1332493 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

いちとれのくらし

PR

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


BRAND7

Calendar

Favorite Blog

おしゃれなチェック… New! BRAND7さん

Comments

BRAND7@ Re:成毛眞のおすすめ本(その2)、瀬地山澪子など(10/11) 岳父と義父について: 自分ら子供の立場か…
BRAND7@ Re:成毛眞のおすすめ本(その2)、瀬地山澪子など(10/11) 酒井順子の都と京 クリストファーパオリー…

Freepage List

Rakuten Ranking

Headline News

October 11, 2015
XML
カテゴリ:豆知識
成毛眞さんのおすすめ本って?

成毛さんは、1991年から2000年まで
マイクロソフトの社長を務めた人。


発想がちがうね、

まだ、読んでないけど、

読んでみたい本を列挙。




「水滸伝」施耐庵

「華麗なる一族」山崎豊子

「積みすぎた箱舟」ジェラルド・ダレル

「星を継ぐもの」J.P.ホーガン







「水滸伝」施耐庵

梁山泊(りょうざんぱく)に集う108人に英雄が

次々と敵をたおすというストーリー


ちまちまと人の顔色をうかがいながら生きていても

意味がない。


たしかに、


そうだろう。





「華麗なる一族」山崎豊子

銀行を舞台にした本。

これも、

組織の中では

人の顔色をうかがってぺこぺこしなければ

生きていけないことがわかる、


ちょっと、かなしいけどね。



万俵大介は、大同銀行の専務と結託して、
鉄平の阪神特殊鋼を倒産へと追いやり、それをも手段に、
上位の大同銀行の吸収をはかる。

鉄平は、三雲頭取を出し抜いた専務と父親の関係を知るに及び、
丹波篠山で猟銃自殺をとげる。
帝国ホテルで挙行された新銀行披露パーティの舞台裏では、
新たな銀行再編成がはじまっていた。
聖域「銀行」にうずまく果てしない欲望を暴く熾烈な人間ドラマ。





華麗なる一族 上・中・下巻セット (新潮文庫)






Last updated  October 11, 2015 09:10:04 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.