2529902 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

いちとれのくらし

PR

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


BRAND7

Calendar

Favorite Blog

イヤリングコンバー… New! BRAND7さん

Comments

Freepage List

Rakuten Ranking

Headline News

January 25, 2020
XML
カテゴリ:安岡 正篤
安岡正篤一日一言f 1月25日 幸と福(2)




そうではなくて原因を自己の中に有する、


即ち自分の苦心、自分の努力によって


かち得たる幸いを「福」という。


福という字がそれをよく表しておる。


示偏というのは神さまのことだ。示というのは


上から光がさしている、神の光、叡智の光を表す。


旁(つくり)は「収穫を積み重ねた」という文字だ。


農家でいうならば俵(たわら)を積み上げるという文字。


神の前に蓄積されたるものが「福」である。







*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言


六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右


「私は平生窃(ひそ)かに此の観をなして、
如何なる場合も決して絶望したり、 仕事に負けたり、屈託したり、
精神的空虚に陥らないように心がけている。」と。


安岡 正篤(やすおか まさひろ)
1898年(明治31年)2月13日-1983年(昭和58年)12月13日)
陽明学者・思想家。
安岡には政界だけでなく、財界にも多くの心酔者がおり、
三菱グループ・近鉄グループ・住友グループ・東京電力など
多くの財界人をも指南していたとされる。
終戦時、昭和天皇自身によるラジオ放送の終戦の詔書発表(玉音放送)に加筆し
原稿を完成させたことから皇室からも厚い信頼を受けていた。
数々の伝説を残し、政界・財界・皇室までもが安岡を頼りにしていたことから
「昭和最大の黒幕」と評される。



安岡正篤一日一言 心を養い、生を養う



⇒ 安岡 正篤 一日一言@おすすめ本・名言集



人物を修める [ 安岡正篤 ]











Last updated  January 25, 2020 06:25:07 AM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.