052101 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぶらび★のエキセントリックに行こやー日記。

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

病み

2017.07.13
XML
カテゴリ:病み
立ち止まりたい。ゆっくりしたい。休みたい。

仕事してる限り、それらは難しい。

じゃあ仕事辞めるしかないかというと、
実際辞められる状況なわけないのであって、

そんで実際、仕事がないならないで辛いんだろう。

毎日仕事へ行くのも、毎日仕事がないのも、辛い。

生きる事は辛い。

しんどくても、容赦無く明日は来る。

また一日しんどさに耐える。

その繰り返し。

ああ、なんて私は弱いんだろう。。

体力が欲しい。

関節の痛みを無くして欲しい。

しんどさから解放されたい。。

おやすみなさい。






Last updated  2017.07.13 23:42:10
コメント(0) | コメントを書く


2006.10.30
テーマ:鬱病(1636)
カテゴリ:病み
34401143.jpg

http://item.rakuten.co.jp/book/3998233/


『病みは闇なり。

 およそ一年半の闘病生活を乗り越え、振り返って思う。
 まさに自分は闇の中にいたのではないかと。
 
 闇の中にいるときは、あせって動けば障害物にぶつかり、
 また足元の起伏で転んでと、痛みが増すばかりであった。
 何も見えていないのだから、動き回ることはたいそう危険である。

 かといって、じっとしていても寒さが身にこたえ、
 どうにかしなければならないという思いが頭をもたげてくる。
 この闇は永遠に続くのではないかと思える。

 そんなとき、心ある知人が直接、または人づてに、僕に箴言を伝えてくれた。
 「夜は必ず明ける」と。』

                               本書「おわりに ツレ」より




1ページに5・6コマあればいいほう、
かわいいのほほん系のイラスト、
ぱらぱら~と、わずか数十分で全部読めてしまいました。


私にゃそれはないなーという点も、時々あったけれど、
全体的には共感できる点が多く、
「うちがこの状態なのは、やっぱり、病気のせいやったんや」
と、この本を読んで、改めて安心することができました。


もうひとつ、改めて思ったことがあります。
それは、
「なんちゅうケッタイな病気やねん」
と、いうことです。


しかし、これほどまでクソ丁寧に噛み砕いた本書は、
相当わかりやすいと思います。


自分のうつ病の重さが、どの程度なのかわかりませんが、
私としては、読んで良かったと思えるものでした。


日々、自分自身でも信じられないような考え、発言、行動をするたび、
そんな自分を、
「キモイ、おかしい、こんな自分大嫌い、生きてる価値がない」
と、責めてばかりの私ですが、
「ああ、うつ病って、こういうことか」
と、ちょっと落ち着けたような気がします。


うつ病を実際患っておられる方、
身近にうつ病の患者がおられる方、
この難解な病気の、理解の手助けになるかと思いますので、
興味をもたれましたら、ぜひ一度読んでみてください。



ただし、アマゾンネットのレビューで、
「治りかけのうつ病患者が読むのは危険、
本書を読むことによって、辛い頃のことを思い出し、
またぶり返すことがある」

との書き込みもありました。ご参考までに。


あくまで私の見解としてですが、
実際、ぶり返すか大丈夫かは、
もはやギャンブルやと思います失敗
医者にも、100%大丈夫とか、そうでないとかは、
わからないような気がします。
(そういう点からも、この病気の厄介さを物語ってるように思います)


私は幸い、特別マイナスにはなりませんでしたが。
(いつかマイナスに転じることがあるのかも・・・それは誰にもわからない)






とにかく、

「夜は、必ず、明ける」(BYツレさん)

そうなので、
うつ病の人も、そうでない人も、
人生、ぼちぼちいきまっしょうオーケー   






Last updated  2006.10.31 00:58:35
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.13
テーマ:鬱病(1636)
カテゴリ:病み
うつ病はよく、
「暗いトンネルに迷い込んだ様」とか、
「海底奥深くに沈んだよう」との表現がなされる。


今日の雨雲に包まれた暗い空のように、
ぶらびの頭の中も、暗くよどんだベールに覆われていた。
もう、どうしようもなく・・・。


今日は学校にて、有料の講義。

あぁ行きたくない。行きたくない。
でも、お金払っちゃってるし。
一日家にジッとしているのも気がどうかなりそうやし。
といって、全くもって外出たくない。
矛盾。。。


気のない自分を動かすのは、ひと苦労。

寝巻きを脱いで、動きが止まる。
ロンTを着て、動きが止まる。
ジーパンはいて、動きが止まる。


イヤや~イヤや、行きたくない。全然行きたくない。
こんな働かん頭で行ったって無理。
何で行かなあかんのやろ。
何でこんな講座なんかとってもぉてんやろ・・・


とぼとぼショボショボ学校へ足を向ける。
そんなこんなで何とか、嫌がる自分を学校へ連れてきた。


教室に入って座ってから、講義が終わるまで、
時間が経つのは本当に遅かった。

ゼンゼン授業どころじゃなかった。
全く集中できない。
頭の中、ぐるぐるグルグル・・・マイナス思考の塊。
それがあまりにも巨大すぎて、しかも得体が知れなくて、
ちっとも振り払えない。拭い去れない。

胸が気持ち悪い。息苦しい。
今すぐ帰りたいよ帰りたいよ・・・


今日はガイダンスだけだったけど、
来週からは本格的にはじまる。課題も出る。
こんな頭で、出来るはずがない。来週からどうしよう・・・
不安で余計に苦しくなる。

楽観的に考えようと頑張ってみるのに、
どうしても転換できない。何で?何で?


わかってるんやけどな、
このウツとかいう病気のせいやってことは。


わかってたって、自覚があったって、
マイナス思考・悲観・不安は、容赦なく襲ってくる。
怖い、苦しい、辛い・・・・・・。
こんなんゼンゼン自分じゃない。

ぶらびは元来、自分ほどポジティブ思考なヤツは見た事ないと
自負できるほど、どんなこともプラス思考に転換できる性格。

そんなうちが、こんなしょーもない病気に、
完全にアタマと心をおかしくされてしまった。
悔しい。めっちゃ悔しい。
でも、どうしようもない。

アタマもボーっとして働かんくて、
マイナス思考から抜け出せんくて、
おまけに無気力。
こんな自分が大嫌いで、恥ずかしい。
生きてる意味がなく思えてくる。

もう、生きてたくない。
でも、死ぬのは怖い。
痛いのはイヤやもん。
それに、きっと死んだデメリットの方がでかい。


だから、消去法で、何とか毎日生きて過ごしてる。
苦しくて、辛くて、孤独で、もう何もかもイヤやけど。


いつこんなん治るんやろ。
いつかこの病気に殺されそうや。
早くこの暗闇から脱出したいよ。







Last updated  2006.05.13 22:10:22
コメント(31) | コメントを書く
2006.05.12
テーマ:リューマチ(2)
カテゴリ:病み
現在日本海上空・太平洋上空には、それぞれ帯状の雨雲があって、
ちょうど日本列島をサンドイッチしてる状態らしい。
それらが合体して、週末の近畿地方の天気は崩れるとのこと。

今週の天気はサイアクな中、今日は晴れ間が晴れ
ぶらびは今日はまだ外に出てないですが雫


今日は2・3・4限で、
3限は休講だったもんで、2限はサボっちゃった。4限は行かなきゃな。
迷ったけど、疲れてしんどくなるんもイヤやしやったしな~。


でも、そのへんの判断が難しい。

月曜は、体調最悪。気合で一日乗り切る。
火曜は、一日家でゆっくり。授業・会社説明会蹴ったけど。
水曜は、体調押して無理やりガッコ行ったけど、かえってよかった。
木曜は、どーかなと思いつつガッコ+バイト、ちと疲れてもうた。

何がいーんだか、悪いんだか。
自分がどこまでイケるのか。

無理は、できない。
ガムシャラは、体を壊す。
精神的にも、リューマチも。
それはもう、セール連勤で思い知らされたし・・・雫


でも時間は止まってはくれなくて、
授業出ないと単位もらえへんし、バイトしないと金入らんし。
会社面接も迫ってる。

もうすぐ、お金払ってとった特別講座もはじまる。
いらんもんとってもうた・・・ショック頑張れるんかな、うち雫


今日も関節がイタイ。ハバネロ躍動。
そろそろおさまれよーーーアホ!!



ま、ぼちぼち。。。






Last updated  2006.05.12 13:37:57
コメント(8) | コメントを書く
2006.05.11
テーマ:リューマチ(2)
カテゴリ:病み

あれ~、夕方携帯から更新したはずやったのに・・・されてない。
なんでやねん。


今日は朝から気分がよかって、
「今日は何かイケそう♪」って思ってたのに、
お昼すぎた頃から、段々疲れとイライラが・・・・


毎週お楽しみのはずの4限目のゼミが、
ゼミメンバーとのわずか数分のカラミで、一気に体力を消耗。
頭ガンガン、もやもや、イライラ。

いつもなら間髪いれずガンガンからんでいくぶらびだが、
今日はしーーーん・・・・・
あぅ、こんなんうちじゃない~~涙ぽろり

飛び交うみんなのごくごく普通のトークにイライラ、
ガマンできず途中トイレに立ち、トイレでしゃがみこんで、ボッケー・・・。

しかし、途中で教授と思われるおばさんがトイレにきて
ちょっと不審がられたため、ゼミ教室へ舞い戻る。

終業のチャイムがなる。
いつもならダラダラだらだらしゃべって、すぐ帰る率過去0%のぶらびが、
「ゴメンバイトやし」と、即帰。

「ふえ~~ん・・・雫」と思いつつ、ふらふら岐路につく。


まさに心とカラダがばっらばら、
しゃべりたいのに、騒ぎたいのに、できない。

くそーくそー。負けねーぞ雫
ぼちぼち、治す。いつか、治す。
果報は寝て待てというではないか。。。うん。


そいでもって、右手首の関節が、燃えるように熱く、痛いどくろ
うちの右手首に、ハバネロがおる。ハバネロが。

明日は、「リウマトレックス」といういかにもリューマチの薬といった感じのものを、
週一回服用のする日。

これがま~忘れがちで、もうすでに3週逃してるんよなー(←っておいおい)

明日は絶対飲む!!
届けー右手首に棲むハバネロに!!


アホなこと書いてんと早く休もう・・・痛いし、疲れたし下向き矢印
ほいでは、オヤスミなさい月










Last updated  2006.05.12 01:20:12
コメント(2) | コメントを書く
2006.05.10
テーマ:鬱病(1636)
カテゴリ:病み

頭痛、気だるさ、関節の痛みを抱え、
さらに雨・強風の中、ガッコへ行くため原付で最寄駅に向かった。

体調は最悪、健康な人でも十分ブル~になる要素満載の天候だったが、
昨日も一日家だったしなぁと思って、無理やり出てきた。


よかったんだか悪かったんだか・・・と思ってはいたが、
電車の中で無邪気にはしゃぐ幼児の声が悪魔の叫びに聞こえ、
京都駅を歩く人々全員がうっとおしく思え、
関節の痛みも手伝ってドンドン気分が悪くなる・・・↓

「ガーーンどくろ」という感じだったけど、
そろそろ人にもちょびっと会うべきかと思い、
多少の疲れは覚悟で、理解ある友Mと一緒に帰る約束をした。

で、これは成功。
Mは病気のコトには一切触れず、自然な会話を展開してくれたのだが、
これがすごいよかった。さほど疲れず、適度な気分転換になった。
Mめ、ヤルな・・・雫


帰ってきて、ぐで~~となり2時間ほど昼寝。

母のゴハンできたで~CALLで目覚める
(↑起きたらゴハンできてるとか、贅沢の極みよな)。

疲れはとれたような、関節の痛みもちっとは軽減したような・・・
とにかく、頭がボケとる。
寝てた+うつの症状。
そのうちアホになってしまうんちゃうやろかとの危惧を抱く。。。
いや、もともとアホやけど。


明日は普通にガッコ行くか、迷う。
2・3・4限だが、授業は体力消耗するし、
加えてこの間友人にも会うワケで、
となると、ある程度テンションあげざるを得んワケで・・・

あぁ、疲れそうやショック


ホンマ、この病気は生きにくい。
はよ治してぃな~~。


ま、ぼちぼちいこや温泉






Last updated  2006.05.10 22:34:11
コメント(14) | コメントを書く
テーマ:鬱病(1636)
カテゴリ:病み

4時にバチっと目が覚めた。
アタマも体も気だるいのに、ちっとも再び眠りに入れない。

相変わらず痛む右手首の関節。
お~お~よくもまぁ腫れてくれてやがって。あぐぅ・・・いてぇ。


頭の中だけが妙にさえてるのと、痛みとで、
とても二度寝できそうにないことを判断したぶらびは、
思い切って起きて、英語の宿題に手をつける。

時事英語という授業ので、日本のニュースの英字新聞を訳そうというもの。
英字新聞は、さほど難解な文法は出てこないため、
電子辞書さえあれば、そんなに頭を使わなくても何とか理解はできる。

タラタラやりつつ6時前に完了。
眠気を誘う目的でも手をつけてみたワケで、段々疲れてはきたものの、
ちっとも眠れそうにならん。


疲れてるのに、だるいのに、眠れんというのは辛い。
うつの症状の一つらしいけど。
こんなん、いつものぶらびなら絶対ないはず。
ぶらびは何を隠そう、キング・オブ・二度寝。
やっぱり、うつなのかぁ、うち。

自分にうつって言い訳してるんかなって時々思うけど、
確かに、自分が普通の状態ではない。


うつ病患者は、明け方に自殺する可能性が高いというが、
確かにこんなまだ日もあがらない時間に目がさめて、
眠れず孤独で、憂鬱感が募り募りゃ確かに死が頭をよぎるのは、わかる。

うちは、今日は「何で寝られへんねん!」とイライラはしたものの、
憂鬱感に襲われることはなかった。あーよかった・・・。
昨日、ゆっくり一日過ごしたおかげでもある気がする。

おとついは、キツかった。
セールで疲れてヘトヘトやったにも関わらず、浅い眠りしかできんかったもんな。
睡眠薬も飲んだのに・・・効いてねぇな。

今日は、睡眠薬飲まずして、よく眠れはせんかったものの、
憂鬱感に襲われたりや、アホほど疲れてもないし、
まずまず健闘(?)といったところだろう。


何だかんだしてるうちに7時か。
お日さんも昇りきった。でも、曇りとは・・・しけるなぁオイ↓

今日は3限だけガッコ行って、バイトもない。
寂しいから誰かに会いたい気もするが、
長時間のトークは体力消耗するから、困る。
意に反してるのもええとこや。
誰かに会いたいのに、誰にも会いたくないなんて。。。


ほんま腹立つ、この病気(-_-;)

まぁ焦っても仕方あるまい、ぼちぼち行こやー◎◎







Last updated  2006.05.10 06:59:21
コメント(2) | コメントを書く
2006.05.09
カテゴリ:病み
昨日は睡眠薬を飲んだけど、朝起きて、疲れがとれた気がしない。


リューマチで節々痛い。
左鎖骨の骨折が未だ痛い。
頭ぼぁ~~として、とにかく、しんどい。


今日は授業と会社説明会があったけど、
部屋で身支度してて、しんどいよ~と思ってちょっと横になったら
そのまま寝てて、今日はもーええわと思った。
今日は、一日家でゆっくりすっか。
もちろん、うわーええんかな~~とか思って不安になるけど。


けど、カラダは確かに疲れてる。うん。
休ませてあげても罪はないよな。


TVをつける。新聞をひらいてみる。広告を見てみる。
ボケーーーーーーーー・・・・・。
ときどき、ため息。


なんじゃこれ。自分でも、自分になにが起きてるだかわからん。
わかるのは、心と体のバランスが、完全に崩れてるということ。


こんな病気、もーいや。
疲れました。


何がいいのか自分でもわからん。
まぁでも、ゆっくりしてていいような気がする。


今日は、自分の体を労わるDAYということにします・・・◎






Last updated  2006.05.09 12:14:12
コメント(4) | コメントを書く
2006.05.06
カテゴリ:病み
GWも終盤。

今日はなんか天気が悪いな~と思ってると、どうやら今日の近畿地方は、
昼にかけてどんどん曇ってって夜遅くには雨が降るそうで傘
明日は完全に雨、カミナリを伴うとか。。

「あーーうっと~~、何で雨なんて降るねんどくろ

とぶーぶー言ってみたりはするが、自然の摂理に逆らう資格があるはずもなく。


そんなもやもや空のように、ぶらびの心ももやもやしている。
細かく言うと、先週の木曜日あたりから、なぜか急激に。


自分がおかしい、絶対おかしいと思った。

極度な疲労、止まらないイライラ感、頭痛、頭が働かない(もともと働かんのに、余計に)

人間大好き・トーク大好きのぶらびやのに、おしゃべりも、人の顔を見るのすら、
苦痛となっていた。

しまいには、部屋で自分で音楽をつけた瞬間「カチン怒ってる」ときて、
すぐ消した。


「もしや・・・」と思い、心療内科にかかった。

「“うつ”でしょうね」と医師。


うつ病(うつびょう、鬱病、英depression)
とは、気分障害の一種であり、抑鬱気分や不安、焦燥、精神活動の低下などの精神的症状、食欲低下や不眠といった身体的症状などを特徴とする精神疾患である。しばしば自殺企図を伴う。
「心の風邪」と考えられ、誰でも罹りうる可能性がある。
~ウィキペディアより~

活発3乗分くらいのぶらびでも、なるもんみたいです、うつ病。


彼の死からひと月。今までこうならなかったのか、よく考えれば不思議なのかもしれない。


彼の死、就職活動、NGOの活動など、新しいこともいっぱい始めていた。


急激な環境の変化。

心のよりどころや居場所。そう感じられる場所は、もはやなかった。
ただただ、がむしゃらにひた走る毎日。そうするしかなかった。

どうやらカラダと心が、白旗をあげたらしい。


それでも、4月末からのバイトの復帰は、ぶらびの心身回復にひと役買った。

3年間勤続しているミスドは、慣れた仕事であり慣れた場所、
バタバタあっちこっち動いていると、もやもやがふっ切れる。


今はとにかく、ストレスを感じることにはできるだけ触れないように、
毎日を送っている。
でも、それができるのも、休み中やからね・・・・・
授業は、本当にしんどい。もやもやが停滞して、考えてはいけない考えにさいなまれる。


ただでさえ非日常だったのが、余計に非日常になってしまった。
うつは、暗いトンネルに迷い込んだようだとの表現がしばしばなされるけど、ほんと、まさにそんな感じ。


自分が自分じゃないし、そんな自分が心からイヤだし、
周りの人も、景色も、全てが自分に冷たく感じる。


うつはそういうものらしいけど、
そもそもまだ自分がうつだと信じがたいくらいで、どうも割り切れない。


なにせ、見た目は全然どこも悪くなさそうで、単にテンションの低い人としか、
うちのこと知らない人には、いや知ってる人でもそうとしか見えない。
自分でも、言葉にできないこの自分の違和感に、とまどってばかり。


あぁ、早くこんな状態から脱却したい。ほんと、しんどい。。。
とにかく何もかもに対して悲観的で、悲観したくもないのに。疲れるよ。




来週からどうなるんやろ。
学校も就活も、何も考えたくない。心が重い。・・・はぁ。







Last updated  2006.05.06 10:34:27
コメント(8) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.