11257531 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2008年04月12日
XML
カテゴリ:映画感想


「フィクサー」を鑑賞してきましたきらきら
こちらのシネコンでは3週間の限定公開。

ジョージ・クルーニーが製作総指揮と主演を務め、
”ジェイソン・ボーン”シリーズの脚本家トニー・ギルロイが初監督した犯罪サスペンス。
アカデミー賞7部門にノミネートされたことも納得の骨太サスペンス映画に仕上がっている。

フィクサーとは米法曹界で”もみ消し屋”を意味する隠語。
企業訴訟に絡んで同僚弁護士が起こしたトラブルの処理に乗り出し、
フィクサーゆえに孤独、正義、私欲に揺れ動くことになる男を描く。


ストーリーは・・・

全米の注目を浴びている3000億円の訴訟問題では、
今まさに完全勝利か若いの道かの選択を迫られていた。
そんな時、NYの法律事務所で、
法律が処理出来ない汚れた仕事をするマイケルの同僚弁護士が、
訴訟問題の根底を覆すような秘密を掴んでしまう。
命を狙われる同僚。
そしてさらに、案件の全てをもみ消すようにと特命を受けたマイケルも、
一連の事件の渦中に・・・。


正義への代償は大きかった。

消す側から消される側へ。


静かなる駆け引きを描いた作品。
格段盛り上がるワケでもなく、派手はアクションがあるワケでもなく・・・雫

一番驚いたのは、警察官の「フリーズ!!!」でした(苦笑)


どうしでも、”ジェイソン・ボーン”シリーズと比べてしまいがちになりますが、
別物と考えた方が良いでしょう。


社会派ドラマを全面に出しつつも、
殺し屋が暗躍する”闇”の人間模様をリアルに描いていたのはグッドグッド
スパイスリラーとまではいかないにしろ、緊迫感みなぎるストーリー展開は、なかなか。


時系列がちょっと混乱するので、置いてけぼりにならないように!
さらに登場人物もかなり多いです(汗)


ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントンの3人の演技合戦は見どころの一つ!!
特に、雑誌等でも書かれていますが、
ティルダのリアルなワキ汗には注目ですよ~うっしっし


一応、爽快にして綺麗に終わっているような感じがしますが、
正義なのか何なのか良く分からないラスト・・・。
やるせないラストかな?


とりあえず、派手な作品だと期待していくと肩透かしをくらうので、要注意!


[評価]★★★☆☆


  



  

  

 






最終更新日  2008年04月12日 14時34分31秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「ブラッドショット」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

プロ>『エール』第4… New! ひじゅにさん

双子の力関係(笑) New! あくびネコさん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

「ちはやふる」44… New! らいち♪♪さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

「あつまれどうぶつ… mkd5569さん

東京都「東京アラー… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

あびたしおん yamagonnさん
無題 やめたい人さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.