273967 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JUNE&BRIDE 別館

PR

Profile


bride619

Calendar

Favorite Blog

野鳥の子殺し New! 野鳥大好きさん

今日は定期健康診断…… New! ひでわくさんさん

水無月は紫陽花を3 New! みなみたっちさん

遅れています New! どじょう家族さん

晴れたと言うより薄… New! mogurax000さん

ホオアカとヤマセミ フォト原さん

避暑地の鳥見 翡翠♪♪さん

あいちゃんの美味し… あいちゃんKOBEさん
CoCo Pujer ☆CoCo☆さん
Birdman's Blog OEECさん

Comments

JUNE@ ありがとうございます 皆様、あたたかいコメントをありがとうご…
今津定例担当@ Re:ブログ休止のお知らせ(06/04) まっことせんない話でごわす。(薩長土佐…

Freepage List

全785件 (785件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 79 >

子ども・おうち・自然

2010.05.10
XML
ちょっと古くなってしまいましたが
4月末に見かけたシギチをいろいろ...

サルハマシギ
サルハマシギ posted by (C)bride619

4/28の早朝に見かけたサルハマシギ。
昨年に続いて、この時期に見られましたが



サルハマシギ
サルハマシギ posted by (C)bride619

見かけるのは、何故か平日の朝なので
いかにも朝日に照らされたという色になってしまいます。
今回もまた、この日限りでしたし...



コアオアシシギ
コアオアシシギ posted by (C)bride619

サルハマシギと一緒にいたコアオアシシギ。
どうも脇役に回る事が多いのは、何故でしょう?



ソリハシシギ
ソリハシシギ posted by (C)bride619

眠そうなソリハシシギ。
この鳥も今期はあまり見かけません。



ムナグロ
ムナグロ posted by (C)bride619

これぞGolden Plover!っとばかりに
金色に輝くムナグロ(笑)
セイタカシギと共に、今期好調な数少ないシギチです。



ウズラシギ
ウズラシギ posted by (C)bride619

その近くにいた夏羽のウズラシギも
とっても奇麗でした。

(JUNE)






Last updated  2010.05.10 23:23:27
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.09
以前、遠征して見てきたアカアシチョウゲンボウ
わずか一週間後に地元に出現したことがありましたが
またまた、地元へ連れてかえってしまいました(笑)

今回は、GW中に離島で見てきたこの鳥です。



ホオジロ(正面顔)
ホオジロ(正面顔) posted by (C)bride619

地元で、ホオジロがよくさえずっているポイント。
ここは、渡りのホオジロ類にも良さそうなので
以前からマークしていたのですが



キマユホオジロ
キマユホオジロ posted by (C)bride619

今日はこの場所で、キマユホオジロを見つけました。
今日は他の鳥がさっぱりだったので、かなり意外でしたが
狙った場所が的中するというのは、気分がいいものです♪



キマユホオジロ
キマユホオジロ posted by (C)bride619

キマユホオジロ
キマユホオジロ posted by (C)bride619

顔の色や、喉の部分に縦斑が無い事から、雌個体だと思います。
今回は手強くて、なかなかデジスコでは撮らせてくれず
かろうじて400ミリで撮った証拠写真のみ。



キマユホオジロ(正面顔)
キマユホオジロ(正面顔) posted by (C)bride619

その状況でも、正面顔だけは外せません(爆)

(JUNE)








Last updated  2010.05.09 22:13:30
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.07
4/17に、セイタカシギ10羽の群れが見られた事は
以前アップしましたが

セイタカシギ群れ
セイタカシギ群れ posted by (C)bride619

4/24にはさらに多い、14羽の群れが見られました。



セイタカシギ群れ
セイタカシギ群れ posted by (C)bride619

セイタカシギ群れ
セイタカシギ群れ posted by (C)bride619

これだけの数だと、なかなか壮観ですが
今回は広い干潟に入っていたので
一箇所の水田に入った前回に比べると、やや迫力に欠けました(笑)



セイタカシギ群れ&ヘラサギ
セイタカシギ群れ&ヘラサギ posted by (C)bride619

セイタカシギ群れ&ヘラサギ&クロツラヘラサギ
セイタカシギ群れ&ヘラサギ&クロツラヘラサギ posted by (C)bride619

その代わり、まだ残っていてくれたヘラサギや
クロツラヘラサギと一緒の、ちょっと珍しいシーンも見られました。



セイタカシギ
セイタカシギ posted by (C)bride619

セイタカシギ
セイタカシギ posted by (C)bride619

成鳥個体は、背中の色が奇麗です。
晴天下では緑色光沢が見られましたが
写真に撮るのはなかなか難しいですね。

なお、その後17羽が集まった日も有ったそうです。
シギチの個体数が少なめの今シーズンですが
セイタカシギとムナグロだけは、例外的に個体数が多かったようです。

(JUNE)






Last updated  2010.05.07 23:16:31
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.06
また順番が前後しますが、4月下旬の話。
先日のカラアカハラもそうですが
その他にも、大型ツグミ類はまずまず楽しめました。
マトモに写真が撮れたのは、ほとんど無いのですが(笑)

アカハラ
アカハラ posted by (C)bride619

まずは、今期あちこちで見られたアカハラ。



クロツグミ
クロツグミ posted by (C)bride619

スコープで見たら、クロツグミの雌または若鳥でしたが
あまりにも暗い場所で色が全く出ませんでした。



トラツグミ
トラツグミ posted by (C)bride619

林の中で、トラツグミが珍しく
結構目の前にとまりましたが、残念ながら後ろ姿



トラツグミ
トラツグミ posted by (C)bride619

次に出てきたときは、今度は遥か彼方でした(笑)



ツグミ
ツグミ posted by (C)bride619

少しハチジョウが入ってそうなツグミ。
農耕地を占拠していたツグミ達も、大半は渡ってしまったようです。

あと運転中に、道沿いの電線にマミチャジナイがとまってた事も。
慌ててカメラを出した時には、既に林に入っていました。

(JUNE)









Last updated  2010.05.06 20:16:10
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.04
水田に水は入っても、シギチの個体数が寂しいという状況は
相変わらず続いているものの、そんな中で4/29~4/30には
かなりびっくりする出来事がありました。

さすがに長居する鳥ではないので、二日間限りでしたが。

コシャクシギ
コシャクシギ posted by (C)bride619

4/29朝、農耕地にふわっと降りた群れは
チュウシャク...じゃない。コシャクシギです!



コシャクシギ
コシャクシギ posted by (C)bride619

一年を通じて、チャンスはほぼ4月後半のみのレアな鳥。
大体1羽~数羽で飛来するのですが、なんと7羽も群れています!



コシャクシギ
コシャクシギ posted by (C)bride619

翌30日の朝にも見られ、数は更に増えて12羽に!
それほど固まって行動しているわけでなく、周辺農耕地にちらばっていたようで
それが朝一番には集結していたようです。

コシャクシギの二桁の群れは、かなり珍しいと思います。



コシャクシギ
コシャクシギ posted by (C)bride619

もともと乾燥したところを好む鳥で
荒れ地とか、水田と言うよりは畦にいる事が多いのですが



コシャクシギ
コシャクシギ posted by (C)bride619

今回は水田に入る事も少なくなく
こうやって水を飲んでいるシーンもしばしば見られました。



コシャクシギ(ドアップ)
コシャクシギ(ドアップ) posted by (C)bride619

滅多にないチャンスですから、ドアップと



コシャクシギ(正面顔)
コシャクシギ(正面顔) posted by (C)bride619

正面顔もきっちり押さえました(O<>O)

(JUNE)






Last updated  2010.05.04 23:01:25
コメント(4) | コメントを書く
2010.05.01
残念ながら地元ではなく、ちょい遠征の渡りスポットですが

キマユホオジロ(正面顔)
キマユホオジロ(正面顔) posted by (C)bride619

4月30日の、ちょい遠征渡りスポットでの事。
道端で私の前方から歩いてくる小鳥は、キマユホオジロです。



キマユホオジロ雄
キマユホオジロ雄 posted by (C)bride619

耳羽の部分などが黒く見える方が雄で



キマユホオジロ雌
キマユホオジロ雌 posted by (C)bride619

茶色の方が雌です



キマユホオジロ雌
キマユホオジロ雌 posted by (C)bride619

道路脇の草の種を、盛んに食べていました。



キマユホオジロペア
キマユホオジロペア posted by (C)bride619

逆光の事もあって、ツーショットが
マトモに撮れなかったのが少々残念です。

やっと渡りのホオジロ類が入ってきた感じですが
地元にも来てくれないかな~

(JUNE)






Last updated  2010.05.01 23:26:20
コメント(4) | コメントを書く
2010.04.30
ツリスガラ
ツリスガラ posted by (C)bride619

この街では、冬の間はあまり見かけないツリスガラ。
昨年と同様、この春の渡り時期になると
しばしば目にするようになりました。



ツリスガラ
ツリスガラ posted by (C)bride619

それほど人は警戒してないようで、そっと近寄れば
400ミリでもそこそこ撮れます。
こんなに小さな鳥なのに。



ツリスガラ
ツリスガラ posted by (C)bride619

ツリスガラ
ツリスガラ posted by (C)bride619

アシの中から、虫をつまみ出して食べる仕草が
存分に担当できました。

しかし、車道に面したアシ原で
それも結構スピードが出るポイントなので
車が通る度に、奥に引っ込んでしまって
また出てくるのを待つという繰り返しでした。



ツリスガラ(正面顔)
ツリスガラ(正面顔) posted by (C)bride619

おお、久々に奇麗に決まった正面顔(O<>O)

(JUNE)






Last updated  2010.04.30 23:51:23
コメント(6) | コメントを書く
2010.04.29
私も鳥運には、割と恵まれてる方だと思っていますが
それ以上に恵まれているのがBRIDEです。
すごくマメに探鳥に出るわけではないのに
なんというか、いつも美味しい所を持って行く感じ(笑)

しかし誰しも、なかなかチャンスに巡り合わない
「縁の無い鳥」がいるんじゃないかと思います。
BRIDEの場合は、アカハラでした。
なにしろ、カラアカハラを見たことがあるのに
アカハラに逢えないという、なんとも不思議な状況...



ウグイス(さえずり)
ウグイス(さえずり) posted by (C)bride619

BRIDEと共に参加した、土曜日の地元探鳥会は
名物ウグイスのさえずりシーンが、間近で見られるなど
そこそこ楽しめたものの、全般には淡々と進行していました。



アカハラ
アカハラ posted by (C)bride619

終盤、ほぼ出発地点まで戻ってきた所で
思いがけない場所で、アカハラが出現!

距離が詰められない上に、晴天で陽炎が立って
写真は厳しかったですが、奇麗な個体です。



アカハラ
アカハラ posted by (C)bride619

もちろん、念願の一種を見る事ができた
BRIDEは満面の笑顔です(^^)

次に縁が無い鳥といえば...ノゴマあたりかな
なかなか出てこなくて、手強い相手ではありますが
逢えるように、ますます精進しましょう♪

以下、おまけ画像です


キビタキ
キビタキ posted by (C)bride619

この土曜日の早朝、探鳥会の前には
珍しくキビタキがよく遊んでくれました。



キビタキ
キビタキ posted by (C)bride619

シャッタースピードがイマイチ上がらず
くっきりとはいきませんが、可愛いから良しとしましょう(笑)



キビタキ(正面顔)
キビタキ(正面顔) posted by (C)bride619

最後はおなじみ正面顔で(O<>O)

(JUNE)






Last updated  2010.04.29 23:31:40
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.28
キョウジョシギ
キョウジョシギ posted by (C)bride619

土曜日の水田には、思いがけずキョウジョシギの姿が。
水田で見たのは初めてですし
いつも石をひっくり返してるイメージが有るので(笑)
ちょっと意外な出現でした。



キョウジョシギ
キョウジョシギ posted by (C)bride619

やはり場違いだと思ったのか
あるいは、ひっくりかえす石がないとつまんないのか(笑)
すぐに居なくなってしまいました



ハマシギ(お食事中)
ハマシギ(お食事中) posted by (C)bride619

タカブシギ(お食事中)
タカブシギ(お食事中) posted by (C)bride619

その他のシギチは、おなじみさんばかり。
水田に良く水が入っている割には、個体数も種類も今ひとつ低調です。



チュウシャクシギ
チュウシャクシギ posted by (C)bride619

10日ほど前から、チュウシャクシギの姿も見かけるようになりました。
そろそろ、大挙して渡ってきても良いはずなのに...



チュウシャクシギ(ドアップ)
チュウシャクシギ(ドアップ) posted by (C)bride619

じっとしていたので、とりあえずドアップで撮ってみました

(JUNE)






Last updated  2010.04.29 00:25:43
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.27
地元海岸では、足が黄色い「セグロカモメ近縁種」を
結構普通に見ることが出来ますが
ほとんどはセグロカモメとホイグリンカモメの中間個体と思われます。

私の理解している限りでは
以前「ホイグリン系」などと呼ばれていた、この中間個体群は
現在ではtaimyrensysの名称で、呼ばれる事が多いようです。
(亜種taimyrensysの扱いをする場合もあるようですが...難しい)



足が黄色い個体が沢山...
足が黄色い個体が沢山... posted by (C)bride619

特に3~4月頃に、このような個体が沢山見られ
数十のセグロカモメ中に、1/3くらい足が黄色い個体が居る事も。

上面の色がウミネコ並みから、セグロカモメ並みまで
無段階にいろんな色の個体が存在しており
中間個体群taimyrensysと、ホイグリンカモメheugliniの
線引きはかなり難しいとの事です。



ホイグリンカモメ
ホイグリンカモメ posted by (C)bride619

しかしこの個体みたいに、
ウミネコ並みの上面の色や、頭の白さ、スマートな体型等
「これは!」と思う個体が見られることがあります。



ホイグリンカモメ
ホイグリンカモメ posted by (C)bride619

ホイグリンカモメ
ホイグリンカモメ posted by (C)bride619

この個体の場合、運良く伸びのシーンが良い角度から撮れたので
思いきって氏原巨雄氏にアドバイスを頂きました。
(カモメ識別ハンドブックの著者でいらっしゃいます)

その結果、これらの写真を見る限りは
「ホイグリンカモメheugliniの範疇に入る個体に見える」
とのコメントを頂きました。



ホイグリンカモメ
ホイグリンカモメ posted by (C)bride619

ホイグリンカモメ
ホイグリンカモメ posted by (C)bride619

以下のような特徴を、御教示頂きました。
・taimyrensisは、幾分セグロカモメの特徴を併せ持つことが多いが
 この個体はセグロカモメ的な部分は、あまり見られない。
・小さめのミラーがP10に一個だけあることや
 P7、P6の黒色と灰色の間に白色がほとんど見られないのは
 taimyrensysよりもheuglini寄りの特徴。
・初列風切の黒色部は6枚に見え、heugliniとしてはやや少数派
 (7~8枚の個体が多い)だが存在する。

この個体の場合、足はそれほど鮮やかな黄色ではありませんが
海外のホイグリンカモメ越冬地でも、しばしば見られるとの事で
それほど重要なポイントではないのかもしれません。

セグロカモメ近縁種の識別は、私にとっては非常に難しいのですが
”Japanese Gull Site"をはじめとする、氏原氏のサイト・ブログは
とても勉強になり、いつもお世話になっております。

(JUNE)






Last updated  2010.04.28 01:00:12
コメント(0) | コメントを書く

全785件 (785件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 79 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.