000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Bright English Club

PR

X

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

児童書

2012.02.05
XML
カテゴリ:児童書


「お茶の時間に来たら」"The Tiger Who Came to Tea"ですっかり魅了されてしまって、この作家さんにも興味を持ちました。Judith Kerrさんはイギリスの作家さんですが、戦前にドイツから逃れた避難民だったのです。すでに90歳を超えたJudithさんはヨーロッパの大きなうねりの中で生き抜いて来た人だったのです。そんな彼女が書いた児童書です。
児童書ですから、難しい言葉を出来るだけ使わずに書いているような気がします。読みやすい文章です、微笑ましい所もいっぱいあって楽しめます。是非読んでみてみてください。

以下ネタバレあり、ご注意!!

1933年の選挙でヒットラーが台頭してきます。まだまだ楽観的に考える人も多く、まさかヒットラーの政党が第一政党にはならないと予想している人も多くいた時期に、有名な作家で学者であったお父さんの本が焼かれたり、著名人のパスポートが取り上げられるという情報を得て、一家は大急ぎでベルリンを逃れます。
 その後一家はスイスへ、その後はパリへ。一家は定住の地を求めて行きますが、フランスの出版社や新聞社からの仕事が減って経済的には困窮した日々を過ごします。
 そんな中でもAnnaと兄のMaxは子どもらしい楽しみを見つけて、友達も出来て学校生活も楽しみます。2年足らずの間にフランス語を修得して行く様子はさすが子どもの能力はすばらしい。

 Sarah's Keyを読んだ後にこの本を読んだので、このまま、パリに住んでいたら、Annaの一家(すなわちJudith Kerrさんの一家)はSarahの一家と同じ様な運命になっていたかもしれない、どんな風にイギリスに逃れたのだろうというハラハラする気持ちで読みました。

 それを思うとSarahの一家のように普通に慎ましく暮らし、自分たちをフランス人と信じ、フランスが守ってくれると信じていた人々にその後に起きた出来事はあまりにも酷いと思います。
 
 






Last updated  2012.02.05 14:48:36


2012.01.27
カテゴリ:児童書


猫好きのタドキストの友人に紹介されて購入した本です。
私は猫好きではないのです。嫌いでもないですが、猫や犬をだっこしたりは出来ないんです。なので見ててかわいいなあ~、って思う程度。猫や犬の可愛い姿には癒されますものね。

教室には癒し系の猫本、Mr Putter and Tabbyシリーズとか、犬ものだったらHenry & Mudgeとかありますが、みんな可愛いのですが、このBad Kittyはタイトル通り、Badです。

Bad Kittyをどうにかして風呂に入れようと言う顛末が描かれています。
風呂に入れるためにはまずは大きな覚悟が必要なのです。準備しておくもののリストには, a suit of armor, an ambulance in your driveway with the engine running, よろいかぶとに、救急車まで?それほどの覚悟して風呂に入れなくてはならないほど、猫は風呂が嫌いなのだそう。

私、この本をお風呂で半身浴しながら読んだのですが、大笑いでした。

大きな文字、大きな絵がふんだんにあって、漫画と小説がいったいになったような雰囲気の本です。2000語程度ですのでお風呂読書にぴったり。

お風呂で読書する時の注意:

お風呂のふたの上にバスタオルを敷く。
本にはビニールカバーをかけておく。
読む時は絶対に本を持ち上げず、ふたの上においた状態で読む。
肩にはタオルをかけて冷えない様にする。
手が濡れたらタオルで拭く。

こうやって読んでいると20~30分くらいで額に汗が出てきますので、その辺で終了する。

こうやって読むと本を濡らす事もなく、心地よく、半身浴と読書が同時に出来ます。
読書しながら健康に!です。






Last updated  2012.01.28 00:20:50
2012.01.19
カテゴリ:児童書


日本人として忘れては行けない物があると思います。戦後65年以上たって徐々に戦争を知っている人たちがなくなって来ています。日本がアメリカと戦争した事さえも知らない子どもがいるそうです。朝鮮半島や満州にたくさん日本人が住んでいた事も忘れられてしまうのかもしれません。
英語で児童署を読むことがきっかけであらためて考えさせられます。

この本は朝鮮半島の中国に近い北側に住んでいた日本人家族の逃避行の物語です。想像を絶する悲惨な長い逃避行です。戦後の満州からの逃避行の物語はNHKBSで放送されている「開拓者たち」でも描かれていますが、この物語の特徴は11歳の少女の目で描かれている事です。

また、悲惨さだけでなく、どんな状況でも誇り高い日本人の生き方にも感動します。やっとの思いで日本にたどり着いた家族は食べ物を探す事さえも大変な中で、学校に行くこと、勉学を続ける事を第一と言う母親の強い希望で、駅の中で暮らしながらも学校へ通います。

この小説はいろいろな賞を受賞しているそうですが、日本語には翻訳されていないそうです。評価されながらも微妙な問題があるということです。詳しくはこちらをご覧下さい。ウィキペディア(So Far~~)









Last updated  2012.01.20 00:09:46
2011.12.01
カテゴリ:児童書


古いタドキストの方にはおなじみの児童書です。私が多読を始めたころはこれがかなり評判だったのです。その当時うちで多読教室をする事など夢にも思ってなくて、他のブッククラブから借りて読んだ本ですが、このシリーズを最近買い始めました。2冊買って古い友人でうちの会員さんになってくれた方に貸したところ、大感動して電車の中で泣いてしまった、との事。私も読んだ当時はそうでした。その友人が続きを読みたいというので買う事にしたのですが、これがなかなか買いにくい状況です。古書でしか変えないものもあったりしてアメリカやイギリスから買ったりしてなんとか第8巻までそろいました。

是非読んでください。表紙からはきっと甘い少女小説と思われるかもしれませんが、なかなか骨太な児童書です。馬と人間の関係、人間同士の関係、友情、親子の関係などそれに主人公が成長するに連れて恋の話も。

Scholasitcのホームページもご覧下さい。
Scholastic, Heartland






Last updated  2011.12.02 01:01:40
2011.11.23
カテゴリ:児童書


今日の散歩でBecause of Winn-Dixieを聞き終わりました。ずっと前に一度読んだのですが、聞いた方がずっと感動します。
すばらしい朗読です。南部の小さなさびれた田舎街が舞台です。小さい時にママが家を出てしまい、パパと2人暮らしのオパール。パパの仕事はpreacher、教会の牧師さんです。パパの仕事で引っ越しが多く友達がいないオパールは、ある時街のWinn-Dixieというスーパーマーケットで野良犬と出会い連れ帰ります。犬につけた名前がWinn-Dixie。スーパーマーケットがそのまま犬の名前になったのです。

その日から不思議なほど人との出会いが始まります。さびれた図書館の司書さん、犯罪歴があるとうわさの男、魔女だと怖がられている目の不自由の女性、寂しげな少女、みんなどこかに寂しさを感じさせます。Winn-Dixieが結びつけてくれた人とのつながりがオパールとその人々も少しずつ変えて行きます。

南部なまりの発音で朗読されますが、それがまたいい雰囲気です。この朗読の俳優さんが映画でも演じたらきっとすてきだろうな、と思います。






Last updated  2011.11.23 22:23:53
2011.11.19
カテゴリ:児童書


児童書ですから、難しい単語も少なくて読みやすいのですが、内容は深刻です。インドの、それほど昔ではないらしい時代の女性の結婚制度の犠牲になった少女の話です。
 
持参金目当てに病気の少年と結婚させられてしまった少女が、悲惨な状況の中で自立して行く様子が明るく語られます。

少女の作るキルトが希望を開いてくれます。とてもさわやかで元気の出る作品です。


1962年アメリカとソ連が今にも核戦争を勃発しかねない状況にまで
せまっていたキューバ危機、その年のイギリスの田舎町の少年の日常を描いた作品です。
何気ない生活の中に忍び寄る不安が、不思議な曲芸師McNulty、原因不明の病気を抱えた父親
との会話の中で浮かび上がってきます。

Bobbyの純粋さに心うたれます。戦争の危機を感じながら、世界を救うためなら,
自分を犠牲にして下さい、と祈ります。
Skelligの作者David Almondの2004年の作品です。

--------------------------------------
現在の感想(2011年11月19日)
どちらも強烈なイメージが残っています。Homeless Birdは大人の会員さんに人気です。






Last updated  2011.11.19 23:02:42
2011.11.14
カテゴリ:児童書
【送料無料】When My Name Was Keoko

ずっと前に読んだ本ですが、とても印象に残っている本です。Korean Americanである作者の母親世代の経験に基づいて書かれたという事です。日本の植民地として日本の教育を強制され、日本語を話す事を強制され、日本名を強制された人々の日常が淡々とした子どもの日記の形で描かれています。

 教科書的な知識では知っていたことですが、英語多読のおかげで、考える機会を与えてもらった本でした。児童書ならではの子どもの視点で描かれているのが救いです。だからこそ、切なさが伝わってきます。






Last updated  2011.11.14 19:16:28
カテゴリ:児童書
最初に開いたブログがあるのですが、有料でずっとお金を払っているのに全く書いていないので、閉じる事にしました。主に趣味の映画や読書の事を書いていたので、このブログと2本建てにしようとしていたのですが、こちらに映画の事も書く様になったので閉じる事にしました。それに際して記録のためにこちらに転載いたします。
しばらく古い記事ばかり続く事になります。読んでくださっている方ごめんなさい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一番最初の本の紹介に大好きなこの本を書く事にしました。もう3年以上前にBBC7のBig Toeの音源を聞いたのが最初でした。MP3プレーヤーに入れて聞いたのですが、これがすばらしく、今迄に何回も聞いています。アマゾンでも音源は買えるようです。その後本も買って読みましたが、やっぱり聞く方がすばらしいです。散歩中に聞いて、涙がでて困ってしまい、ベンチに座ってしばらく物語の世界にひたっていました。

"Bitterfly Lion"


 イギリスの寄宿制の学校から逃げ出した「私」が古い館の前で出会った老婦人から聞いた話。遠い昔を懐かしむように「私」に話してくれた白いライオンと少年の物語です。アフリカの広大な自然と、イギリスの古い館や学校が目の前に浮かんでくるようです。






Last updated  2011.11.14 19:10:13
2011.11.07
カテゴリ:児童書


多読初期の頃に出会った"Butterfly Lion"以来ずっと大好きな作家のMichael Morpurgoの作品を出来るだけ読もうと思っています。あれこれ探していたら、出会ったのがこのWar Horseです。

今War Horseで検索すると映画のTrailerが出てきます。そして、もう何年か前からLondonの劇場で演劇として上演されていたという事も知りました。今度行ったら絶対みたい。
もうすぐ日本でも映画が公開になります。スピルバーグ監督で来年3月公開です。

映画公開の前に読まなくては思って読み始めたら、私の多読始まって以来の難しさ!Audibleの音源で聞き読みをしてみましたが、Unabridgedのはずなのに所々単語が違ってるし、倒置が多くて戸惑ってしまいました。

で、やぶれかぶれ、ただ聞くだけにしてみました。そしたら、何と不思議、スイスイと頭に入ってくるのです。
文章が馬の語りという形で書かれているせいなのか、とても読みにくかったのですが、聞いているとそれが気にならないのです。多分、分からない所を気にしている暇がないのでしょう。朗読はかなり訛の強い、いかにもイギリスの田舎のような尻上がりのアクセントとくせの強い発音です。でも味わいのあるいい朗読です。

という訳で、映画公開の前に投げ出さずに読めてよかった!
感動の要素が詰まっています。少年、動物(馬)戦争、ほのかな恋、絶対泣けます。第一次世界大戦のころにはあったに違いないストーリーです。










Last updated  2011.11.08 00:41:10
2011.11.03
カテゴリ:児童書


先週からまた読み(聞き)始めて今日の散歩で聞き終わりました。もう最後には歩きながら泣きそうでした。
朗読が本当にすてきです。

パールハーバーの後、日系アメリカ人の生活は一変。それまで築いて来た物をすべて失い、収容所に移動。そこでの日系アメリカ人のたくましさの物語は最近ではテレビドラマでも取り上げられていましたが、少女の目を通して、もっと直感的な、普遍的な友情とか理不尽な物への怒りが静かな言葉な描かれています。なおさら悲しさ、怒りが伝わってきます。

収容所の近くに住むインディアンの少年との友情と恋もすてきです。もし現実にこんな事があったとしたらきっと2人は文通し戦後再会を果たした事でしょう。

無気力になって行く大人たち、ワイルドになって行く子どもたち、アメリカ兵として戦争に行くもの、N0-no boyとなって移送させられて行く人々。すみ子は現実を忘れる様に庭作り、花作りに没頭して行きます。
すみ子にとって草花は希望だったのです。

朗読の最後の方には作者のCynthia Kadohataさんの生の声でインタビューが入っています。

今までハードカバーしかなかったので、ペーパーバックを買い足し会員さんにも音源付きで読んでもらえる様にしました。






Last updated  2011.11.04 00:54:34

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.