9346742 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2011年10月29日
XML
カテゴリ:映画感想


「ミッション:8ミニッツ」を鑑賞してきましたきらきら

デビュー作「月に囚われた男」で注目を集めたダンカン・ジョーンズ監督の
記念すべきハリウッド進出第1作となるサスペンス・アクション。
列車爆破事件の犯人を見つけるべく、特殊な装置で爆発8分前の乗客の意識に入り込み、
事件の真相に迫っていく主人公を待ち受ける衝撃の運命をスリリングに描く。
主演は「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホール、
共演にミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト。


ストーリーは・・・

列車の中で目を覚ましたコルター・スティーヴンスは、
見知らぬ女性から親しげに話しかけられ当惑する。
ほどなく列車内で大爆発が起きる。
再び意識を取り戻すと、そこは軍の研究室の中。
彼が体験したのは乗客全員が死亡したシカゴ郊外での列車爆破事件直前8分間の
犠牲者の意識の世界だった。
それは、次なる犯行予告の時間が迫る中、
軍の特殊プログラムによって死亡した乗客の意識に入り込み、
列車内を捜索して犯人を特定しようとする極秘ミッションだった。
大役を任されたコルターだったが、列車内にとどまれるのはわずか8分。
そのため何度も意識を8分前に戻しては爆破の恐怖に耐えながら、
徐々に犯人へと迫っていく。
しかし同じ8分間を繰り返すうち、
そこで出会った女性クリスティーナに特別な感情が芽生えてしまうコルターだったが・・・。


“8分間”の行き着く先は・・・?


この作品は・・・
深く考えてはダメなような気がするうっしっしうっしっしうっしっし
だって、深く考えれば考えるほど、頭がモヤッと(苦笑)



目覚めると、自分はシカゴ市内に向かう電車の中・・・
目の前には見知らぬ女性。
通りかかった乗客のコーヒーが靴にこぼれ・・・車掌が検札にやって来る。
自分はなぜここにいるのか?

映画の冒頭から、いきなり疑問を突きつけられるような感じで、
かなりモヤモヤしたまま物語は展開していく右矢印



最初は、ワケも分からずに、電車が爆破炎
スティーヴンスがカプセルに戻ったところで、
ようやくこの“ミッション”の意図が判明する辺りが、
なかなか面白いと思いました。

その先は、観客も一緒に考えていくような感覚に・・・。



ドラマのポイントは8分間という時間の壁ということが判り、
秒刻みのミッションが緊張感をかきたてるオーケー

爆破時間になると、現実世界に引き戻されるスティーヴンス。
8分間の捜索を繰り返しながら、少しずつ犯人に近付いていくわけで・・・
何度も描かれる爆破8分前の列車内でのスティーヴンスの“任務”にハラハラドキドキ。


乗客から借りた携帯電話で、
スティーヴンスの置かれた状況も判明し、物語はさらに加速マラソン



スティーヴンスを演じるジェイク・ギレンホールの表情の演技が良かったグッド
最初は戸惑いつつも、8分間を繰り返すことによって、
次第に“自信”に目覚めていくような・・・。

クリスティーナを演じたミシェル・モナハンは8分後とに異なる表情を見せていて、
とても魅力的でした。




爆破テロの首謀者は誰か?
その人物を捜し出さないと、さらなる爆破テロが起こることに(汗)


爆弾についていた携帯電話から、犯人が判明し、
ついには犯人逮捕で、スティーヴンスの任務は終了になるはずだったが・・・



ここからが、想像を超えた感動へと雪崩れ込む!!

この任務は“ソース・コード”というプログラム内で
スティーヴンスの意識だけを飛ばし、行われていたことで、
過去にタイプスリップしていたわけではないため、
乗客が全員死んでしまうという現実は変わらず。

しかし、プログラム内(並行世界内?)の乗客は救うことが出来ると考えたスティーヴンスは、
電車の爆破を防いだ後(8分後)に、生命維持装置を切って欲しいとグッドウィンに頼む。

さらにスティーヴンスは父に電話をかけ、グッドウィンに“あるメール”を送っていた。


ここの父親との電話シーンは泣けた・・・涙ぽろり


そして、電車は爆破せずに、シカゴへ電車


と、ここのスティーヴンスとクリスティーナのキスシーンで
終わらせても良かったと思うのですが・・・しょんぼり


物語はさらに続くうっしっし

スティーヴンスとクリスティーナが一緒に歩いていると、
転送したり戻されたりした時に見たオブジェがあった。

こうなることをプログラムが予測していた?



グッドウィンにある日、スティーヴンスからメールが届く。
爆破テロが阻止出来たと・・・

実際に確認すると、本当に阻止出来ていて・・・

メールにはスティーヴンスの力になって欲しいと。
記憶を取り戻させる“方法”も書かれていた
えんぴつ


で、このエピローグ的な部分がかなり混乱。

なぜグッドウィンにメールが届いたのでしょう?
あの世界は、また“違う”並行世界ということ?
テロは防げていたし・・・でも、スティーヴンスの状態は変わらず。

記憶を戻す方法がメールで送られてきたということで・・・
その方法が、最初にカプセルに戻ってきたスティーヴンスの記憶を甦らせる方法なので、
ループオチ?とも思えるのですが、既にテロが防げていたので、違うと・・・。


巡り巡って、ああいう展開になったんだど、
強引に納得するしかない気がしますね(苦笑)




とりあえず、幾重にも仕掛けが張り巡らされたパズルのような構成。

練りに練られた脚本は素晴らしく・・・
93分という上映時間に纏められているものの、非常に満足出来ました!

飽きないのひと言に尽きます。




【30%OFF】[Blu-ray] 月に囚われた男

【30%OFF】[Blu-ray] 月に囚われた男
価格:1,750円(税込、送料別)




TBは下記URLをお使いください。

http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/brook0316/11058876449/1ef53f5b



ミラーブログ下矢印
http://ameblo.jp/brook0316/entry-11058876449.html






最終更新日  2011年10月29日 14時19分21秒
コメント(14) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

映画レビュー
・「BLEACH」
・「未来のミライ」
・「インサイド」
・「ジュラシック・ワールド 炎の王国」
・「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」
・「アメリカン・アサシン」
・「パンク侍、斬られて候」
・「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」
・「オンリー・ザ・ブレイブ」
・「空飛ぶタイヤ」
・「ワンダー 君は太陽」
・「メイズ・ランナー 最期の迷宮」
・「羊と鋼の森」
・「万引き家族」
・「OVER DRIVE」
・「デッドプール2」
・「友罪」
・「コードギアス 反逆のルルーシュ III 皇道」
・「GODZILLA 決戦機動増殖都市」
・「孤狼の血」
・「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
・「ラプラスの魔女」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「未来のミライ」(07/20) New! >りあん高知ファイティングドッグスさん …
 りあん高知ファイティングドッグス@ Re:劇場鑑賞「未来のミライ」(07/20) New! くんちゃん、妹のミライにいたずらしすぎ…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「未来のミライ」(07/20) >にゃむばななさん 随所になぜ?というよ…
 にゃむばなな@ Re:劇場鑑賞「未来のミライ」(07/20) そうそう、設定の説明不足がこの作品には…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(07/13) >kisaさん 恐竜の恐怖をこれでもか!とい…

お気に入りブログ

ネタバレ【半分、青… New! ショコラ425さん

オトナの土ドラ『限… New! レベル999さん

末っ子の訴え New! あくびネコさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

潮時>『半分、青い… New! ひじゅにさん

今週読んだコミック… らいち♪♪さん

2018年7月アクセス数… mkd5569さん

高嶺の花 第2話 MAGI☆さん

9番目のムサシ。最新… あーさん9さん

WJ2018年33号 銀魂… みやさとver.さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.