1974105 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

いちとれのくらし

PR

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


BRAND7

Calendar

Favorite Blog

5月21日 誕生花はボ… New! BRAND7さん

Comments

Freepage List

Rakuten Ranking

Headline News

October 11, 2015
XML
カテゴリ:豆知識
成毛眞のおすすめ本(その2)、瀬地山澪子など


いやはや、

いままで、聞いたことのない題名ばかりです。


はい。




もっとも感化された本

「失敗の本質」野中郁次郎ほか
「ご冗談でしょう、ファイマンさん」リチャード・P・ファイマン
「タオ自然学」フリッチョフ・カプラ
「資本主義対資本主義」ミシェル・アベール


仮説力を鍛える本

「モーゼと一神教」ジークムント・フロイト
「ノアの洪水」W・ライアン
「黒死病」ノーマン・F・カンター
「利休・茶室の謎」瀬地山澪子(みおこ)
「セーヌ左岸の恋」エドバン・デル

瀬地山澪子の読み方は??


澪子は、「みおこ」でいいのかな??




利休茶室の謎
瀬地山澪子


京都郊外に建つ利休の国宝茶室「待庵」-。
NHKのディレクターである著者は、
韓国で「待庵」とそっくりの民家を発見する。
利休の美に朝鮮文化の影響を探る。衝撃の歴史読み物。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 韓国で「待庵」に出会う(利休の「待庵」とは何か/わたしと「茶の湯」の複雑な関係/韓国「牙山郡待庵」/とり憑かれた日々/「高麗カコイ」の謎に迫る)/第2章 テレビ番組にする(金先生、来日す/韓国へ予備調査/利休「待庵」を復元する/茶碗 ほか)/第3章 利休を深める(二つの番組/建築意匠への影響/儒教の香り/虜囚の人々-秀吉・文禄慶長の役)





利休 茶室の謎By 瀬地山 澪子







Last updated  October 11, 2015 05:16:24 PM
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:成毛眞のおすすめ本(その2)、瀬地山澪子など(10/11)   BRAND7 さん
酒井順子の都と京
クリストファーパオリーニのエラゴン
もいいよ (October 12, 2015 07:39:59 AM)

Re:成毛眞のおすすめ本(その2)、瀬地山澪子など(10/11)   BRAND7 さん
岳父と義父について:
自分ら子供の立場からは互いの父親を義父と呼び、外の他人の立場からみた場合は、妻の父親のことを岳父という(敬称)。 (October 12, 2015 07:55:38 AM)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.