11222724 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2013年05月03日
XML
カテゴリ:映画感想


「L.A.ギャングストーリー」を鑑賞してきましたきらきら

1940年代後半から50年代にかけて、ロサンゼルスで繰り広げられた衝撃の実話を基に、
警官としての正体を隠し、街を支配する伝説のギャングに戦いを挑んだ男たちの
運命を描くクライム・アクション。
主演はジョシュ・ブローリン、共演にライアン・ゴズリング、ニック・ノルティ、
エマ・ストーン、ショーン・ペン。
監督は「ゾンビランド」のルーベン・フライシャー。


ストーリーは…

1949年、ロサンゼルス。
街は巨大犯罪組織のボス、ミッキー・コーエンに牛耳られ、不正や悪がはびこっていた。
彼の影響力は政治家や警察内部にも深く浸透し、
表立って取り締まることはほとんど不可能だった。
そんな実情を見過ごせずにいたジョン・オマラ巡査部長に、
ある日ついに市警本部長から密命が下る。
それは、少数精鋭の極秘部隊“ギャングスター・スクワッド”を結成し、
ミッキー・コーエンの組織を隠密裏に壊滅せよ、というものだった。
さっそくオマラによってジェリー・ウーターズら署内のはみ出し者ばかり6人が集められた。
そしてすべては街の未来を取り戻すため、彼らは警察バッチを外し、法に縛られることなく
ギャング顔負けの手段でミッキー・コーエンに立ち向かっていくのだった…。


ギャングを、叩き潰せ――!


これは…
痛快作品でした~スマイルスマイルスマイル

ギャングをやっつける話なんだけど、
毒を持って毒を制す”…
警察がギャングのようになって、ギャングを壊滅させていくので、
ホント盛り上がるのなんのって上向き矢印


そうそう、ちょっとグロ描写があるので、
苦手な方は注意。




映画は、シカゴの組織の一員であるルッソを、
LAの組織のボス、ミッキーが殺すシーンから始まり…上矢印

殺すといっても、指示を出し…
ルッソを自動車裂きの刑にショック

上半身と下半身が引きちぎれ…それを食べるコヨーテ。


冒頭からショッキングな映像だったわほえー


オマラが娼館へと連れ込まれた女性を助けに行き…
ギャングを撃退パンチ

捕まえたものの、コーエンの息のかかった者が多く、すぐに釈放。

そのギャングはコーエンの逆鱗に触れ、
娼館ごと焼かれてしまう炎


パーカーはオマラに組織を叩き潰すように密命を。
オマラは仲間を集めることになるのだが…虫眼鏡


ちなみに、今作は事実を元にして作られた作品のようです。
決して表舞台には残らない彼らの命懸けの正義の戦いに胸が熱くなること必至!



仲間を5人集めたオマラはいよいよギャングたちとの抗争へと入って行く右矢印

って、初っ端からミスったのはちょっと笑った。
しかも、オマラとハリスは捕まっちゃうし
しょんぼり



続いての薬物取り引きを潰す場面は大興奮グッド

カーチェイスがあるんだけど、カメラワークが秀逸。
どんな風に空撮したんだろう…というショットあり。


車に乗りながらの銃撃戦や、爆弾の応酬…非常に見応えがあります。



パーカーからの指示で、どんどんギャングの資金源を叩いて行くオマラたち。
一番の大元である電信会社をも潰すことに成功するが…

やはり、そう簡単にコーエンをやっつけるという展開にはならず失敗


盗聴器の存在がバレ…
さらには偽の取り引き情報に躍らされ、ピンチに。

キーラーが~ショックショックショック

オマラの家が襲撃されたりと…
身重の奥さんが逃げた後、風呂場で出産って…
死んでいなくて良かったスマイル


それと、オマラがキーラーの息子を抱き締めるシーンは感動的。



この一件で、オマラは任を解かれることに。

しかし、その前に大仕事を。
判事にコーエンの逮捕状にサインをさせ、
オマラたちはコーエンのいるホテルへ右矢印



ガチガチ硬派のジョシュ・ブローリンが渋くて素敵でした。
あんなに悪人顔なのに、なぜか惹かれた♪

ライアン・ゴズリングやエマ・ストーンも良かったです。
ロバート・パトリックもカッコ良かった。

冷酷非道な大物ギャングになり切ったショーン・ペンの鬼気迫る演技と、
不気味な存在感に圧倒されました!




ホテルでの大銃撃戦!!

ロビーでオマラとコーエンの一騎打ち…
スローモーションの演出に痺れたオーケー



車で逃げるコーエンを追いかけるオマラ。

車を噴水にぶつけ…
出てきたコーエンとのガチバトルパンチ

拳のぶつかる音がリアル。
肉弾戦も半端ない!



元ボクサーのコーエンを倒すオマラ。
そして、コーエンは逮捕連行されていく。

ショーン・ペンのショボくれ顔は必見ですよ。



パーカーの会見…
ジェリーとグレイスのこと…

最後は、ビーチでの警察バッジを捨てたオマラと奥さんと子供の微笑ましいシーンで終了。。



全体を通して、最初から最後まで見応えのある骨太なハードボイルド作品。
ちょいちょい笑えるところもあったりと、飽きさせない。

そういえば、劇場での乱射シーンが、
昨年7月のコロラドの銃乱射事件を思い出させるとかで、丸ごとカットされたらしい。
脚本の一部を書き直して撮り直し。
ちょっとオリジナルも観たかったな。



エンドロールのセンスも素晴らしいので、
すぐに席を立たないように。








TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3198-d55cf3ce



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-3198.html






最終更新日  2013年07月02日 12時30分18秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「スウィング・キッズ」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

緊急事態宣言解除で… New! mkd5569さん

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

ドラマBiz『行列… New! レベル999さん

週刊少年ジャンプ202… New! あくびネコさん

東京恋物語>『エー… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

【エール】第9週(5/2… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

あびたしおん yamagonnさん
無題 やめたい人さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.