8794952 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2008年12月14日
XML
カテゴリ:大河ドラマ


最終回「一本の道」

江戸城を出た天璋院は、本寿院や唐橋らと平穏な日々を送っていた。
そんな中、天璋院を訪ねてお幸と忠敬が薩摩からやって来る。
これまでの苦労をねぎらうお幸に天璋院は、母の教えのおかげだと感謝する。
そのころ大久保らの新政府運営は多難を極めていた。
頼みの西郷は薩摩へ帰ってしまい、体を壊した帯刀は大阪の病院で闘病していた。
お琴の看病もむなしく、帯刀の病状は悪化。
薩摩から駆け付けたお近の顔を見た帯刀は、満足な人生だったと言い残し世を去る。
帯刀が残した手紙に心動かされた西郷は、新政府へ復帰することを決意する。
一方、天璋院のもとを訪れた静寛院は徳川家を継いだ家達の聡明さに触れ、安心する・・・。


「誰もが、天命・・・果たすべき何かを持ってこの世に生まれてくるのだからな・・・」

わが人生に悔いなし。


明治元年12月。
勝が鮭を持ってくる。
駿府の様子を伝え・・・新しい道へ。家達もきらきら

新政府の中心は薩摩だと。


薩摩では、小松が久光に版籍奉還を進言。
新しい日本国のために・・・許可が出る。

日本は近代国家へ上矢印


明治新政府から西郷が離れ、多難に。
それを知った天璋院は・・・


小松は大阪で西洋医学の治療中だと知らされる雫


天璋院に客がやって来て・・・お幸と忠敬だった。しのも。

「私は母上の娘の於一のままでございます」

母から教わった訓えで、折々に良き道が開けたと。


明治3年になり・・・
政府は廃藩置県を行うことになり、西郷を呼ぶことにオーケー

小松は西郷と大久保に伝えなければならないことがあると!


天璋院はお守りを出して、祈り。


お近が小松の病院にやって来る。
お琴が文で逐一知らせていたメールする

二人で看病を。

しかし、容態が悪化。

お近に、安千代を小松家の当主に。薩摩の地で育てて欲しいと。

「お前には感謝するばかりだ・・・」
「楽しい人生を送ることが出来た」
「素晴らしい日々だった・・・」

「別れなのだ・・・あとを頼むぞ・・・近・・・」


享年36歳。


大久保が天璋院を訪ねてきて・・・小松が亡くなったことを知らせる。
小松の遺志を継ぐつもりだと。

一人になった天璋院は泣き崩れるのだった泣き笑い


西郷は小松の文を読み・・・そこに大久保が。彼もまた小松から文を貰っていて・・・。

西郷が新政府に。
手を組み、廃藩置県が実現。


明治4年。
家達が江戸に戻ってくるスマイル
家族として暮すことに喜び。

天璋院は新しい時代に相応しい教育を受けさせる。


勝がやって来て・・・
新政府は士農工商を廃止し、市民平等を説いていると。
だが難しいことが多く・・・わからん
苦労しているのは西郷で・・・。


明治6年。
西郷が天璋院を訪ねてくる。

別れの挨拶。薩摩に帰ると。
自分がいると大久保に迷惑がかかると言い・・・意見の食い違い。

小松がいてくれたら、としょんぼり

主君は斉彬だと告げて・・・永久の別れ。


静寛院が訪ねてきて・・・家達と面会。
勝を連れて、東京見物へ音符

その後、しゃもじの取り合いエピソード、キター!!


二人で家茂のことを語り・・・
これからもお付き合いをと。

だが、静寛院は32歳という若さでこの世を去る。


明治7年。
新政府は海外に目を向けていて・・・

大久保は清国との戦争回避へ。
強い国を作るという斉彬の遺志を継ぎ・・・グッド


家達と泰子が婚約。
家族が増えることに。

滝山、重野らが訪ねてくる。祝いを。

滝山は養子夫婦を迎えていた。
重野はまだ独り身で・・・うっしっし

みんなで写真を撮ることに。

「今日は最良の日じゃ・・・」


明治10年。西南戦争で西郷は命を落とす。

「こいでよか・・・」


明治11年。大久保が暗殺される。

「やり残したことばかりじゃ・・・」


天璋院は嘆き・・・

薩摩から文が届く。
それはお近からで・・・清直と穏やかに暮していると。
香木が中に入っていた。

人は亡くなろうとも、志は消えないとぐー


5年が経過・・・

勝が会いに来て・・・

「人の幸せとは、地位や名誉、まして財産などではなく、
気のおけぬ友や家族とともに過ごす穏やかな日々の中にこそあるのだと思うておる・・・」


天命。


そして・・・

天璋院は静かに目を閉じる。

明治16年11月20日。享年49歳。

魂が向かった先は薩摩の地だった。。。


ということで、ついに最終回となりましたスマイルグッド

まさに総集編のごとく、回想シーンのオンパレードに、
さらに時の経過が早過ぎますよ・・・(苦笑)

OPロールから出演者の名前が左から右に流れ、
まさに総集編の様相でしたね♪


瞬く間に天璋院の逝去まで行ったような感じがします。
ま、纏めるには、こうするしかないのだけれど・・・わからん


とりあえず、小松の死には涙涙涙でした号泣
お近さん、最高ですっ!


そして、天璋院の誕生から最期までを見事に描き切った脚本家の田渕さんに拍手!
死に方は史実通りではなかったですが、あのラストは素敵でした。

静かに幕が降りた感じ。
動乱の幕末に、己の新年を貫き通した一人の女性の物語が、完結!!!

カーテンコールも非常に良かったです~ウィンク
この手法は「新選組!」にありましたな。


いよいよ、来年からは新大河「天地人」が始まります。
一応、当ブログではレビュー予定でいますので、
またその時は宜しくお願い致します。



NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集

 

 



NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 篤姫

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「篤姫 其ノ二」






最終更新日  2008年12月14日 22時34分43秒
コメント(8) | コメントを書く
[大河ドラマ] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「ザ・ウォール」
・「猿の惑星:聖戦記」
・「ベイビー・ドライバー」
・「亜人」
・「ドリーム」
・「僕のワンダフル・ライフ」
・「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1」
・「エイリアン:コヴェナント」
・「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
・「三度目の殺人」
・「ダンケルク」
・「新感染 ファイナル・エクスプレス」
・「関ヶ原」
・「ワンダーウーマン」
・「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
・「スパイダーマン:ホームカミング」
・「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
・「心が叫びたがってるんだ。」
・「ジョン・ウィック:チャプター2」
・「メアリと魔女の花」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) New! >yukarinさん VFX技術は素晴らしいも…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) こんにちは。 本当に最近のVFX技術は素…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) >源之助さん たしかに前日談というよりか…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) >えふえふさん オリジナル版「猿の惑星」…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) 見終わって見ると前日譚というよりも大河…

お気に入りブログ

だんだん、だんだん… New! あくびネコさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

連続テレビ小説『わ… New! レベル999さん

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

WJ46号 銀魂 簡単で… New! みやさとver.さん

一生笑わしたる>『… New! ひじゅにさん

人気の新刊本 転生… あーさん9さん

陸王 第1話 MAGI☆さん

【先に生まれただけ… ショコラ425さん

ハロウィンにむけて… mkd5569さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.