613370 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BRITISH ALPHABET BLOG

PR

Profile


canguru

Comments

むーちゃんの栗坊@ Re:メイン・スピーカーの交換(03/09) F-11 製作してからほぼ30年、いまだ健在…
canguru@ Re:お花がいっぱいですね(04/27) afugan(afu子)さんへ ヒマラヤユキノシ…
afugan(afu子)@ お花がいっぱいですね 綺麗だな! ヒマラヤユキノシタはわが家に…
canguru@ Re[1]:今日の猫害(01/31) 山ぼうし。さんへ 母激怒です。 購入先…
山ぼうし。@ Re:今日の猫害(01/31) あ~あ~。。お顔が(><) お母様さぞ…

Category

Freepage List

全7件 (7件中 1-7件目)

1

映画と音楽

2012/07/16
XML
カテゴリ:映画と音楽


接続、セッティング終わる


昨日AVラック2基のサイズ変更を終え

本日は接続とセッティング


今回の大仕事の元は

AVアンプの買い替えがきっかけ


今まで使用していたのは2003年発売の

YAMAHA DSP-AX1400

今まで故障知らず

ところが新たなインターフェースに

対応しておらず

今回の買い替えに至る

選んだ機種は

YAMAHA RX-A3010

後継機 RX-A3020の発表もあり

値段も底値とみて購入に踏み切った

色はゴールドと決めていた



旧構成






今回のセッティング結果



このように左右色がきれいに分かれているので♪


4本柱による前後左右に遮蔽物なし

今回のサイズ変更で上部空間の

放熱性は十分



ラックサイズ変更の他に

RX-A3010を導入するに当たり

インレットの電源コードを

新たに別物を用意していた

ところがアンプ側のSP端子が干渉して使えず

DVD-S2300に使用することに


また、

ソニーのCDP-X7ESDと

SANSUIのアンプ907LTDとの接続は

XLRのバランスケーブルを使用することに

*以前、3芯のキャプタイアコードを使用した自作品を

使ったいたところ不具合を生じ、除去したのち

この端子は使用していなかった



アナログプレーヤー

KENWOOD KP-9010と

フォノイコライザーアンプ

marantz PH-22の接続にも新たに

しっかりとしたRCAピンケーブルに交換


まだまだ他にも交換を必要とする

コード類はあるけれど

それはおいおいということで・・・


ビジュアル関係機器とRX-A3010との接続は

HDMI!

YAMAHAのDVD-S2300だけは

D端子を使用

この機種の発売時にはHDMIは登場していなかった



いままで使用していた

DSP-AX1400は

メインスピーカーの切り替え(A,B)ができる仕組みが

RX-A3010では無くなっていた



ボリュームは手回ししてみたけれど

AX1400と比べるとマスが大雑把な感じかも




CDと内臓チューナーでちょっと音だし

*チューナー付のアンプは
AVレシーバーと呼ぶのが正しいらしいけど


9.1環境、音に包まれる感じがやはり違う

使いこなしはこれから





にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



【オーディオ&ビジュアルの専門店アバック】RX-A3010 YAMAHA(ヤマハ) AVアンプ







Last updated  2012/07/17 12:01:51 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/07/15
カテゴリ:映画と音楽


ラックのサイズ変更


AVアンプの買い替えに伴い

現在使用中のラックでは放熱が無理になるので

サイズを変更することに


必要なものは全ねじとステンレスパイプ

それと、シリコン材(パイプの鳴き止め)

これを必要な大きさにカットして

組み直す



このくらい高さが変わった

簡単なようで非常に時間がかかる

昨日から初めて本日ようやく組み終わる

合わせて線材の見直し等も行っているので

セッティング中のまま

今日は暑いし疲れた・・・







にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村








Last updated  2012/07/16 12:09:24 AM
コメント(2) | コメントを書く
2010/09/15
カテゴリ:映画と音楽


~PLAY PHALLUS DEI~


先日HMVに注文していた
アモン・デュールII、68年のライヴDVD
"PLAY PHALLUS DEI”が廃盤で入手不可
受注キャンセルのメールが届いた

以前から見てみたいと思っていたもの
REPERTOIREレーベルのセールで1600円
早速注文したけれどあてが外れてしまった



それならとネットを駆使?して探してみた
すると英HMVで格安になっているのを発見!
注文したものが本日届いた♪



箱がつぶれていたけど中身は大丈夫だった♪



CDサイズのデジパック仕様で価格は
£2.99+送料£4.50=£7.49
購入時のレート換算で
£7.49=1001円!

キャンセルされて良かった~☆



撮影には若き日の
ヴィム・ヴェンダース(「東京画」、「ベルリン天使の詩」etc)
の名前も!


96年の来日時
開演前にステージのスクリーンに
映し出されえていた映像の中に
この作品も入っていたのかな・・・

それは見てのお楽しみ???



*現在英HMVではすでに入手できないようですので悪しからず。







Last updated  2010/09/16 01:21:56 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/05/25
カテゴリ:映画と音楽


~安物買いの・・・~



先日アマゾンで買い物をした商品が届いた




GENTLE GIANT / IN A GLASS HOUSE (1973)


ガラスの割れる音で始る
"THE RUNAWAY"

この曲を初めて聴いたのは
アナログブートだったけれど・・・


先日アナログで再発されたものを入手してみた
(価格の安い米盤)
中央の窓など特殊仕様の再現はなし

また、一緒に
"THE POWER AND THE GLORY"
"FREE HAND"も

(FREE HANDだけは届くまでもう少し時間がかかる)

箱を開封すると
IN A GLASS~だけがジャケの角が
潰れたものが入っていた。







別の日に注文した物も同じ日に受け取る



道 (LA STRADA) / フェデリコ・フェリーニ監督

最近はフィギュア高橋大ちゃんのフリーの演目曲で注目の映画
以前から欲しいと思いつつ今に至る

先日何気なく見ているとかなり安くなっている!

DVDは初回版から版を重ねるごとに
ドンドン値下がりする。
ついにここまで安くなったんだ!
と、商品の詳細も確認せず注文。


届いた品を見ると
紙ジャケCDのような装丁にオッ!
それもつかの間
"1 WEEK DVD"とある。
?????
まったく知りませんでした。
このような商品体系のDVD

いわゆる返品しなくて良いレンタルDVDなのだった。

*開封して見始めると1週間だけ楽しめる
その後は追加料金を払わないと
見ることが出来なくなってしまうというDVD

だったらレンタルした方がまし。
返品することにした。



ついでなのでジャケ角つぶれのLPと
同梱して送り返した。


ここでポイント!
返品において
LPは商品に瑕疵のあるもの
DVDはお客様都合ということ。

返送する際の送料は
商品に瑕疵がある場合などは着払いで発送できる
お客様都合送料は自己負担




送り返した商品が届いたらしく
メールが入った

DVD価格735円(税込み)
着払い送料640円

”これを差し引いて95円のご返却となります”

返品の詳細を見ると

お客様都合の商品を
着払いで送られた場合その送料は
返却代金から引かさせていただきますというもの。

ちょっとずるいかな~と思いつつ
着払い品と一緒に送ったら案の定こんな結果に

これなら1週間見た方が良かったよ・・・

「相変らずおっちょこちょいでバカね」(モモ)










Last updated  2010/05/26 06:36:54 AM
コメント(4) | コメントを書く
2007/09/04
テーマ:洋楽(2449)
カテゴリ:映画と音楽


海上遥か遠くにある台風の影響か
今日は蒸し暑い・・・
猛暑ではないけど暑さ復活
エアコンをつけていない部屋の温度はただいま32度・・・
外のほうが涼しい



先日新聞の折り込み広告のなかに
通販のものが入っていました。
眺めていると名作DVDのセットが。

よくワゴンなどで500円で売られている
往年の名作映画。
気になるけど買ったことはありませんでした。

この広告では映画のDVD20巻とプレーヤーがついて
10,500円!ずいぶん安い~★

気になったのでネットで調べてみたらさらに安いところが。
送料込みで5,505円! と、言うことは
20枚のDVDだけ買ったとしても1枚約275円!!!
しかもDVDプレーヤーまでついているので
買ってみることにしました。




そして届いたのがこれ

DVDセット2

映画のタイトルは・・・

ローマの休日
雨の朝パリに死す
誰が為に鐘は鳴る
旅愁
風と共に去りぬ
ガス燈
黄昏
若草物語
赤い河
禁じられた遊び
カサブランカ
地上最大のショウ
第三の男
駅馬車
モロッコ
欲望という名の電車
嵐が丘
雨に唄えば
レベッカ
シャレード

いずれも名作ばかり



DVDセット1

「あたしは興味ないわ~」
モモちゃん横で寝てます



そしてもうひとつこのセットを買った理由が
PAL方式も再生できるDVDプレーヤーだということ



早速試してみることに
うちにある唯一PAL方式で記録されたDVDを引っ張り出す。
今まではパソコンでしか再生できませんでした。

アントネッラ・ルッジェーロ

ANTONELLA RUGGIERO /
SACRAMONIA LIVE(IL VIAGGIO)
(DVD+CD)

難なく再生できました~★

2003年ボローニャでの野外ライヴ
マティア・バザールのころの
破天荒な元気良い歌も聴いてみたいけど
ここでは円熟したアントネッラのボーカルが
存分に楽しめます。
パソコン・モニターで見るよりやっぱり
TVの画面のほうがいいね♪
(リージョンはフリーです)





◎これは決してチープ・スリルではないかも?

チープ・スリル

BIG BROTHER AND THE HOLDING COMPANY/
CHEAP THRILLS (1968)


ジャケットも印象的なビッグ・ブラザーのセカンド
そう!ジャニスのセカンドでもあります。
私がジャニスの曲をはじめて聞いたのは
このアルバムの"SUMMERTIME"だったと思います。
最初は変な声だなぁ~という印象でしたが
聞き込むうちに引き込まれ・・・

最近のCDではボーナストラックが追加されていますけど
やっぱりこのアルバムは"BALL AND CHAIN"で
締めくくりがピッタリかも?





★昨日の答え

黄色い花~★

ほとんどの方がお分かりになりましたね。
正解はオシロイバナです。
黄色で斑も入っているのでちょっと珍しいと思いますけど?
最近は多いのかな???

 







Last updated  2007/09/04 08:15:05 PM
コメント(10) | コメントを書く
2006/07/04
カテゴリ:映画と音楽
数にまつわる事柄や伝承は
古今東西、数限りなく存在する。

以前にも書いたTHIRD EAR BAND
"MACBETH"は彼らのサードアルバム('73)。

その映画、ロマン・ポランスキーの
「マクベス」の冒頭には
三人の魔女が登場不気味な呪文を唱える

「きれいはきたない、きたないはきれい・・・」

MACBETH
"THIRD EAR BAND / MACBETH"



映画つながりではイタリアの鬼才
ダリオ・アルジェントの「インフェルノ」。

そう"THREE MOTHERS"が思い浮かんでくる。




バンドではその名も
"THREE MAN ARMY"

THREE MAN ARMY
"THREE MAN ARMY / THREE MAN ARMY TWO"

”TWO”だけど彼ら3枚目のアルバム('74)
ジャケットはエロ怖い
サウンドはガービッツ兄弟による
タイトなハードロックが炸裂。
ストリングスを導入したバラードも聴ける。



★モモは・・・
うちの三代目のワンコなのです。

パピーの頃
”そんなこと知らないわよ” モモ幼い頃の写真






Last updated  2006/07/04 08:23:10 PM
コメント(2) | コメントを書く
2006/06/02
カテゴリ:映画と音楽
映画というと名場面、名せりふ
というものが良く取りざたされる。

本日はせりふではなく
個人的に印象に残る一言を
フェリーニの映画で取り上げてみる。

★フェデリコ・フェリーニ監督「道」
「ジェルソミ~ナ♪」このフレーズは印象的。

★フェデリコ・フェリーニ監督「女の都」
マルチェロが「スミック、スマック」と繰り返しながら歩く。
オープニングで「またマルチェロだわ」と囁かれる声もおかしい。

★フェデリコ・フェリーニ監督「甘い生活」
「パパラッチ」?
いえいえ若き日の美しきニコの容姿に似合わぬ”笑い声”です。

そう、今回は”ニコ”

NICO ICON
"NICO / ICON"

彼女の死後(1988年没)制作された
ドキュメンタリー映画。
「ヴェルベットのバナナで歌ってる人ね!」
というくらいの感覚でなくともヘヴィーな作品。
登場する人達も多彩。
アンディ・ウォーホール、ジョン・ケイルやルー・リードといった
ヴェルベット人脈の他
アジテーション・フリーのルッツまで出てきたのにはビックリ。

NICO/DRAMA OF EXILE
"NICO / DRAMA OF EXILE"

これは81年にARUAから発売された作品。
発売当初回収騒ぎがあり話題に。
地の底から幽鬼のように上ってくるニコのフォトは
幻想的というより不気味で不吉な印象を与える。
作品そのものはギターのMahammad Hadiのプレイや
名前からも分かるように中東の香りがいっぱい。
ボウイの"Heroes"も取り上げていていたりと
エネルギーを感じる作品。






Last updated  2006/06/02 09:59:23 PM
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.