659402 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BRITISH ALPHABET BLOG

PR

Profile


canguru

Comments

canguru@ Re:自力で修理した?(08/24) afugan(afu子)さんへ 繊細な作業でした…
afugan(afu子)@ 自力で修理した? 職人さんのようで凄いね 今頃はAT33LTDも…
canguru@ Re[1]:メイン・スピーカーの交換(03/09) 一番茶さんへ コメントありがとうございま…
一番茶@ Re:メイン・スピーカーの交換(03/09) 学生時代に初代F-11を製作しずっとお気に…
canguru@ Re:お悔やみ申し上げます(02/13) afugan(afu子)さんへ お気遣いありがと…

Category

Freepage List

2020/08/24
XML
カテゴリ:オーディオ
​​​​​​​
​SAEC C-3 三度​​

当時長岡先生賞賛のハイCP機
満を持して購入

ハイスピードでガッツのあるサウンドは
ROCKにピッタリ!

ところが感動を十分に味わうことなく
針をポキリ・・・・

硬く細く脆いベリリウムのカンチレバーはまさに繊細だった。

針交換でもう一度購入

ファーストインプレッションにくらべ
ややおとなしい感じに聴こえた
マイナーチェンジがあったのだろうか?

これも間もなくお釈迦。
すでに生産中止。
ボディのみ所持して幾年月。

JICOの針修理に出そうかと
何度も思いはしたものの踏み切れず・・・

ネットでしらべると自分で針継をされている人が
ままいらっしゃる
それなら自分も!
​どんな方法で針を入手するか?​

1.オークションで中古等のカートリッジを入手する​
2.新品の交換針を購入する

思案して後者を選択
針(針先形状)の選択​​
丸針
楕円針
S楕円針
SAS針
シバタ針・・・
選んだのはS楕円針​
カンチレバーはアルミ製
無垢では継ぐことができない
サイズが合いそうなものをチョイス
針を抜きルーターでカット
ハイプの穴を針で拡張
幸運にもC-3の折れた部分と相性が良かった
エポキシで接着






一晩おいてヘッドシェル(AT-LH15/OCC)に装着
若干針圧は軽めにしてトライ
無事音は出るのか?
そんな不安も吹き飛ぶエッジの効いた元気な音が蘇った!


他に、C-3と同じくカンチレバーの折れた
オーディオテクニカのAT33LTD
チップが飛んだAT33PTGがある
今度気が向いたらAT33LTDを同じく
修理してみたい。
​​​​にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ






Last updated  2020/08/25 11:35:04 AM
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.