11038598 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2013年06月01日
XML
カテゴリ:映画感想


「オブリビオン」を鑑賞してきましたきらきら

トム・クルーズ主演で贈るSFアクション。
「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督が
自身のグラフィック・ノベルを基に映画化。
エイリアンの侵略によって破壊され、全人類が他の惑星へと移住した後の
荒廃した地球を舞台に、監視のために地球に残る主人公を待ち受けるミステリアスな運命を、
スタイリッシュな映像でスリリングに描き出す。共演はのモーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ。


ストーリーは…

2077年、地球はエイリアンの襲撃によって壊滅的な被害を受ける。
やがて生き残った人類は他の惑星へと移住し、人々のいなくなった地球では、
ドローンと呼ばれる無人偵察機による監視が続けられていた。
そんな地球に残り、ドローンのメンテナンスやパトロールなどの任務に当たるジャック。
ある日、未確認の宇宙船の墜落現場へと向かった彼は、
そこでカプセルの中で眠る美女を発見する。
やがて目を覚ました彼女はジュリアと名乗り、
なぜか会ったこともないジャックの名を口にする。
しかし肝心な記憶は曖昧で、彼女自身が何者なのかも分からなかった。
一方ジュリアとの出会いをきっかけに、
自分にも失われた記憶があることに気づくジャックだったが…。


地球最後の男の使命――!


う~ん…
ちょっと“テンポ”が気になった作品失敗失敗失敗
テンポ良く進んだかと思えば、いきなり冗長気味になったりと、
その繰り返しだったような(汗)
作品自体は面白かったんだけどね♪


ま、あまりハードルを上げないでの鑑賞をオススメウィンク
上げ過ぎると、ん?ってなるかもしれない。




映画は、見知らぬ女性の夢を見て目覚めるジャックのシーンから始まり…上矢印
ジャックの記憶の女性…どこか見覚えがある?
彼は記憶を消されているので、記憶の片隅に少し残っている程度。

ジャックの仕事はドローンのメンテと採水プラントの警護。


スカヴによって落されたドローンのメンテをしに行った時、
突然、スカヴの攻撃にさらされ、捕まりそうに。

ドローンが助けにくれて、難を逃れるオーケー

なぜ、殺そうとしたのではなく捕まえようとしたのか?


ある日、採水プラントがスカヴの攻撃を受け、メルトダウン。
燃料電池を1つ盗まれてしまう。

さらには、電波信号が発進され、落ちてくる宇宙船下向き矢印
ヴィクトリアの指示を無視し、現場へと向かうジャックが見たものは、
コールドスリープカプセルに入った人間で、
その中には、夢の中で見た女性・ジュリアもいた。

現れたドローンによって、ジュリア以外が殺されてしまい、
ジャックはジュリアをタワー49へと連れて帰ることに。

目覚めたジュリアはなぜかジャックの名前を呼ぶ…。


とまぁ、序盤からかなり謎を散りばめています。

ジュリアを助けるまでは淡々としていますが、
ここから加速度的に面白くなっていく右矢印
先の予想が全く出来ないストーリー!




無人と化した世界のビジュアル、
対照的に洗練されたデザインの近未来アイテムの数々…
インパクトは大ぐー

ドローンをはじめ、デザインが非常にスタイリッシュなメカの数々。
ギミックにも手が込んであり、見応えあり。



60年前のNASAのミッションで宇宙に行っていたジュリアは
フライトレコーダーの回収に固執し、
ジャックが現場まで連れて行く。

そこで2人はスカヴに拉致されてしまい…
ジャックはスカヴと思われていた人間のレジスタントたちと対面。
リーダー格のビーチから話を聞く耳

かなり衝撃的な展開へと突入下矢印


ビーチは2人を解放し、
バブルシップでタワー49に戻るも、ヴィクトリアがサリーに連絡してしまい…
地下で直していたドローンにより、ヴィクトリアが死亡。

2人はバブルシップで逃げる!!

追跡してくるドローンとのチェイスシーンは迫力満点!
狭い渓谷を縦横無尽に飛び回る!!
今までにないような映像表現で圧巻のひと言!
というか、バブルシップがカッコ良過ぎですね。
コックピットが後ろ向きになったりと。



そのまま汚染地域に墜落してしまい…
そこで見たものは…目

ジャックがジャックを発見!!!
この展開は想像してなかったわ~。
ちなみにこっちのジャックは52号です。

ジャックはクローンでした。
同じようにクローンのヴィクトリアとチームを組み、人間の残党狩りを。

しかも、ジャックはタワー52へ行き、
負傷したヴィクトリアのために救急キットを取りに行ったりと。
そこでヴィクトリアの52号と対面びっくり



ジャックとジュリアはレジスタントのアジトへと戻り、
スカヴの本拠地であるテットを攻撃する手伝いを。

燃料電池と小型原子炉を合わせた爆弾をドローンに積み、破壊しようとするも…
ドローンに見つかり、アジトが壊滅状態炎

ビーチは致命傷を受け、使う予定だったドローンも壊れてしまう。


サリーにはジュリアを連れて行くと連絡していたので、
ジャックは彼女をカプセルで眠らせ、爆弾を積み込み、テットへ上向き矢印

途中、回収したフライトレコーダーを聞いてみる。

NASAのミッションでテットへと調査しに来たジャックたち宇宙飛行士。
ジャックとヴィクトリアが操縦席に座り…テットの宇宙船が吸い込まれそうに。

カプセルの部屋を切り離し、操縦席に乗っていた2人はテットの中に。



テットの中に入ったジャック。
カプセルの中にはビーチが入っていて、一緒に爆弾を爆発させる!!

テットは木端微塵。


目覚めたジュリアがいたのは、ジャックが少しずつ作っていた湖畔の家。


そして、3年後…
ジャックとの間に娘が産まれていたジュリア。

レジスタントの面々もその場所に到着。
中にはジャックのクローンの52号もいて、終了。。


湖畔の家に着くまで3年もかかるのね(苦笑)


えーっ?ジュリアは49号でも52号でも関係無しですか?!
それと、ヴィクトリアの52号はどうなったんだろう???

スカヴの姿も拝みたかったなぁ…。
そうそう、オリジナルジャックとヴィクトリアは何処に?


謎が結構残る。



全体を通して、いろいろな過去のSF作を要素が入っている気がしました。
ツッコミどころ満載ながらも、それらの要素を上手く消化し、綺麗に纏めてあったと思います
オーケー
ご都合主義なのは否めませんけどね(汗)

ストーリーをあらかじめ知ってから鑑賞しない方が楽しめるはず。
頭をフル回転させながら、観る作品。


【送料無料】【輸入盤】Oblivion [ オブリビオン ]

【送料無料】【輸入盤】Oblivion [ オブリビオン ]
価格:2,195円(税込、送料込)




TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3298-d5922d32



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-3298.html






最終更新日  2013年06月29日 19時46分40秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR」
・「一度死んでみた」
・「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」
・「仮面病棟」
・「スケアリーストーリーズ 怖い本」
・「ジョジョ・ラビット」
・「初恋」
・「エスケープ・ルーム」
・「野性の呼び声」
・「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
・「ミッドサマー」
・「チャーリーズ・エンジェル」
・「1917 命をかけた伝令」
・「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」
・「ヲタクに恋は難しい」
・「犬鳴村」
・「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
・「パラサイト 半地下の家族」


●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

「二月の勝者ー絶対… New! らいち♪♪さん

「あつまれどうぶつ… New! mkd5569さん

制作中です New! シュージローさん

【エール】第1週ネタバ… New! ショコラ425さん

づくだれ>『エール… New! ひじゅにさん

週刊少年ジャンプ202… New! あくびネコさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.