは少ないのですが、高松空港は別。さぬきこどもの国には四季折々、いろいろな花が咲いています。季節を感じさせる飛行機写真が撮れる場所として、多くのファンに愛されています。トラフィックがそれほど多くないのが玉に瑕ですが、それでもバリエーション豊かな機体を撮ることができました。

たまには空港撮影もいいな、と思うことができた撮影行だったことを今でも思い出します。またのんびり空を眺めるだけの旅、してみたいですねぇ。






最終更新日  2021.05.05 09:25:37
コメント(0) | コメントを書く


2021.04.20
カテゴリ:撮影紀


驚異的な速さで桜前線が北上する中、あるあるですが、撮影に行ける土日に限って天気が悪くなるというめぐりあわせの悪さ。やきもきする中、4月10日土曜日は奇跡的に朝から晴れそうということで、その時、桜が見ごろであった東北地方に歩を進めることにしました。

阿武隈急行や会津鉄道なども思い浮かびましたが、選んだ行先は磐越東線です。いわきから郡山を結ぶローカル線ですが、正直、会津磐梯山が望めたり、SLが走る磐越西線と比べて極めて地味な路線で、通常、撮影地ガイドや先人の方々のブログ等でもお目にかかることがほとんどない路線。数少ない情報をもとにロケハンしながら現地を巡ることにしました。

自宅のある柏市からは常磐道で2時間半。いわき市の小川郷周辺から撮影を始め、夏井、船引、三春、舞木の各駅でちょうど見ごろの桜と列車を絡めることができました。中でも圧巻だったのは舞木駅。昼の風景も美しいのですが、ライトアップされた桜の美しさは圧巻。ポジションに苦労はしましたが、見事なライトアップに心が癒されました。

帰りはサービスエリアで短時間の休憩を挟みながらゆっくり常磐道を上り、夜遅くに到着。ほとんどお目にかからない地味なローカル線で、それでも春爛漫の鉄道風景を存分に撮ることができて、大満足の撮影行となりました。
次は新緑ですね。コロナは落ち着きませんが、感染対策に気を付けながら、どこかへ行きたいと思っています。






最終更新日  2021.04.20 00:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.15
カテゴリ:撮影紀


なかなかコロナが落ち着かず、一方で、桜は記録的な速さで咲き進み、いろいろともどかしい思いをしていましたが、その中でも、今年の春は2つの路線で春の情景を撮ることができました。

まずはその第1弾、近鉄大阪線で撮影した菜の花畑をお届けします。赤目口駅から歩いて10分ほどのところにあるこのポイント、毎年のように菜の花が咲くそうですが、その場所は思いのほか狭く、ちょっと撮りづらい状況ではありました。ただ、それでも、特急街道の近鉄大阪線です。アーバンライナー、ひのとり、伊勢志摩ライナー、しまかぜなど、バリエーション豊かな列車が次々にやってきて、流し撮りに風景重視に車両ドアップにと、いろいろと試しながら撮影ができました。
その後はとなりの三本松そばの桃畑、そして最近線路の移設計画が発表された平城京跡地のポイントで撮影し、たくさん歩き、たくさん撮っての撮影行となりました。

次回は、磐越東線の桜の風景をお届けします。






最終更新日  2021.04.15 00:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.04
カテゴリ:サイト更新情報


皆様、お世話になっております。ホームページ「​bracing world​」を更新しました。
4月の特集は中央本線・山梨県の春の光景です。勝沼ぶどう郷駅、甲斐大和駅、上野原駅、そしてこれまでも掲載していた新府桃源郷です。

訪れた当時はまだE257系が走り、特急はまかいじも走り、バリエーション豊かでしたが、近年相次いで車両も置き換わってしまいましたね。
中でも勝沼ぶどう郷の桜は実にきれいでした。駅から数分歩いたポイントからは南アルプスも見え、眼下には甲府盆地の絶景が広がります。列車に乗っていても実に美しいですが、撮っていても楽しい路線。東京から2時間足らずでたどり着けるこの場所、大変すばらしい場所でした。

今年の桜は驚異的なペースで咲き進んでいます。なかなか忙しくて撮影に行けませんが、天気予報とにらめっこしながら、撮影していきたいと思います。






最終更新日  2021.04.04 00:09:35
コメント(2) | コメントを書く
2021.03.10
カテゴリ:思い出の一枚


緊急事態宣言が明けたら春の光景を探しに行こうとウズウズしていたのですが、残念ながら2週間の延長となりました。まもなく引退を迎える踊り子号185系を撮りに伊豆半島周辺ではカメラマンが大挙しているようですが、もともと葬式鉄がきらいな私は引退間際はおとなしくしています。
この時期は桜にはまだ早いし、雪景色を撮るには遅すぎるしと被写体に困る時期。しかも花粉症の私には辛い時期でもあります。

そんな中、今回ご紹介するのは2017年に撮影した予讃線の通称海線区間で撮った菜の花の情景。閏住地区と呼ばれる場所では線路の築堤にいっぱいの菜の花が咲き、多くの観光客を集めます。そこへやってきた観光列車「伊予灘ものがたり」が夕日を浴びて輝いていました。素晴らしい写真が撮れて大変いい思い出になりました。

菜の花と鉄道、長年追い求めている春の情景ですが、いすみ鉄道や小湊鐡道など意識的に菜の花畑を造っている鉄道会社を除くと、なかなか線路端にきれいに群れ咲いていることはありません。しかし、またどこかで探しに行けたらいいなと日々リサーチを続けています。






最終更新日  2021.03.10 00:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.01
カテゴリ:サイト更新情報


皆様、お世話になっております。ホームページ「​bracing world​」を更新しました。
今月の特集は兵庫県を走る第三セクター鉄道の北条鉄道の春の情景です。播磨平野ののどかな景色を走る北条鉄道は全長わずか13.6kmと短いのですが、地元の方に大切にされ、春には花々が咲き誇り、のどかな景色と相まって、多くの観光客が訪れます。

普段あまり近畿地方では撮影しない私にとって、北条鉄道沿線はまさに未踏の地でしたが、撮影していて大変心地よく、春以外の季節も訪ねたくなる場所だなと感じました。短い距離で運転本数も多いので、ロケハンしながらのんびり撮影することができます。最近は法華口駅に交換設備ができたとのことで、運転本数を増やす動きもあるそうですから、これからも元気に走ってほしいと思います。

このところ、一気に春めいてきました。今年は花粉がつらいですが、コロナ対策をしっかりと取って、春の情景を楽しみたいと思っています。






最終更新日  2021.03.01 00:08:10
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.20
カテゴリ:撮影紀


日帰りで、お金をかけずに雪景色を撮りたい。
1日だけお許しをもらった休日、緊急事態宣言が明けた栃木県へ雪景色を撮りに行きました。
行先は野岩鉄道です。当然マスクをして、お昼を食べた道の駅は黙食。人との接触もほとんどなしの完全防備旅。しっかり感染対策に気を付けて撮影を楽しんできました。

川治湯元、男鹿高原、上三依塩原温泉口、湯西川温泉、龍王峡と巡ってきました。
晴の予報でしたが、男鹿高原では思いのほか強い雪にも出逢い、栃木県最北部の深い山の中で、雪景色を楽しんできました。さすがに龍王峡まで下りてくると雪はほとんどありませんでしたが。

ご紹介する一枚は、湯西川温泉駅そばの鉄橋。五十里湖を渡る列車の情景です。一部が結氷した冬らしいダムの上を、今や貴重となった6050系が大きな音を立てて進んでいきます。背後の山もきれいでとても清々しい一枚になりました。

3月7日には緊急事態宣言が明けるでしょうか。明けたらいよいよ春本番。昨春ほとんど撮れなかった菜の花や桜を存分に楽しみたいと思います。






最終更新日  2021.02.20 00:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.10
カテゴリ:思い出の一枚


2月は立春がありますが季節はまだまだ冬です。全国で行われる雪まつりも2月上旬に開催されることが多いように思います。

今回ご紹介する思い出の一枚は留萌本線と日本海の情景です。留萌本線はかつて、留萌から増毛の間、日本海沿いに進む路線がありましたが、残念ながら2016年12月に廃止となり、現在は深川から山を越えて留萌までの路線となっています。その留萌までの区間も利用客の減少で廃止の意向がJR北海道から示されており、途中の石狩沼田までの存続を視野に自治体との調整が進んでいますが、いずれにしろその未来はかなり厳しいものと言わざるを得ません。

その海沿い区間廃止の1年前となる2016年2月に撮影したのが今回の写真です。この時は2017年3月廃止と言われていましたので、廃止の1年前。廃止直前はカメラマンでごった返しますが、この時は多少はカメラマンを見かけたものの、まだまだ比較的落ち着いた環境下で撮影することができました。いや、落ち着いていたのはカメラマンの数だけで、強風が吹き荒れる日本海ですから、自然環境はかなり厳しい中での撮影行でありました。

JR北海道の路線は今後も厳しい前途が続きます。冬の北海道を走る鉄道は文句なく力強く、カッコイイのですが、これから先も長い期間、冬の頼れる足として活躍してほしいと願うばかりです。






最終更新日  2021.02.10 00:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.02
カテゴリ:サイト更新情報


皆様、お世話になっております。
ホームページ「​bracing world​」を更新しました。

今月の特集は、富良野線、根室本線滝川-新得間の冬の情景をお届けします。冬の富良野線というのは憧れの路線でした。そして根室本線の富良野-新得間は災害で東鹿越以遠が不通となっており、JR北海道は復旧を断念、廃止が取り沙汰され、滝川-富良野間も「単独では維持困難な線区」としてリストアップされている区間です。富良野を起点に、両路線をいろいろと巡ってきました。

真っ白な雪原の中を走る北海道の鉄路は、やはり美しいものがあります。厳しい気候ながら、やはり冬の便りを聞くと、どうしても想いは北の大地へと向かってしまいますね。






最終更新日  2021.02.02 00:04:22
コメント(2) | コメントを書く
2021.01.20
カテゴリ:撮影紀


このところ忙しくて、ブログの更新すらままなりません。
2度目の緊急事態宣言も出てしまいましたし、子どもの受験もあって、撮影には行けない状況です。

今回ご紹介するのは、12月20日過ぎのことですから、もう1ヶ月も前になりますが、千葉都市モノレールで夜景を撮ってきた時の写真です。千葉県生まれの千葉県育ちでありながら、東葛地方民は基本的に県都・千葉市とは縁遠いものでして、しかも、JRならともかく、千葉都市モノレールとなると、満足に乗ったことすらありません。

今回はそんな、なかなか縁遠い千葉都市モノレール沿線にある千葉市中央公園でクリスマスイルミネーションをやっていると聞いて出かけてみました。当然、マスク着用、単独行動で感染対策を施しながらの撮影です。

普段は田舎でローカル線を撮るのが大好きな私ですが、イルミネーションの時期だけは街中に出ることが楽しみになります。中央公園の青いイルミネーションは、千葉都市モノレールが誇るアーバンフライヤーの塗色ともマッチし、大変幻想的でした。シャッタースピードが稼げないのが大変ですが、夜景撮影ですから仕方がありませんね。

緊急事態宣言がいつまで続くかわかりませんが、受験も終われば身の回りは少しは落ち着きますので、もう少しだけ冬の写真を撮っていきたいと思っている今日この頃です。






最終更新日  2021.01.20 00:00:07
コメント(0) | コメントを書く

全505件 (505件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 51 >


© Rakuten Group, Inc.