000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Bright English Club

PR

X

全134件 (134件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

英語絵本

2012.04.21
XML
カテゴリ:英語絵本

この絵本も3匹の子豚から派生した絵本。これも大人の会員さんたちの間に人気の絵本です。先日紹介したのはオオカミの立場と豚の逆転でしたが、これはオオカミが、自分の罪を言い訳しているというか、自分を分かって欲しいと訴えている絵本です。

これもかなり笑えるし、こっちの方が本当かもね~と、ちょっとオオカミさんに同情したくなるかもしれません。

 







Last updated  2012.04.21 13:42:56


2012.04.11
カテゴリ:英語絵本
  • Green Egg and Ham.jpg
  • Hop on Pop.jpg
  • One fish Two fish.jpg
  • The Cat in the Hat.jpg
  • The Foot Book.jpg
 
 
 
 
 
 
今日、タドキスト友人とおしゃべりしていて突然思いついてしまいました。
あっ、そうだ!今月はDr.Seuss月間にしよう!
 
というわけでDr.Seussの絵本をかごにまとめていれました。
廊下の本棚にバラバラに入っていたのをまとめてみました。全部で15冊くらいあります。短い物は200語くらいから、長いものは2000語以上あります。
読みやすさレベルも0レベルから3くらい までと幅広くあります。
 
 どれもリズム感いっぱい。韻をを踏んだ言葉遊びがいっぱいです。意味は深く考えなくても十分楽しむ事が出来ます。
 
どうぞ、大人も子どもも楽しんでください。 






Last updated  2012.04.11 23:34:02
2012.03.14
カテゴリ:英語絵本

 

昨年暮れにもご紹介したシリーズです。5冊分入ったCDを買ったのでその5冊をなんとかそろえたくてずっと待っていたのですが、やっと全部そろいまいした。

 

昨日届いたのは季節外れですが、"OLIVIA helps with Christmas"。真っ赤な表紙の印象的な絵本です。この絵本はぜひぜひCDで聞き読みしてください。

朗読の初めに必ず「Beautifully read by me!」って言ってるくらいですから。 

絵本も芸術ですが、朗読もすばらしい芸術です。

 

 







Last updated  2012.03.14 23:41:37
2012.02.20
カテゴリ:英語絵本


今日届いてすぐに読んで感動して、すぐに中学生と高校生にすすめて読んだもらいました。やっぱり感動というか、ショックを受けたようです。最近の子どもたちにとってはアメリカの奴隷制度のことはあまりに遠い世界の出来事なのでしょう。

すばらしい絵と感動的な文章、静かな語り口で大きな感動を与えてくれる絵本です。教室内でたくさんの人に読んでもらいたいのでしばらくは貸出禁止のボックスに入れてあります。






Last updated  2012.02.20 22:51:18
2012.02.10
カテゴリ:英語絵本

先日ご紹介したBad Kittyシリーズと違いが分からず注文してあったCD付きが届きました。でもこれは奇麗な装丁のABC絵本でした。

Good Kiddy がBad Kittyになった理由がAからZまであるのですが、全くもってとんでもない事なんです。。それにしても凄まじきBad Kittyぶりです。約500語です。YLは1くらい。
朗読はいかにもBadぶりが強調されるすばらしい読み方です。

先日ご紹介したのは児童書のシリーズです。教室には4冊あります。Bad Kittyの凄まじきBadぶりが、これでもかと書かれているのは絵本と同じですが、文章がグ~ンと増えて2000語から4000語くらいまであります。YLは2くらいでしょうか。Dr Murrayが時々出て来て、猫についての解説する所も面白いです。その部分以外は絵本と漫画の中間のような描き方です。絵がいっぱいでレベルの割には読みやすいでしょう。

Bad Kittyの家にやって来たBabyもまたすごい!Bad Kitty対Babyの対決やいかに、と最後まで目が離せません。赤ちゃんの生態もこうやって描かれると相当にひどい物です。
でも作者の目にはどちらも愛すべき大事な存在なのです。ちょっとホロッツする所もあります。
  






Last updated  2012.02.11 00:07:38
2012.01.31
カテゴリ:英語絵本


Would you rather?って言う表現は絵本を読んでいるとよく出て来るような気がしますが、自分ではなかなか使えない表現です。このratherって言うのがどうも学校英語的に変な訳が付いてて、「むしろ~の方が」みたいに習ってしまって、そこからなかなか抜け出せないのです。

この絵本は日本語版を書店で見てあまりに奇想天外で大笑いでした。どれがいいって言われたって、どれも嫌だよ~、って言う物ばかりなんですから。
でもこれで、すっきりratherがわかります。

勉強になるからばかりでなく、この絵のほんわかした表情、想像力の逞しさ、本当にすてきな絵本です。






Last updated  2012.01.31 16:17:23
2011.12.29
カテゴリ:英語絵本
今日届いたばかりの絵本です。
どちらも猛獣のお話です。でも、ちっとも怖くないのです。本当は恐ろしいのかもしれないけど、怖がらない事がおかしいのです。

ある日突然図書館に大きなライオンが現れます。子どもたちと一緒に絵本の読み聞かせの時間になるとおとなしく聞いています。図書館司書のMerriweatherさんはとてもルールに厳しい人なんですが、静かにしていればライオンでもだれでも図書館にいてもかまわないといいます。だから毎日ライオンはおとなしく図書館に通って来てたのですが、、、いつの間にか図書館にはライオンがいる事が当たり前になってしまっていたのに、、、。
ほんわか暖かい絵がすてき、でもちょっぴりしんみりしてしまうかもしれません。
こんな温かいライオンのいる図書館だったら行ってみたい。


これも大きなトラのお話です。ある日、トラがお腹がすいていると言ってやって来たらどうします? どうぞ、って言ってお茶を出して上げたら全部のんじゃって、どうぞってお菓子を出したら全部食べちゃって、冷蔵庫の中身もからっぽになっちゃって、でもこのおおらかな家族は全然気にしていないみたいです。何にもなくなっちゃったから、じゃあ外食ねって、それでいいの? どこまでもおおらかな家族です。

この2冊ともお人好しのお話なんでしょうか。それとも何か大きな哲学があるのでしょうか。
子どもだったらそんな事考えずにこんな大きな動物に憧れてしまいますね。






Last updated  2011.12.30 01:13:48
2011.12.20
カテゴリ:英語絵本


今週は今年最後のレッスンです。小学生クラスは2週間ぐらい前からこの絵本を読み、(歌っています。)実は毎年のことで飽きているかと思いきや、覚えていた事が嬉しいようです。歌をゲームにしているので、いつの間にか歌えるようになってしまいます。

12日間のプレゼントをカードにして神経衰弱ゲームをしながら歌います。「Three French hens」の絵カードが出たら, "On the third day of Christmas, my true love gave to me~~"とみんなで歌ってもう1枚のカードをあけるといった具合です。

初めての子で全く歌を知らなくてもいきなりゲームをしても楽しめるし、少しずつ覚えてくれます。来年になればまた少し進歩してくれるでしょう。






Last updated  2011.12.21 01:05:34
カテゴリ:英語絵本


最近小学生女子に大人気のEloiseシリーズです。Eloiseは大金持ちのお嬢様。ニューヨークのプラザホテルの最上階にNanny(乳母、家庭教師?)と一緒に住んでいます。両親はいったいどこに?私が持っているシリーズにはどこにも出てきませんが、ネットで見るとおかあさんは大金持ちで世界中を飛び回っている大スターのようです。
エロイーズは寂しいなんてめそめそしていません。ホテルは遊び場、ホテルのお客さんも支配人もメードさんも遊び友達(勝手に)にしています。
大金持ちのはずなんだけど、ずっと同じ白いブラウスに黒いサスペンダー付きスカートで、どこへでも出かけます。

チョー可愛いと大評判です。が私としては原作のホテルの雰囲気とかクラシカルな雰囲気がもっと欲しかったなあ、と思いますが。

下の本が原作でこの本からReady-to-Readシリーズでは簡単な英語に書き換えられています。原作の方は4000語以上でかなり難しく感じます。文章が子どもの話し言葉の様に延々と切れ目なく続きます。
原作の絵はすばらしい!眺めるだけでも嬉しくなります。








Last updated  2011.12.21 00:44:26
2011.12.19
カテゴリ:英語絵本
Knuffle Bunny.jpg

Knuffle Bunny の3冊目が届きました。Trixieが赤ちゃんのときから片時も離さず大切にして来たうさぎぎのぬいぐるみのKnuffle Bunnyのお話が続きます。. Trixieはたぶん1、2年生くらいでしょうか。ぐんと成長しました。でも相変わらずどこへ行くにもKnuffle Bunnyと一緒。今度の絵本ではオランダへおじいちゃんとおばあちゃんの家に行きます。どんな事が待ち受けているのか。

この3冊を続けて読むとTrixieの成長がよくわかります。今回はぐっと感動度が上がっています。






Last updated  2011.12.19 23:30:44

全134件 (134件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


© Rakuten Group, Inc.