11269440 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2011年08月12日
XML
カテゴリ:映画感想


「天国の日々」「ニュー・ワールド」の名匠テレンス・マリック監督が、
1950年代のアメリカに暮らすある家族の物語を、
圧倒的なヴィジュアルと共に、壮大かつ根源的な視点から描き出すヒューマン・ドラマ。
主演は「イングロリアス・バスターズ」のブラッド・ピット、
共演に「ミルク」のショーン・ペンと
ハリウッド期待の実力派ジェシカ・チャステイン。
2011年のカンヌ国際映画祭でみごとパルム・ドールに輝いた。


ストーリーは・・・

成功した実業家ジャック・オブライエンは人生の岐路に立ち、
自らの少年時代に思いをはせる。
1950年代半ばのテキサスの小さな町に暮らすオブライエン一家。
厳格な父は、成功のためには力が必要だと、
長男のジャックをはじめ3人の子どもたちに理不尽なまでに厳しい態度で接してしまう。
一方、全てを運命として受け入れる母親は、子どもたちを優しい愛で包み込む。
そんな両親の狭間で葛藤を抱えながらも、
2人の弟との楽しい時を過ごすジャックだったが・・・。


魂の、賛歌。


この作品は、“考える”のではなく・・・
“感じる”んだと思うオーケーオーケーオーケー


高尚で美しい哲学映画かもしれない音符
哲学を学んでいれば、あのシーンはこういう意味があるんだ・・・
みたいなことが分かるのでしょうね、きっと。

哲学に関しては全く無知なので、
あくまで個人的な“解釈”で、観てきましたよグッド


それにしても、日本での配給がディズニーなのがビックリ。
各国違う配給会社らしい。



世俗に生きるか、神の恩寵を受けて生きるかの選択を提示され、物語が始まる下矢印

19歳の次男が死んだとの知らせを受けたオブライエン夫人・・・
電話でそのことを知ったオブライエン・・・

さらに、成長したジャックの心の訴え・・・


冒頭から幻想的な銀河から、火山の噴火、太古の恐竜など、
マリック監督の壮大過ぎるイマジネーションをとことん見せられましたびっくり

まるでディスカバリーチャンネルを見ているかのよう・・・(苦笑)
かなり眠気に襲われるので、睡眠不足の方は注意!!



そんな物語は、ブラッド・ピット演じるオブライエンが登場してきて、
やっと理解出来るストーリーになっていく右矢印

厳しかった父・・・
優しかった母・・・

そんな両親の中で育ったジャックと兄弟たち・・・


日常的風景をここまで美しく幻想的に撮った監督に脱帽うっしっし
ステディカムでの映像で、日常の一瞬一瞬を上手く演出していた。



個人的にはスメタナの「モルダウ」が流れ始める場面から、
眠気が吹き飛びました。
一気に惹き込まれるような・・・下向き矢印


ただ圧倒的に台詞が少ないので、
どういう設定なのかは、映像から判断するしかなく・・・(汗)



メインのストーリーが展開しつつも、
途中途中に大自然の映像がCGをフルに使ったシーンが出てきたりと、
とにかく凄いのひと言スピーカ

それにあわせてクラシック音楽のBGMで盛り上がり、
意味不明でもただ圧倒されるばかり。



とりあえず、父との確執という題材で、ここまで“発展”していくのは驚嘆の域。

テレンス・マリックの独創的な世界を、どう感じ取るかで、
評価は両極端に分かれるでしょう。


“答え”が出る作品ではなく、
観た人によって、感じ方、受け取り方が違ってくると思います。



我が息子たちを、あなたの御許へ・・・

ジャックと、家族との再会・・・
過去を振る返ったことで見えてくるもの・・・

何とも言えない余韻を残すラストきらきら



とにかく深過ぎるので、全てを理解しようとせず、
映像を読み解く楽しさを味わった方が宜しいかと。

エンターテインメント性はゼロに等しい。
さらにブラピが出ているからといってミーハー気分で観に行くと肩透かしをくらいます!


万人受けではないが、観終わった後、心にじんわりと残るものがある。
何も考えずに観れば、何か見えてくるのかも・・・。


噂では、6時間もあるディレクターズカットver.があるとか・・・
それを観て、初めてこの映画の全貌が理解出来るのかもしれませんね。




【送料無料】キネマ旬報 2011年 8/15号 [雑誌]

【送料無料】キネマ旬報 2011年 8/15号 [雑誌]
価格:890円(税込、送料別)



  


TBは下記URLをお使いください。

http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/brook0316/10980768168/27394f7b



ミラーブログ下矢印
http://ameblo.jp/brook0316/entry-10980768168.html






最終更新日  2011年08月12日 15時56分51秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「ブラッドショット」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

今朝の特撮感想 New! あくびネコさん

「あつまれどうぶつ… New! mkd5569さん

リモートドラマ Liv… New! レベル999さん

【エール】第11週(6/… New! ショコラ425さん

一番大事なこと>『… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

「ちはやふる」44… らいち♪♪さん

制作中です シュージローさん

あびたしおん yamagonnさん
無題 やめたい人さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.