8680775 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2010年01月29日
XML
カテゴリ:映画感想

ラブリー・ボーン

「ラブリーボーン」を鑑賞してきましたきらきら

アリス・シーボルドの同名ベストセラーを
ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が
映画化した異色のファンタジー・ドラマ。
わずか14歳で残忍なレイプ殺人犯の犠牲となり天国へと旅立った少女が、
崩壊していく家族に魂を寄り添わせ、
その再生を見守る中で自らも悲劇を乗り越えていく姿を、
優しい眼差しでファンタジックかつサスペンスフルに綴る。
出演は、14歳のヒロインに「つぐない」のシアーシャ・ローナン、
その両親にマーク・ウォールバーグとレイチェル・ワイズ。
また、「ターミナル」「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?」
スタンリー・トゥッチが憎々しい犯人を好演。


ストーリーは・・・

優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた
14歳の少女、スージー・サーモン。
初恋の予感に胸をときめかせていたある冬の日、
彼女は近所の男に無慈悲に殺されてしまう。
最初は自分が死んだことにも気づかなかったスージーだが、
やがて天国の入り口に辿り着く。
そんな中、犯人は警察の捜査を切り抜け、平然と日常生活を送っている。
一方、愛する娘を失った家族は深い悲しみに暮れていた。
やがて、父親は残された家族を顧みず犯人探しに妄執し、
自責の念に苛まれていた母親はそんな夫に耐えられずに、ついに家を出てしまう。
バラバラになっていく家族を、ただ見守ることしかできないスージーだったが・・・。


“前”に、歩き出すということ・・・


まず始めに思ったこと・・・

ピージャク監督が出演していたよね?

写真屋さんのシーンにカメラを持った本人が???
監督の顔を知っている人は気付いたはず♪
思わずニヤリとしてしまいましたウィンク
さらに、「指輪物語」のパネルなんてーのも!!!



作品は全体を通して家族の“再生”ドラマなんだけど、
そこにサスペンスを織り込むことで、緊張感溢れる展開となっているグッド

ファンタジーやホラー要素もあるので、
どのジャンルも当てはまる感じでしょうかうっしっし


とりあえず、あの予告編が秀逸に出来ていて、興味をそそる内容でしたが、
本編もまさにその通り!!!
こういった予告編だったら大歓迎ですね音符



スージーが留まる現世と天国の中間地点の映像は、
マジカルな雰囲気を出していて、さすが監督ならではと言ったところきらきら

ま、このシーンは彼女の過去を反映しているので、結構深くもあり・・・。

そして、スージーを演じるシアーシャ・ローナンが透明感のある存在で・・・
非常にマッチしていましたよ目がハート



犯人を捜すサスペンス部分では、
スージーの妹が犯人の家に忍び込み、殺害の証拠を掴み、
そこから脱出するシーンはハラハラドキドキでした雫
心臓に悪い・・・(苦笑)

そうそう、その前の犯人の風呂のシーンが不気味過ぎて・・・鳥肌ものでした。



結局、犯人の動機は分からず、殺人方法も明かされず・・・
犯人も捕まらないし、スージーの遺体も永遠に見つからない・・・


う~ん・・・せめて遺体だけでも・・・って思ってしまったしょんぼり

犯人は遺体を処分して、逃走。

金庫のシーンは哀し過ぎる~!!!

犯行を重ねようとして・・・下向き矢印下向き矢印下向き矢印
氷柱”はここの伏線???


この辺りは、スージーの“やり残したこと”と関係してくるのだが、
自分の遺体の発見よりも、初恋の人とのキスシーンを選んだのは、
再生”ならでは?わからん
賛否両論ありそうだけど・・・(汗)


「私がいなくなって、美しい骨が育った・・・」

と言われても、娘の死を確認しないまま、
家族は“再生”の道へ・・・

無理やり結末を持ってきたような右矢印



ともあれ、サスペンスとしても見応えがあり、
家族愛を見る作品としても、なかなか良質だと思います。

他にも見所満載なので、結構感動しますよ涙ぽろり

とりあえず、犬はやっぱり“そういった”能力があるんですね。


  

 






最終更新日  2010年01月29日 14時50分02秒
コメント(14) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「心が叫びたがってるんだ。」
・「パワーレンジャー」
・「銀魂」
・「ライフ」
・「ジョン・ウィック:チャプター2」
・「忍びの国」
・「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」
・「ハクソー・リッジ」
・「メアリと魔女の花」
・「キング・アーサー」
・「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」
・「パトリオット・デイ」
・「LOGAN ローガン」
・「無限の住人」
・「美女と野獣」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「パワーレンジャー」(07/15) >yukarinさん 変身に至るまでの過程を丁…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「パワーレンジャー」(07/15) こんにちは。 日本の戦隊ものの雰囲気を残…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ライフ」(07/08) >kossyさん ミランダはデブリと衝突して…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「銀魂」(07/14) >yukarinさん 原作を知っていて、実写化…
 kossy@ Re:劇場鑑賞「ライフ」(07/08) いつもBSのコズミックフロント見てます! …

お気に入りブログ

おんな城主直虎 第2… New! みやさとver.さん

夜の気まぐれショー… New! ひじゅにさん

今日は木曜日なのに… New! あくびネコさん

ピコ太郎に仕事を奪… New! YOSHIYU機さん

ひよっこ 第100回 New! レベル999さん

2017年 7月アクセス… New! mkd5569さん

「高台家の人々」6… New! らいち♪♪さん

アホガール 4ふさ目… New! MAGI☆さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

【ひよっこ】第97回(… ショコラ425さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.