11036559 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2013年08月02日
XML
カテゴリ:映画感想


「ローン・レンジャー」を鑑賞してきましたきらきら

日本でも人気を博した往年のTVシリーズを、
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ」のゴア・ヴァービンスキー監督&ジョニー・デップ主演コンビで映画化した西部劇アクション大作。
復讐に燃える悪霊ハンター“トント”と彼によって瀕死の状態から甦った正義のヒーロー“ローン・レンジャー”の凸凹コンビが、
巨悪への鉄槌を下すべく珍道中を繰り広げるさまを
ユーモアと迫力のアクションを織り交ぜ描き出す。
共演はアーミー・ハマーとヘレナ・ボナム=カーター。


ストーリーは…

西部開拓時代のアメリカ。
正義感あふれる郡検事のジョン・リードは、
勇敢なテキサス・レンジャーの兄ダンを無法者一味に殺され、
自らも凶弾に倒れて生死をさまよう。
そんな彼の前に現われたのは、ネイテブ・アメリカンの男、トント。
少年時代の忌まわしい事件のために復讐に燃える悪霊ハンターだった。
トントは、その聖なる力でジョンを甦らせると、
それぞれが求める復讐と正義のために手を組むことに。
そしてジョンは敵を欺くべく兄の形見をマスクにして、
素顔を隠したヒーロー“ローン・レンジャー”となる。
こうして共通の敵=極悪非道な無法者ブッチ・キャヴェンディッシュを追って旅に出た2人だったが…。


キモサベよ、立ち上がれ――!


アメリカでコケてしまいましたが…
エンタメ作品としては充分な仕上がりになっていたと思いますオーケーオーケーオーケー
ただね…無駄なシーンが結構あったように感じられたので、
削って2時間(上映時間は2時間30分)くらいに収めた方がテンポ良かったのでは?
序盤の掴みからやや失敗気味?
さらに中盤は若干ダラダラする場面がありました(汗)


そうそう、完全に西部劇版「パイレーツ・オブ・カリビアン」ですスマイル
その辺り、好き嫌いが分かれるところ。
ジョニデ演じるトントの動きがジャック・スパロウですからね♪




映画は、1933年のサンフランシスコの見せ物小屋から始まる…上矢印
少年が見せ物小屋の中に入り、見学をしていると…
突然老インディアンが話しかけてくる。

少年の好奇心を煽るように、老インディアンが語り始め…スピーカ

ローン・レンジャーとトントが銀行強盗をするエピソードを披露。

ま、これは追々明らかにされますようっしっし


信じない少年にさらに話を続け…。



列車に乗るジョン・リード。
中には捕まったキャヴェンディッシュとトントが護送されていた。

キャヴェンディッシュの仲間の襲撃に遭い、キャヴェンディッシュに逃げられてしまう。

ジョンは兄でレンジャーのダンとともに追跡を開始するのだが、
敵の罠に嵌まり、全員死亡。
しかし、ジョンだけはトントにより蘇ることに上向き矢印


冒頭の列車アクションから見応え充分ちょき
思わず手に汗握る展開なので、掴みはOK。
もちろんトントとジョンの掛け合いも面白く…♪


ここからジョンがローン・レンジャーになるまで、かなり時間を割いている。
それに、中盤にも大きなアクションシーンが欲しかったなぁ…しょんぼり
ちょいちょい見せ場はあるんだけど、物足りない。


個人的に面白かったのは、白馬のシルバーかな。
ここぞというところでやって来てくれて、
またそれが笑わせてくれる馬
いきなり屋根の上にいたりと、ホント空が飛べるの?ってな具合に(笑)
それに、馬ってサソリが食べられるのかぁ。




レンジャーの中にいた裏切者のコリンズ捜索のため、
歓楽街を訪れるジョンとトント。

歓楽街を牛耳るレッド・ハリントンがカッコイイ~目がハート
あの象牙の義足の仕込み銃…もうロドリゲス映画のキャラみたいだわ。
この仕込み銃をぶっ放してくれる場面は痛快のひと言!




ダンの妻・レベッカと息子がキャヴェンディッシュ一味に連れ去られたり…
さらには、騎兵隊とインディアンの戦いの裏に陰謀があったりと、
お話的には飽きさせない。

途中で明らかになるトントの過去…
助けた白人に銀の在処を喋ってしまい、一族皆殺しに。

そして、その背後にはレイサム・コールが!!!
銀を使って鉄道会社を買収しようと画策。



最後は再び列車での迫力満点のアクションへ炎
冒頭の銀行強盗のシーンも判明。
金庫から爆薬を盗んだだけ。


2つの列車がチェイスを始め…電車
「ウィリアム・テル序曲」が流れ始め…音符

列車の屋根の上を走り、殴り殴られ、撃ち撃たれ…
連結を外し、飛び越えたり、下に潜ったりと、
とにかく縦横無尽に動き回る。
ここまで目まぐるしいアクションは久々。


ジョンとトントも大活躍!もちろんシルバーも!

敵を倒して、超スッキリ!!



ジョンは法の番人として町に残ってくれるように頼まれるが、
断り、レベッカに別れを告げ、トントに合流。



見せ物小屋に舞台を移し…
話を信じない少年に老インディアンは、自分次第だと諭す。
荷物を纏め…

1羽のカラスが飛び立つと、老インディアンの姿は無く。



「ハイヨー!シルバー!!」

ジョンが掛け声をあげるが、トントは二度としないようにとほえー



エンドロールが流れ始めますが、すぐに席を立たないように下矢印

途中から荒野を歩く老インディアンの後ろ姿をひたすら移しながらのエンドロールとなります。
老人となったトントが向かう場所は一体?



全体を通して、久々の大作アクション西部劇となっていました。
劇場で観ないと損。

アクションもさることながら、随所随所にある“笑い”も楽しめますよ。





 




TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3486-cf7acad9



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-3486.html






最終更新日  2013年08月28日 19時54分08秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR」
・「一度死んでみた」
・「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」
・「仮面病棟」
・「スケアリーストーリーズ 怖い本」
・「ジョジョ・ラビット」
・「初恋」
・「エスケープ・ルーム」
・「野性の呼び声」
・「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
・「ミッドサマー」
・「チャーリーズ・エンジェル」
・「1917 命をかけた伝令」
・「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」
・「ヲタクに恋は難しい」
・「犬鳴村」
・「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
・「パラサイト 半地下の家族」


●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

「あつまれどうぶつ… New! mkd5569さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

娘と買い物デート♪ジ… New! あくびネコさん

初めてのエール>『… New! ひじゅにさん

志村けんさん死去、… New! ショコラ425さん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.