8512807 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2012年09月07日
XML
カテゴリ:映画感想


「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」を鑑賞してきましたきらきら

織田裕二主演の人気TVドラマ「踊る大捜査線」の劇場版第4弾。
青島刑事が挑む最後の難事件をスリリングに描く。
キャストには、これまでのシリーズに登場したキャラクターが再集結し、
さらにSMAPの香取慎吾が新たに参加。
監督は前3作に引き続き本広克行。


ストーリーは…

湾岸署管内で国際環境エネルギーサミットが開催され、
湾岸署署員たちが警備に駆り出されている中、誘拐事件が発生。
その数時間後には被害者が射殺体で発見される。
しかも犯行に使われた拳銃は、警察が押収したものだった。
警察の関与が疑われる事態に、すべての捜査情報は鳥飼管理官のもとに集められ、
所轄捜査員には一切開示されないという異例の捜査体制が採られることに。
そんな中で発生した第2の殺人事件が、青島をさらに窮地に追い込む。
それでも懸命に捜査を続けた青島に、
“真下の息子が誘拐された”という最悪の知らせがもたらされる…。


必要なのは、信念…なんてな。


前作はイマイチでしたが…
今作は往年のファンには大満足だったと思いますグッドグッドグッド
展開がドラマ版や映画第1弾&2弾に通じるものがあるような…♪


一応今作だけでも意味が分かるようには作ってありますが、
やっぱり“全て”を観てからでないとね!



映画は、とある商店街で青島とすみれがからあげ店をやっているシーンから始まり…上矢印

これは、暴行犯を逮捕するための張り込みで、
やってきた暴行犯の男を確保。

すぐさま撤収~オーケー
店は閉店セールを。


ここで、あのテーマ曲が流れるオープニングに入ります音符
過去の映像を交えて、スタイリッシュに見せるのなんのって…
もう素晴らし過ぎ!!!

ファイナルなんだなぁ…と改めて納得。



とりあえず、最終作ということで、今までのキャストが総出演!
あんなところにこのキャラが…的な場面が結構ありあっかんべー
全て発見出来たら凄いかも。



下矢印ここからはネタバレ全開下矢印



鳥飼が長官に無罪判決を受けた案件の報告を。
長官は使用された拳銃を保管庫に入れておくように指示。

この拳銃が事件のキーアイテムぐー


強行犯係はいろいろな課に手伝いに行くことに。
そんな中、エネルギーサミットで拉致事件が発生!

聞き込みを開始するものの、拉致された男性の射殺死体が発見される。


使われた拳銃は保管庫から盗まれたもので、
上層部は警察内部に犯人がいるのを揉み消そうと、身代わりの犯人をでっち上げるショック

身柄を確保した青島たち。
取り調べはしていなかったが…バツ


そのまま事件の幕を引こうとするが、第2の殺人事件が発生!
6年前の少女誘拐殺人事件の犯人だと思われたが無罪判決を受けていた男だった。



交渉班の小池が残っているのを怪しいを思った青島は話を聞こうとする。

小池が誘拐事件の犯人2人を殺害したことを自供。

まさか、小池が~びっくり
この展開には驚きました。
あの不敵な笑いはそういうことだったのね。

誘拐事件の捜査に不服があった模様。



青島が事件に迫っていること知った上層部は、
誤認逮捕の責任を青島に押し付け、
さらには引責辞任という形で室井を辞めさせようとするわからん

相変わらず上層部は腐ってますなぁ…ぷー


警察手帳を取り上げられる青島。
そんな中、当時、誘拐事件を捜査していた久瀬に真下の息子が誘拐されてしまうしょんぼり

ここで、雪乃さん登場音符音符音符
いろいろとゴタゴタしていたようですが、
少しながらも出演していてホント嬉しい限り!



「これは、俺たちの事件だ!」
「俺はあんたを信じる…あんたも俺を信じてくれ!」



青島が久瀬を追跡右矢印
和久さんの言葉を思い出し、犯人に成り切ってみることに。


室井は犯人が6年前の誘拐事件を再現していることに気付き…ひらめき


久瀬は倉庫にいた。
駆けつけた青島が真下の息子を見つけるも、久瀬に拳銃を向けられピンチ!

銃の音に体がビクッと(笑)


そこにすみれの運転するバスが突っ込んでくるバス

って、明らかにこのシーンはちょっと行き過ぎです(汗)
シラケてしまった。
下手すれば青島や子供までも巻き添えになっていたよね。
普通にバスを運転し倉庫の近くまで来て、
倉庫の中に入って、青島を助けるという展開でも良かったのでは?




久瀬を確保。

そして、さらなる共犯者の存在が明らかにショック
その人物は鳥飼。
誘拐事件の被害者の母親が姉でした。

いやはや、これにも驚きましたよ。
ただ、携帯電話を2つを持っていたので、もしかしたら…と考えてはいたけど。
前作はファイナルへの繋ぎ的な作品だったのか~!
前作を活かしての最終作だったワケで♪



鳥飼はマスコミに告発文を送信eメール
長官と次長は隠蔽のプロである横山により引責辞任を迫られ…


警察の抜本的な改革のための委員会が設置され、委員長には室井が。

意見を訊かれた青島は…

「お任せします。」

現場へと向かい、終了。。



全体を通して、シリアスとコメディの境が“絶妙”。
自然に2つを行ったり来たりとウィンク


ちょいちょいツッコミどころがあったのも事実。
ま、それを忘れさせてくれるようなストーリーだったと思う♪


前作で絡みの少なかった青島と室井は、今回はガッチリと。
室井の指示に痺れたという青島が印象的グッド

ドラマシリーズからの2人の“約束”はようやく一歩を踏み出せた感じ。

室井の言っていた東北弁が気になる~!



臨場感ある音楽も良かった!!!



そうそう、エンドロールの写真にちょっとしたエピソードあり。
ビールのお金は青島が払う?
すみれの運転するバス…乗客3人降ろしたようで…(苦笑)

ラストの写真はからあげ店の前で青島とすみれのツーショット。
本編ではつかず離れずは相変わらずでした。



“小林すすむさんの思い出とともに”という表示には感動した。


すみれは結局警察に戻ったの?
うやむやになっちゃってました。



これで本当に終わりなのかなぁ…。
ちょっと寂しい。




  


TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/2278-2b7838c0



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-2278.html






最終更新日  2012年10月07日 05時45分36秒
コメント(24) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」
・「3月のライオン 前編」
・「モアナと伝説の海」
・「アサシン クリード」
・「クリミナル 2人の記憶を持つ男」
・「素晴らしきかな、人生」
・「トリプルX:再起動」
・「ラ・ラ・ランド」
・「ナイスガイズ!」
・「劇場版ソードアート・オンライン」
・「サバイバルファミリー」
・「相棒 -劇場版IV-」
・「マリアンヌ」
・「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
・「マグニフィセント・セブン」
・「ドクター・ストレンジ」
・「沈黙 -サイレンス-」
・「本能寺ホテル」
・「傷物語 III 冷血篇」
・「海賊とよばれた男」
・「この世界の片隅に」
・「君の名は。」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「3月のライオン 前編」(03/18) >kisaさん 大友監督は手堅く面白い作品を…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「3月のライオン 前編」(03/18) 大友監督の演出も快調で神木隆之介始め俳…
 BROOK@ Re[1]:「別冊少年マガジン」2017年4月号(03/09) >みやさとver.さん ギーヴがわざと木の根…
 みやさとver.@ Re:「別冊少年マガジン」2017年4月号(03/09) あ〜〜!! その強いギーヴが見たい〜〜…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「アサシン クリード」(03/03) >kisaさん ゲームの映画化ということで、…

お気に入りブログ

「ちはやふる」34… New! らいち♪♪さん

冬ドラマ視聴率一覧(… New! ショコラ425さん

プラチナイト木曜ド… New! レベル999さん

ばらかもん Act.112… New! みやさとver.さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

バステト神、降臨!! New! あくびネコさん

ほうれん草>『べっ… New! ひじゅにさん

小林さんちのメイド… New! MAGI☆さん

2017年 3月アクセス… mkd5569さん

井の中の河津桜 YOSHIYU機さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.