11235220 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2007年05月12日
XML
カテゴリ:映画感想


「俺は、君のためにこそ死ににいく」を鑑賞してきましたきらきら

”特攻の母”として慕われた鳥濱トメさんの視点から、
特攻隊員たちの熱く哀しい青春を実話を基にし描いた戦争群像劇。

トメさんと長年親交を深めた石原慎太郎氏が脚本を製作総指揮を担当。


ストーリーは・・・

昭和19年の秋。
鹿児島で軍指定の食堂を営むトメのもとには、
若き軍人が毎日集まっていた。
婚約者や家族を残し戦地に赴く男たちは、
彼女に愛する人への思いを託して戦争で命を落としていく・・・。


死ぬって、どういうことかな?


やや”戦争美化”的な感じがしたが、
それはそれで、いろいろと考えさせられました。


この国を守るため・・・

彼らの思いは”国”という単位ではなく、
やはり、愛する家族や恋人のために・・・

という方が強かったような気がする。


特攻隊として命を落としていった彼らは、
そして、彼らを涙で見送った親や兄弟、恋人たちは、何を思っていたのだろうか?

君死にたまふことなかれ

多分、こう思ったに違いない・・・きらきら


美しくも悲しいお話ではあるけれど、
戦争を知らない世代には、是非とも鑑賞をオススメする。

この日本という国を築いてくれた彼らを知ることが出来るのだから・・・。


戦闘シーンは、「男たちの大和/YAMATO」の製作スタッフが再結集しただけはある!
リアルの戦闘シーンの迫力が伝わってきました♪

それに、音楽がどうも「海猿」チックだなぁ・・・と思っていたら、
やはり、佐藤直紀氏が担当してましたスマイル


とりあえず、物語は、戦後のシーンまであります。
最後の桜下でのホタルのシーンは感動的でした。。。

果たして生き残った意味とは?


ただ、登場キャラの掘り下げが少し足らなかったような気もしました。


YouTube



[評価]★★★★☆



永遠の翼


【俺は、君のためにこそ死ににいく】マルシン1/48 金属製大戦機シリーズ隼3型(第71振武隊)(お...


ホタル(期間限定)


ホタル帰る

 






最終更新日  2007年05月12日 15時20分38秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「スウィング・キッズ」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

2020 株主総会 J.フ… New! mkd5569さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

強欲上等>『エール… New! ひじゅにさん

買い溜め、落ち着い… あくびネコさん

「凪のお暇」7巻感想 らいち♪♪さん

来春朝ドラ【おかえ… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

あびたしおん yamagonnさん
無題 やめたい人さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.