9486180 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2009年09月04日
XML
カテゴリ:映画感想

サブウェイ123激突

「サブウェイ123 激突」を鑑賞してきましたきらきら


デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの
豪華2大スターを主演に迎えたクライム・サスペンス。
ジョン・ゴーディのベストセラー小説を原作に、
1974年の「サブウェイ・パニック」に続いて再映画化。
ニューヨークの地下鉄を白昼堂々ハイジャックした凶悪犯と、
その交渉相手に指名された地下鉄職員との息詰まる駆け引きの行方を
緊迫感溢れるタッチで描く。
監督は「トップガン」「スパイ・ゲーム」のトニー・スコット。


ストーリーは・・・

ニューヨーク、午後2時。
地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーは、
緊急停車したペラム駅1時23分発の列車へ応答を促す。
その列車は、19名が乗車した1両目だけを切り離して停車している状態だった。
すると、無線で応答してきたライダーと名乗る男から、
“この1時間で市長に身代金1000万ドルを用意させ、
期限に遅れた場合は1分ごとに人質をひとりずつ殺していく”との要求を告げられる。
さらに、ライダーは交渉相手に何故かガーバーを指名。
ところが、警察が指令室にやって来ると、ガーバーはある理由で退席させられてしまう。
しかし、ガーバーが席を離れたことを知ったライダーは激怒、
運転士を射殺し、ガーバーを強制的に交渉役へ戻させる。
こうしてガーバーは警察のサポートのもと、
粘り強く交渉を続けながら人質解放と事件解決への糸口を探っていくのだが・・・。


スーパー地下鉄職員、誕生―――!


最近、この手の手法が流行ってきていますね。
「天使と悪魔」「96時間」も然り。
やはり「24」がヒットしたからでしょうか?

事件は“リアルタイムで進行中”でした~あっかんべーあっかんべーあっかんべー


とりあえず、今作は、タイムリミットが迫る中での、
犯人とのスリリングな駆け引きがメイン。

ま、頭脳戦といった感じではないのだけれど・・・(苦笑)


それに、トニー・スコット監督らしい映像の数々に、
やはりお決まりのカークラッシュ炎

映像的には、時折差し込まれる、静止画のように画面を止める方法が面白かった。

アクションは、ちょっとツッコミどころかもうっしっし
だって、パトカーとか明らかにクラッシュし過ぎでしょ?
それに、●●を最初から使っていれば・・・と失敗

ま、スピード感や迫力はありましたよ。

見所は現金輸送のシーンかな・・・。


前半は、地下鉄の指令係とハイジャック犯との会話が中心に進み、
なかなか台詞の応酬にハラハラドキドキ!

ハイジャック犯に身代金が届けられてからの中盤から後半にかけては、
一気にアクション性が強くなっています。
さらに、隠された真実が明るみになり、直接対決へ。

でも・・・あんな結末で良いの?

結局、主人公は賄賂を貰っていたんだよね?

う~ん・・・ヒーロー好きにとっては、
やはり、ここま嘘で誤魔化したとかにして欲しかったような気もする。


そうそう、主役の2人がかなり良い味を出した演技をしてましたグッド
デンゼルは役柄に合わせて、体重を増量したのかな?
走る姿は大変そうでした(汗)

トラボルタの方は、ホント憎たらしい役を見事に演じてました!
人間味を感じさせながら、怪演。


「サブウェイ・パニック」では刑事が主人公だったから許せるらしいけど・・・

リメイクの今回は、主人公の地下鉄職員がラスト付近になり、大活躍!
どっかで訓練を受けてきたか?的なドライバーテクニックでした(笑)


ただ、個人的には、ラストで、
奥さんに頼まれた牛乳を買って帰るところが良かったと思います音符


ハイテンションなアクションサスペンス!
2人の演技合戦だけでも面白いことでしょう!!!


列車暴走は、是非ともスパイダーマンに止めて欲しかったなスマイル



★枚数限定★[初版ポスター] サブウェイ123 激突 (ジョン・トラヴォルタ) [ADV-SS]


【懸賞ポイント】サブウェイ・パニック

  

 

  






最終更新日  2009年09月04日 16時44分05秒
コメント(18) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

映画レビュー
・「響 -HIBIKI-」
・「プーと大人になった僕」
・「ザ・プレデター」
・「累 -かさね-」
・「MEG ザ・モンスター」
・「SUNNY 強い気持ち・強い愛」
・「カメラを止めるな!」
・「アントマン&ワスプ」
・ポノック短編劇場「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」
・「検察側の罪人」
・「ペンギン・ハイウェイ」
・「銀魂2 掟は破るためにこそある」
・「オーシャンズ8」
・「ミッション:インポッシブル フォールアウト」
・「劇場版 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」
・「未来のミライ」
・「インサイド」
・「ジュラシック・ワールド 炎の王国」
・「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」
・「パンク侍、斬られて候」
・「空飛ぶタイヤ」
・「万引き家族」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ザ・プレデター」(09/14) >kisaさん ストーリーはテンポ良く、アク…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「ザ・プレデター」(09/14) アクションやお話に色々と工夫があり、な…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ザ・プレデター」(09/14) >にゃむばななさん たしかに「AVP」の…
 にゃむばなな@ Re:劇場鑑賞「ザ・プレデター」(09/14) なぜ1号プレデターが人類に対してそんな…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ザ・プレデター」(09/14) >デールさん そうですね、銃撃戦がメイン…

お気に入りブログ

連続テレビ小説『半… New! レベル999さん

今週読んだコミック… New! らいち♪♪さん

seesaaブログの画像… New! くう☆☆さん

ダブスタ>『半分、… New! ひじゅにさん

呪術廻戦小説「影」 New! あくびネコさん

義母と娘のブルース… MAGI☆さん

安室奈美恵さん引退… ショコラ425さん

何故かコメントの書… みやさとver.さん

2018年9月アクセス数… mkd5569さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.