293863 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Bright English Club

PR

X

Profile


katakurihana

Freepage List

Recent Posts

Category

Calendar

Archives

2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Free Space

設定されていません。
2011.09.01
XML
  

ずっと昔に読んだ「永遠の仔」に大感激し、その作者である天童荒太さんの作品で、しかも直木賞を受賞したという事で注目していた作品でした。でもなかなか読まなかったのは彼の作品は重くて、数日間頭の中を独占してしまうほどになってしまうので読む事を躊躇させていました。

文庫本になったので夏休みに読もうと買ってあったのですが、今週になってやっと手に取りました。そして、案の定、昨夜は眠れなくなってしまいました。こういう本は平日に読んではいけませんね。

人が生きたという事は、誰かの記憶に残る事で意味がある、と常々思っていたので、この「悼む人」の覚えておくために悼むという行為は理解できました。でも、家族の思いは?母の思いは?
ただの平凡な母である私は、母親の気持ちで若者を見てしまいます。
この「悼む人」が幸せになってほしいと思います。












Last updated  2011.09.02 00:33:37
[趣味の読書(英語、日本語)] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.