8512315 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2008年11月09日
XML
カテゴリ:大河ドラマ


第四十五回「母からの文」

将軍も御台所もいなくなった大奥では、天璋院だけが心の支えとなった。
そのころ帯刀は、徳川家を倒そうとする西郷と大久保を必死に止めていた。
だが2人は聞き入れず、岩倉と共に幕府を倒す計画を進める。
やがて、朝廷から官位と領地を返上しろという命令が慶喜に下る。
天璋院は命令に疑問を覚えつつ、勝に戦は避けてほしいと話す。
しかし慶喜が薩長勢を挑発し、諸国の軍勢が大坂へ集まる。
帯刀は天璋院を救うため、お近と共にお幸のもとへ。
お幸は、天璋院に薩摩へ帰るよう手紙を書く。
母からの手紙を読んだ天璋院は使者の小の島に、
帰ることはできないと涙を流しながら告げる。
重野は、滝山に薩摩へ帰るよう天璋院を説得してほしいと頼むが・・・。


「そちたちこそが、私の家族であるからじゃ!」
「私の家はここじゃ!この大奥じゃ!」
「何があろうと、最後までそちたちと一緒じゃ!」


徳川の人間として。


大奥は厳しい冬を迎えていた。
重野は懸念しょんぼり

天璋院は覚悟だけはしておかなければと・・・。

小松には聞けず。友への心遣い。


小松は万次郎に会い・・・

自分の足が痛くて、もどかしく・・・
西郷と大久保からは薩摩に残れと言われていた失敗

二人は軍勢を引き連れ京都へ。


慶喜、朝廷の命に従わず大坂城へマラソン


天璋院は勝に会い・・・
戦は避けたいと。戦は人を幸せにはしないと!

しかし、慶喜は外国の公使らに、主権は自分にあると告げてしまい・・・


小松は天璋院が救いたく・・・
近とともに会いに行き、天璋院を薩摩に帰るように働きかけて欲しいと。

「あの子はもう徳川の人間です!そして私は島津家の人間です」

筋の通し方。


久光から”許し”を得た小松は、再びお幸に会い、お幸は文を書くことにえんぴつ


小の島が踏みを届けに来る。
それを読んだ天璋院は・・・

「私は徳川の人間だからじゃ!」

戻れないと・・・。
小の島は小松の厳命により来たと言うが・・・。


重野は滝山に相談するも、意見で対立炎
唐橋が間に入り・・・

重野は涙を流して天璋院に薩摩に帰るように懇願。

しかし、帰らぬと言われ・・・既に心が決まっているとぐー

薩摩が攻めてきたら、最後まで戦うと言い、唐橋は号泣号泣


お幸は、天璋院が薩摩に帰ってこないことを察知きらきら


そして、江戸城の二の丸が炎上炎炎炎

薩摩の策略?
勝が話す。

攻めれば戦の口実を与えてしまうと。

お互いが必死で・・・


全て西郷の策略だった。
大久保は錦の御旗を見せる・・・びっくり


準備が着々と。
そんな中、薩摩藩邸が焼き討ちにされたとの報告が天璋院に入り・・・

慶喜もそのことを知り、朝廷に薩摩討伐を願い出るとスピーカ


その頃、小松は考えていた。
戦を起こさぬために必死に戦ってきたはずなのに・・・。
近とともに抱き合う涙ぽろり


天璋院はここで戦う決意を。

最後の戦いが始まろうとしていた。。。


今回は緊迫感ある展開でした雫

ま、時折コメディが入ってましたけれど(笑)
滝山と重野の対立は面白く、間に入った唐橋はさらに。
最後の号泣は笑ってしまいました♪


それでも、お幸と天璋院の親子の絆は感動的ですね。
どうも、薩摩の国にいる人間の方を描くと、涙腺が刺激されるというか・・・。
樋口可南子さんの演技が上手なのかもしれないグッド


とりあえず、西郷と大久保の顔はさらに黒く黒く・・・(汗)
特に大久保さんの顔が憎たらし過ぎですよ。



NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集

 

 






NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 篤姫

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「篤姫 其ノ二」






最終更新日  2008年11月09日 21時17分31秒
コメント(8) | コメントを書く
[大河ドラマ] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」
・「3月のライオン 前編」
・「モアナと伝説の海」
・「アサシン クリード」
・「クリミナル 2人の記憶を持つ男」
・「素晴らしきかな、人生」
・「トリプルX:再起動」
・「ラ・ラ・ランド」
・「ナイスガイズ!」
・「劇場版ソードアート・オンライン」
・「サバイバルファミリー」
・「相棒 -劇場版IV-」
・「マリアンヌ」
・「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
・「マグニフィセント・セブン」
・「ドクター・ストレンジ」
・「沈黙 -サイレンス-」
・「本能寺ホテル」
・「傷物語 III 冷血篇」
・「海賊とよばれた男」
・「この世界の片隅に」
・「君の名は。」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「3月のライオン 前編」(03/18) >kisaさん 大友監督は手堅く面白い作品を…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「3月のライオン 前編」(03/18) 大友監督の演出も快調で神木隆之介始め俳…
 BROOK@ Re[1]:「別冊少年マガジン」2017年4月号(03/09) >みやさとver.さん ギーヴがわざと木の根…
 みやさとver.@ Re:「別冊少年マガジン」2017年4月号(03/09) あ〜〜!! その強いギーヴが見たい〜〜…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「アサシン クリード」(03/03) >kisaさん ゲームの映画化ということで、…

お気に入りブログ

ほうれん草>『べっ… New! ひじゅにさん

べっぴんさん 第1… New! レベル999さん

小林さんちのメイド… New! MAGI☆さん

ACCA13区監察課 … New! らいち♪♪さん

2017年 3月アクセス… New! mkd5569さん

週刊少年ジャンプ 2… New! みやさとver.さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

末っ子さらみが来た… あくびネコさん

【A LIFE~愛しき人… ショコラ425さん

井の中の河津桜 YOSHIYU機さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.