294010 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Bright English Club

PR

X

Profile


katakurihana

Freepage List

Recent Posts

Category

Calendar

Archives

2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Free Space

設定されていません。
2010.08.16
XML
気通信大学の酒井先生の主催の「多読と受験 相談会」に行ってきました。
以前にもこのブログでも紹介した大学受験体験者と、高校受験体験者のお2人から実際にお話を聞く事ができました。

うちの教室にも今年は高校1年生が6人来ています。
熱心に多読する人もいる一方で、いまいち多読の力を信じきれない人、学校のテストや宿題に追われて、昔ながらの暗記、文法解析に戻って行ってしまう人などいます。

今までもさんざん学校英語、受験英語は受験には有効でも実社会では使い物にならないと言われているにもかかわらず、それ以外の方法が見つからなかったわけですが、今はそれが見つかったと思います。

多読200万語~300万語をして、直前の受験勉強で大学受験に成功している人の体験を昨年から数人の方から聞く機会がありました。まだまだ多くの例は出て来ていませんが、こういう例が増えて来てくれると高校生たちの励みになると思い,昨日は大きな期待を持って出かけました。

高校生にも不安を持たずに安心して多読をしてもらいたいと強く思います。受験で終わりになる英語ではなく、人生を豊かにする英語の読書である多読を楽しんで、しかも大学にも入れる力を付けてもらいたいと切に思っています。


大学受験体験者そふぃさんは浪人生活に入ってすぐに酒井先生に相談して、勧められたのがORT(Oxford Reading Tree)の文字なし絵本だったそうです。
その時の体験から本を読む事は物語に入る事であるという事が解ったということです。
この理解力のすばらしさが彼のこれまでの成功を語っていると思います。

すでに高校生の時にペーパーバックを読んでいた方ですが、それを敢えて文字なし絵本から読み始めて最後まで黄色レベル(レベル2~3)までのレベルを読み続けたという事です。それが受験には力になったと自信を持ってお話してくれました。

私のつたない表現ではとても伝えきれませんので、tadoku.orgの多読と受験をお読みください。特に下の部分のそふぃさんの報告のリンクをご覧ください。

こちらの酒井先生の報告もお読みください。多読と受験 多読で受験 (第1回?)相談会報告+夢


細かい事はこちらを読んだ方がわかりますが、私には実際に2人の体験談を聞けた事が貴重でした。この2人の柔らかい心がすばらしいと思いました。

日本のこの現状でもこんなにすてきな若者が育っている!と元気づけられました。






Last updated  2010.08.16 17:14:55
[英語学習、外国語学習] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.