10168483 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2010年12月18日
XML
カテゴリ:映画感想


「最後の忠臣蔵」を鑑賞してきましたきらきら

『四十七人の刺客』の池宮彰一郎が忠臣蔵の後日譚を描いた同名時代小説を
役所広司と佐藤浩市の主演で映画化。
赤穂浪士の中にあって名誉の死を果たせなかった2人の男を主人公に、
忠義を貫き私心を捨てて自らに課された使命を全うするべく生き抜いた
その後の過酷な人生を明らかにしていく。
共演は桜庭ななみ、安田成美、片岡仁左衛門。
監督はTV「北の国から 」シリーズの杉田成道。


ストーリーは・・・

赤穂浪士の討ち入りから16年。
すでに、とうに終わった事件と思われていたが、四十七士の中にあってただ一人、
切腹することなく生き延びた男がいた。
その男、寺坂吉右衛門は、大石内蔵助より生き証人として討ち入りの真実を後世に伝え、
浪士の遺族を援助せよとの使命を受けていたのだ。
遺族を捜して全国を渡り歩き、ついにその旅も終わりを迎えようとしていた。
そんな時、彼は討ち入りの前夜に突如逃亡したかつての友、瀬尾孫左衛門と出会う。
固い絆で結ばれていた2人は、主君内蔵助のために命を捧げようと誓い合ったはずだった。
そんな吉右衛門の非難にも決して真相を語ろうとしない孫左衛門。
しかし彼にもまた、裏切り者の汚名に耐えてでも
生き延びなければならないある使命があった。
それは、内蔵助の隠し子、可音を密かに育て上げるというものだった。
その可音にも晴れて縁談話が持ち上がり、
孫左衛門の使命もいよいよ終わりを迎えようとしていたが・・・。


「幸せに、おなりください・・・」


いやぁ・・・もう、何と言っていいのか・・・

今思い出しても、胸に込み上げてくるものがある・・・

そんな作品でした号泣号泣号泣



この作品は役所広司ありきとなっていて、
彼のための映画といっても過言ではないほど、輝きを放っていました目がハート
とにかく謙虚なキャラを演じ・・・。

冒頭こそ佐藤浩一さん演じる寺坂のシーンから始まるのですが、
その後は役所さん演じる瀬尾と桜庭ななみさん演じる可音の、
絶妙な心理描写を巧みに描いていたと思う。



序盤は“気持ちが届かない”、“気持ちを抑えている”恋物語・・・

中盤から一気に“忠臣蔵のその後”という感じになり・・・
派手な立ち回りはなく、陰謀もありませんが、
それでも、惹き付けられるぐー
とにかく心動かされる・・・最後まで目が離せません。



演出が少し変わっていて、
人形浄瑠璃の「曾根崎心中」が交錯しながら、物語は進行右矢印
この辺りは北野武監督の「Dolls」を思い出してしまった。


そして、日本の四季折々の風景が物語を彩り・・・ホント素敵ですグッド
色使いも綺麗・・・緑の竹林、紅葉の山林、一面黄色のススキ野原などなど。



役所さん、佐藤さんを始め、脇を固める俳優さんあっちの演技も素晴らしく・・・オーケー
表情が凄いイイ!んですよね。

個人的には、涙を堪える佐藤さんの演技がツボでした。
自分も一気に涙目に。


さらに桜庭さんの演技は感嘆!
前半の“少女”から、自分の運命を受け入れ“”になっていく、
表情や仕草が絶妙!!!



物語が進み、
無事に可音を嫁入りさせ、主君への忠義を貫いた瀬尾が取った最後の行動・・・
彼は“真の武士”になったんですね。
それは、彼が望んだことでもあり。


その前の瀬尾が可音に言う口パク台詞にも涙涙、涙。



死ぬことが忠義なのか、
生きることが裏切りなのか。


とにかく切な過ぎ・・・
男の生き様を見せてもらいましたよ。

まさに“生き尽くした”ような・・・
武士魂にやられた!

忠義とは、これほどにも重いものなのか・・・?



武士の信念、男の友情、仲間や女性たちの想い・・・
いろいろな感情を詰め込んで、物語は終結を迎える。


元赤穂浪士たちが集まってくるところは、本当に感動します!!
観ていて良かった!と思えるはず。



2時間13分の上映時間があっという間で、
重厚で、深く、心に熱く、静かに響いてくる作品。
瀬尾の武士の一分を見事に描いていて、胸に沁みる・・・。


エンドロールは加古隆氏の旋律に乗せて・・・
誰もいなくなった庵の映像が~(涙)
上手過ぎる!!!
思い出しただけでも泣けるよ。



そうそう、映画のラストでタイトルの意味が分かる。
納得したと同時に、一途な強い精神力が心に突き刺さってきて、
知らないうちに涙がこぼれてしまうかも・・・下向き矢印


ただ、唯一いらないと思ったのは、
可音を嫁がせた後の、ゆうの“あの”シーン・・・
ちょっと興醒めでした(汗)




ともあれ、人の心の美しさ、
日本の美しい自然を堪能しに行かれることをオススメする。
いろいろな方に観てもらいたい。

日米同時公開だったらしいが、どうやら米公開は早くて来年1月になる模様。
果たして、アメリカ人に理解出来るかなぁ・・・。


【送料無料】最後の忠臣蔵

【送料無料】最後の忠臣蔵

価格:620円(税込、送料別)



【25%OFF】[DVD] 最後の忠臣蔵

【25%OFF】[DVD] 最後の忠臣蔵

価格:7,403円(税込、送料別)



【25%OFF】[DVD] 四十七人の刺客

【25%OFF】[DVD] 四十七人の刺客

価格:3,544円(税込、送料別)







最終更新日  2010年12月19日 20時28分02秒
コメント(12) | コメントを書く

サイド自由欄

映画レビュー
・「ザ・ファブル」
・「X-MEN ダーク・フェニックス」
・「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」
・「メン・イン・ブラック インターナショナル」
・「海獣の子供」
・「アラジン」
・「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
・「貞子」
・「空母いぶき」
・「居眠り磐音」
・「ラ・ヨローナ 泣く女」
・「オーヴァーロード」
・「名探偵ピカチュウ」
・「ザ・フォーリナー 復讐者」
・「バースデー・ワンダーランド」
・「アベンジャーズ エンドゲーム」
・「キングダム」
・「ハロウィン」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ザ・ファブル」(06/22) New! >ふじき78さん あの壁登りはワイヤーで吊…
 ふじき78@ Re:劇場鑑賞「ザ・ファブル」(06/22) New! あの壁登りみたいなのを本人がスッとやれ…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「メン・イン・ブラック インターナショナル」(06/14) >みぃみさん ポーニィは欲しくなりますよ…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ザ・ファブル」(06/22) >みぃみさん 邦画アクションとしては良く…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ザ・ファブル」(06/22) >yukarinさん 原作を少し読んだ程度です…

お気に入りブログ

「神様のバレー」19… New! らいち♪♪さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

春ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

特捜9Season… New! レベル999さん

階段落ち>『なつぞ… New! ひじゅにさん

これはちょっと酷い(… New! あくびネコさん

2019 株主総会 オリ… mkd5569さん

アイドルと温泉、お… YOSHIYU機さん

銀魂 最終訓読みました みやさとver.さん

ラジエーションハウ… MAGI☆さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.