000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2009年11月22日
XML
カテゴリ:大河ドラマ
 

最終回「愛を掲げよ」

景勝と兼続は米沢へ戻った。
米沢は兼続の改革が功を奏し、次第に活気づいてきていた。
竹松から名を改めた景明ら若い家臣たちは藩の財力を高めようと改革案を練る。
ところが、景明が病に倒れ、兼続とお船の看病のかいもなく息を引き取る。
翌年、年老いた家康は兼続と政宗を呼び、秀忠の指南役になってほしいと頼む。
家康の子を思う心に感じ入った兼続は引き受ける。
一方、自分も役目が欲しいと考えたお船も、玉丸の世話をしようと江戸へ旅立つ。
やがて家康が死去し、兼続は秀忠の指南役として江戸城に入る。
その後、兼続は私財を投じて米沢初の学問所となる「禅林文庫」を創設し、
政の世界から引退。
江戸でお船と再会し、二人で越後へ旅に出る。
懐かしい景色に胸がいっぱいになった二人は、幸せだったことを確かめ合う。
米沢へ戻った兼続を、景勝は峠の岩場へ連れて行く。
春日山の岩屋に似たここに謙信公をまつるという。二人の胸に、これまでの日々が去来する。
元和5年(1619年)秋、紅葉の木を見ながら、
お船に「紅葉になれたかの・・・」と、兼続は問いかけるのだった・・・。


「わしは・・・もみじになれたかのう・・・」





米沢の人々の暮らしが潤い始め、
若い力が育っていたきらきら

そんな中、景明が倒れ、そのままこの世を去る。

「残念・・・至極にございます」

お船は嘆いて、嘆いて、嘆いて・・・泣き笑い



翌年、駿府城では、家康は兼続を呼び寄せる。
政宗から家康の容態を聞き・・・対面。

秀忠の指南役を命じられる2人。引き受けることにぐーぐー


家康はひとり兼続を呼び、秀忠に疎まれていると語る。
果たせなかった父の役目を兼続に果たして欲しいと。

家康逝去。



お船は玉丸の世話をしたいと、江戸へ右矢印

指南役になった兼続と政宗。
兼続は若い家臣たちに、今までの話をすることに。

信長・・・
秀吉・・・
三成・・・



2年後・・・
米沢藩初の学問所を創設した兼続。
政から身を引くと泉沢に告げるグッド

初音が今生の別れを言いに。
三成の分まで夢を叶えるために南蛮船へ。



兼続は江戸へ行き、お船を連れ出して越後へウィンクウィンクウィンク

お藤の墓に手を合わせ、山登り雫
見晴らしの良いところで、景明の位牌と取り出した兼続は、
その越後の風景を見せる。


直江の屋敷と領地を返上すると景勝に伝えて・・・
景勝は兼続を洞窟へと案内し、ここに謙信公を祀ろうとしているとオーケー



兼続60歳・・・
色付いたもみじを見ていた葉

もみじになれたか?という問いに、お船はまさしくもみじだった。
葉を取りに。

戻ると、兼続は既に息を引き取っていた。
手に葉を握らせて・・・

涙をこらえ、兼続の傍に身を寄せるのだった。。。


やはり、最終回ということで回想シーンが多かったですねうっしっしうっしっしうっしっし
一応、随所随所に入れてきて、物語を盛り上げた感じもしましたけど・・・。


それにしても、かなり急ぎ足的な最終回だったと思います(汗)
瞬く間に歳を取り、兼続の最期まで描いていました。

感動的なシーンも入れつつ・・・

やはり、ラストのお船の表情が何とも言えません。


全体を通して、ツッコミどころ満載でしたが、
終わってみれば、それなりに良かった大河ドラマだったのかな~と♪

最終回が来ると、もっと見ていたいと思うのは自分だけかしら?



とりあえず、「坂の上の雲」「龍馬伝」に期待!
レビュー予定でいますので、宜しくお願いします。
 

どちらにも香川照之さんが出演されているんですね。
すっかり名バイプレヤーです!
演技に期待。

音楽は久石譲さんと佐藤直紀さんなので、壮大な感じになりそうです♪



NHK大河ドラマ 天地人 オリジナル・サウンドトラック

  

  


妻夫木聡さん主演NHK大河ドラマ天地人でも話題上杉の知将・直江兼続公マスコットキャラ愛と義の...






最終更新日  2009年11月22日 21時45分04秒
コメント(14) | コメントを書く
[大河ドラマ] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「キングコング:髑髏島の巨神」
・「パッセンジャー」
・「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」
・「3月のライオン 前編」
・「モアナと伝説の海」
・「アサシン クリード」
・「クリミナル 2人の記憶を持つ男」
・「素晴らしきかな、人生」
・「トリプルX:再起動」
・「ラ・ラ・ランド」
・「ナイスガイズ!」
・「劇場版ソードアート・オンライン」
・「サバイバルファミリー」
・「相棒 -劇場版IV-」
・「マリアンヌ」
・「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
・「沈黙 -サイレンス-」
・「傷物語 III 冷血篇」
・「この世界の片隅に」
・「君の名は。」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「パッセンジャー」(03/24) >yukarinさん 意外と面白い作品に仕上が…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「パッセンジャー」(03/24) こんにちは! 評判がよろしくないと聞いた…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「パッセンジャー」(03/24) >kisaさん ジムが目覚めたのはたしかに偶…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「キングコング:髑髏島の巨神」(03/25) >kisaさん 冒頭のシーンから掴みはOKで…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「キングコング:髑髏島の巨神」(03/25) 面白かったですね。 とにかく冒頭からキン…

お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

小林さんちのメイド… New! MAGI☆さん

姉妹>『べっぴんさ… New! ひじゅにさん

白い置き物 New! あくびネコさん

べっぴんさん 第1… New! レベル999さん

ACCA13区監察課 … New! らいち♪♪さん

平成29年(2017年) … mkd5569さん

鬼灯の冷徹 遅くな… みやさとver.さん

冬ドラマ視聴率順位… ショコラ425さん

侍が無料で見れるデー YOSHIYU機さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.