11395557 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2011年02月19日
XML
カテゴリ:映画感想


「ヒア アフター」を鑑賞してきましたきらきら

「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督と
スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマン・ドラマ。
死後の世界をテーマに、それぞれのかたちで死と向き合った三者の人生が
運命にいざなわれるがごとく絡み合っていくさまを感動的に綴る。
主演は「インビクタス/負けざる者たち」に続いて
イーストウッド監督作出演となったマット・デイモン。
共演に「スパニッシュ・アパートメント」のセシル・ドゥ・フランス。


ストーリーは・・・

パリのジャーナリスト、マリーは、恋人と東南アジアでのバカンスを楽しんでいた。
だがそのさなか、津波に襲われ、九死に一生を得る。
それ以来、死の淵を彷徨っていた時に見た不思議なビジョンが忘れられないマリーは、
そのビジョンが何たるかを追究しようと独自に調査を始めるのだった。
サンフランシスコ。かつて霊能者として活躍したジョージ。
今では自らその能力と距離を置き、工場で働いていた。
しかし、好意を寄せていた女性との間に図らずも霊能力が介在してしまい、
2人は離ればなれに。
ロンドンに暮らす双子の少年ジェイソンとマーカス。
ある日、突然の交通事故で兄ジェイソンがこの世を去ってしまう。
もう一度兄と話したいと願うマーカスは霊能者を訪ね歩き、
やがてジョージの古いウェブサイトに行き着く。
そんな中、それぞれの事情でロンドンにやって来るジョージとマリー。
こうして、3人の人生は引き寄せ合うように交錯していくこととなるが・・・。


死後の世界って、本当にあるの?


イーストウッド監督・・・

新境地開拓!

かな・・・ウィンクウィンクウィンク



今回のテーマは、ずばり“”・・・

ま、“死”そのものではなく、その後の“何か”を感じさせる作りになっている。
その“何か”とは、人それぞれ感じ方が違うだろうけどきらきら

伝えたいのは、死とどう向き合うか?
死という悲しみをどう乗り越えるのか?


死がテーマなのに、決して暗くない。


誰も考えたことのある“来世”・・・
イーストウッドなりの表現を見ることが出来ます。



冒頭から津波のシーンをハリウッドばりのVFXで描き、とても迫力があるのですが、
その後は、派手な演出もなく・・・
淡々としたストーリーながらも、なぜか惹き付けられるストーリー展開にグッドグッドグッド

確かな演出の賜物。


物語はオムニバス的に3人の登場キャラが交差するように進められていく。

前半は3人の置かれている状況を描き、
3人がどう絡んでくるのか、全く想像がつきませんでしたが、
後半になってジョージがロンドンを訪ねたことにより一気に進む!!


3人とも“死”に関する不思議な感覚を持っていて、
それらを優しいトーンに包みつつ・・・
まさに癒し効果でもあるかのように・・・観ていて穏やかな気持ちになれます。


マット・デイモン演じるジョージが、
双子の兄・ジェイソンを亡くしたマーカスを霊視するシーンは切なく・・・

あのシーンって、ジョージ自身の“応援メッセージ”も含まれていますよね?
ジェイソンが戻ってきた・・・と言った後の言葉はあきらかにぐー


そして、ジョージ、マリー、マーカスのそれぞれが死に触れたことで、
前向きになっていくのがとても良かったです。



ラスト10分で、この映画が“落とした場所”は、ヨーロッパの大人な恋愛映画のよう・・・

謎で知りたいことが多々残るので、賛否両論あると思う。
観客たちに解釈を任せるのがイースウッド流なのかもオーケー


彼の手法で、死後の世界を自然に見せてしまう・・・
アメリカ人の感性ではイマイチ受け付けなかったようだが、
日本人だったら、好きなんじゃないかなぁ・・・と音符


全体を通して・・・
今を生きる大切さを優しく伝えてくれる作品に仕上がっていました。
与えられた人生を精一杯生きなきゃいけないんですよね!


そうそう、観終わってエンドロールに入り・・・
心地良いイーストウッドサウンドがこれまた良かった目がハート
何とも言えない余韻に包まれるでしょう。




グラン・トリノ 【BLU-RAY DISC】

グラン・トリノ 【BLU-RAY DISC】
価格:1,875円(税込、送料別)









最終更新日  2011年02月19日 13時36分28秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「WAVES/ウェイブス」
・「透明人間」
・「アンチグラビティ」
・「はちどり」
・「悪の偶像」
・「ソニック・ザ・ムービー」
・「ランボー ラスト・ブラッド」
・「デンジャー・クロース 極限着弾」
・「ドクター・ドリトル」
・「ライブリポート」
・「ワールドエンド」
・「花のあとさき ムツばあさんの歩いた道」
・「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」
・「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

別冊少年マガジン「… New! らいち♪♪さん

夢の15話>『エール… New! ひじゅにさん

新刊、通販予約受付… New! あくびネコさん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

「あつまれどうぶつ… New! mkd5569さん

はじめての えっち New! 虎党団塊ジュニアさん

山本さん主演の舞台… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

『2020年 春・夏終… くう☆☆さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.