10952322 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2013年07月20日
XML
カテゴリ:映画感想


「風立ちぬ」を鑑賞してきましたきらきら

宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、
1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。
美しい飛行機を製作したいという夢を抱く青年が成し遂げたゼロ戦の誕生、
そして青年と少女との出会いと別れをつづる。
主人公の声には「エヴァンゲリオン」シリーズなどの庵野秀明監督を抜擢。
ほかに、瀧本美織や西島秀俊、野村萬斎などが声優として参加する。
希代の飛行機を作った青年の生きざまと共に、
大正から昭和の社会の様子や日本の原風景にも注目。


ストーリーは…

大正から昭和にかけての日本。
戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。
航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、
いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。
関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子とある日再会。
二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう…。


風が紡ぐ絆・・・


結構批判的なレビューが多いようですが…
自分はかなり良かったです音符音符音符

ただ、ジブリ=ファンタジーだと考えている方には鑑賞はオススメしません。
子供向けでないというか、小さいお子さんはきっと理解出来ないです。
ある程度“知識”を持った人でないと楽しめないかな…と。
現に小さいお子さんは飽きているようにみえました(汗)



宮崎作品なのに“の”が入っていないのが気になるなぁ。
もしかしたら、監督からしてみればさほど気にしていないのかもしれません。



それと、青年期の二郎の声を担当している庵野秀明氏…
最初の台詞の時にズッコケたけれど、ストーリーが進むにつれて、
段々と慣れてきましたよ。
ま、たしかに棒ではあるのだが、それが味というか…。


他の声優陣の皆さんはとても素晴らしかったです♪



前置きが長くなりましたが…
軽くストーリーを追いながらレビューをえんぴつ


映画は幼少期の二郎の夢のシーンか始まる上矢印

自宅の屋根にのぼり、飛行機に乗り込み、飛び立つ上向き矢印上向き矢印上向き矢印
だが、巨大な飛行船の小型機が落下してきて、それにぶつかり墜落。

そこで目が覚める目


こういった夢のシーンが随所に織り交ぜられており、
それがファンタジーっぽい感じがしましたスマイル
夢の中に出てくるカプローニが良いガイドになっていると思いますね。




成長した二郎は東京へ電車
向かう途中、電車内で菜穂子との出会い。
さらには関東大震災の発生!!

この震災シーンの描写が圧巻!
地震を擬人化しているというか…

今作の特徴は効果音を極力人の声でしているということ。
飛行機のエンジンなんかも人の声で上手く効果を出しています
オーケー

地震後の避難する人々を丁寧に描いている。
突風が吹き、火災が広がる様子など、きっと緻密な取材を行ったんでしょうな。



次郎は三菱に入社し、戦闘機の設計を。
その後はドイツへと渡り、知識を入れてくるえんぴつノート


帰国後、試作機の墜落…下向き矢印

休暇を兼ねて訪れた軽井沢で菜穂子と再会。
しかし、彼女は結核を患っていたしょんぼり

飛行機の設計がメインの展開だったけれど、
ここから恋愛も入って来ますダブルハート


パラソルの再会や紙飛行機のシーンなど、
風の描き方が絶妙。



付き合うようになったものの、二郎は仕事で忙しく…
そんなある日、菜穂子が喀血。

急いで菜穂子のもとに急ぐ二郎。

電車に乗りながらも設計の仕事をし、
次郎が涙をこぼすシーンは、観ているこっちまでウルウルと~涙ぽろり
印象に残りました。




高原の診療所に入った菜穂子でしたが、二郎に会いに東京へ。
黒川の家で結婚式をピンクハート

この場面、綺麗だったなぁ…。
やっぱり印象に残る。



医者の卵となった加代が告げる菜穂子の病状…
次郎に心配かけないように頬紅や口紅をつけていると号泣



そして、ついに二郎の設計した戦闘機が完成。

テスト飛行の日、菜穂子は二郎の元から去って行く。
美しい“自分”だけを残して…。



戦闘機のテスト飛行は見事に成功。
次郎はふと何かを感じ取るひらめき


最後は二郎の夢のシーンとなり…
カプローニの夢と繋がって…

零戦が翼を連ねて飛行していく。

「一機も戻ってきませんでした…」


カプローニは待っていた人物がいると告げ…
菜穂子がやって来る。

「あなたは生きて…生きて…」

頷く二郎。ありがとう、と。
菜穂子は風のように消え…
カプローニは二郎にワインを飲むように勧め、終了。。



全体を通して、今までの駿テイストとは少し違う…
だが、夢にまっすぐな一人の男の生き様を描いた作品で、
観終わった後に、じわじわやって来る名作の予感。

限りある人生の時間を、力を尽くして生きていって欲しいというメッセージかな?


ジブリ作品にしては、キスシーンがたくさんあったのはビックリ。
かなり珍しいですよね?


やや唐突に終わった感があるが気になるものの、
ホント“美しい”作品だったと思います。


それと、エンディングテーマのユーミンの歌う「ひこうき雲」がこれまたハマっていました!
でも、久石譲氏作曲の壮大なテーマ曲も聞きたかったな。


とりあえず是非とも鑑賞して、“風”を感じていただきたい。









TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3450-d4bc3e01



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-3450.html






最終更新日  2013年08月29日 13時45分17秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「エスケープ・ルーム」
・「野性の呼び声」
・「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
・「ミッドサマー」
・「チャーリーズ・エンジェル」
・「1917 命をかけた伝令」
・「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」
・「ヲタクに恋は難しい」
・「犬鳴村」
・「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
・「バッドボーイズ フォー・ライフ」
・「AI崩壊」
・「パラサイト 半地下の家族」


●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

最近のゲームの話。… New! あくびネコさん

冬ドラマ最終回予定… New! ショコラ425さん

夫婦の会話>『スカ… New! ひじゅにさん

2020 株主総会 キユ… mkd5569さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

「ボールルームへよ… らいち♪♪さん

開幕一軍予想承ります YOSHIYU機さん

自家製マスクとか菌… ろんろん14151さん

制作中です シュージローさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.