12019570 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

X

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2013年08月09日
XML
カテゴリ:映画感想


「パシフィック・リム」を鑑賞してきましたきらきら
3D字幕版を。
先着入場者プレゼントのポストカードもゲット。


日本のマンガやアニメ、特撮作品への造詣も深い「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、
巨大怪獣と人型巨大ロボットとの戦いを圧倒的スケールで描き出したSFアクション・エンタテインメント超大作。
出演はチャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン。
また人気子役の芦田愛菜が菊地凛子の少女時代を演じてハリウッド・デビューを飾ったことも話題に。


ストーリーは…

ある日、太平洋の深海から突如巨大な生命体が出現した。
“KAIJU”と名付けられた彼らは、大都市を次々と襲撃して容赦ない破壊を繰り返し、
人類は滅亡の危機を迎える。
そこで人類は世界中の英知を結集し、人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。
その操縦は2人のパイロットによって行われるが、イェーガーの能力を引き出すためには、
パイロット同士の心を高い次元でシンクロさせる必要があった。
当初は優勢を誇ったイェーガーだったが、
出現するたびにパワーを増していくKAIJUたちの前に次第に苦戦を強いられていく。
そんな中、かつてKAIJUとのバトルで兄を失い、
失意のうちに戦線を離脱した名パイロット、ローリーが復帰を決意する。
彼が乗る旧式イェーガー“ジプシー・デンジャー”の修復に当たるのは
日本人研究者の森マコ。
幼い頃にKAIJUに家族を殺された悲しい記憶に苦しめられていた。
やがて彼女はローリーとの相性を買われ、
ジプシー・デンジャーのパイロットに大抜擢されるのだったが…。


決戦!巨大ロボ vs KAIJU――!!!


これはもう…
圧巻のひと言だわ~スマイルスマイルスマイル
全編に渡って、凄いとしか言いようがなく…
ここまで“凄い”作品は久しぶり。
とにかく大興奮しっぱなしの130分でしたよ。


ギレルモ監督、ファン心を良く分かってらっしゃる!
こんなにも燃える作品を作ってくれて感謝!
邦画では絶対に出来ないと思う…(汗)




映画は、アックスヘッドが金門橋を破壊するシーンから始まり…上矢印

このファーストシーンからスクリーンの虜になること必至。
怪獣の重量感が半端ねー!!



海底プレートの裂け目から出現した怪獣たちは次々と人類に襲い掛かり…
人類はイェーガーを開発・製造し、反撃に転じる。


怪獣戦争7年目…

ベケット兄弟はジプシー・デンジャーに乗り、
北極海沿岸でナイフヘッドと戦うことに炎

凶暴さや俊敏さ、生命力の強さなど、怪獣の凄まじさを見せつけてくれる。
怪獣の邪悪な形相にも度肝を抜かされること間違い無し!


それと、イェーガーの重厚感が半端ねー!


ナイフヘッドを倒したかに見えたが…
起き上がったナイフヘッドにジプシーの頭部を破壊され、
兄のヤンシーが死亡。

ローリー単独でどうにか倒したものの…下向き矢印


PPDCへの援助が打ち切られ、
イェーガー計画は凍結。


それから5年後…
ローリーは怪獣防護壁の仕事をしていた。
そこにペントコストが現れ、ローリーを再び怪獣たちとの戦いへと連れて行く。

シャッタードームで怪獣たちとの戦いに備えることになるローリー。
パートナーとして選ばれたのは、マコという女性だった…。


この序盤で戦争勃発からイェーガーの開発までを上手く纏めてあるので、
世界観にすんなり入っていける
右矢印


挫折を経験し、一度はパイロットの道を諦めたローリーと、
一度もパイロット経験のないままイェーガーに乗り込むマコ…
2人がともに協力して、戦いを挑む姿にも注目。
彼らの成長ドラマも見どころのひとつ。


それと、怪獣たちはサイズによって分類されており、バラエティ豊か♪



イェーガーとの“ドリフト”試験を試すローリーとマコ。
そこでマコは過去の記憶が甦り、危うく重大な事故を起こすところに。

そうそう、マコの幼少時代は芦田愛菜が演じています。
ま、いつもの泣きの演技でした
うっしっし



中盤は、なぜ怪獣たちが地球にやって来るかの謎が判明。
ニュートが怪獣の脳とドリフトをし…

怪獣は恐竜時代にも地球にやって来ていたが、まだ馴染めず。
オゾン層が破壊され、大気汚染が進み、
ようやく自分たちが住める環境に近付いたため…
そして、人間が“害虫”なので滅ぼそうと。




ハーマンの予測通り、新たな怪獣、レザーバックとオオタチが出現。
チェルノ、タイフーン、ストライカーが向かうことに。

まずは、海上でのバトルなのですが、
動き辛い水の中での戦いは、観ているこっちまで手に汗握る。

タイフーンがあっさりと~ショック
チェルノも…(略)

ストライカーは電磁波攻撃で“沈黙”。

そこにジプシーが駆けつけて、2体と大バトルパンチ
レザーバックとの力比べは血沸き肉躍る名シーン。


香港の市街地でオオタチとの肉弾戦パンチ

オオタチがまさか空を飛べるなんてー上向き矢印
成層圏まで持ち上げられたジプシー渾身のチェーンソードがカッコイイ!!!

成層圏からの落下、着地シーン…スゲー
ちょき


すぐさま裂け目付近に新たに2体が出現。


ニュートはオオタチの脳とドリフトしようと…
って、オオタチがまさか妊娠していたとはほえー
へその緒が巻き付いて死んだと思っていたのに、
ハンニバルが喰われちゃったよ(汗)

ニュートとハーマンは一緒に脳とドリフト。

その頃、怪我をしたハークの代わりに乗ったペントコストはチャックとともにストライカーに乗り込み、ジプシーとともに裂け目を目指す。
裂け目を核爆弾で爆発させ、閉じようとしていた。

ペントコストの演説は「インデペンデンス・デイ」を思い出しちゃった(苦笑)



ドリフトによって、怪獣しか裂け目が通れないと分かったニュートとハーマンはすぐに伝える。

怪獣の死骸を持っていこうとするが…
スカナー、ライジュウ、スラターンが襲い掛かってくる!!!

海上に続き、今度は海中と、ホント手抜きは無しですね♪
チェーンソードで怪獣を一刀両断していくシーンは圧倒。



ストライカーが積んできていた核爆弾を爆発させ、囮に。
そして、スラターンを抱きかかえ、裂け目に落ちるジプシー下向き矢印
怪獣の本拠地へ。

マコを脱出ポッドで射出させ…
残ったローリーは手動でジプシーの原子炉を起動させ、爆発までのカウントダウン時計
自身も脱出ポッドで射出上矢印

原子炉が爆発し、裂け目が閉じる。

マコとローリーも助かって、終了。。


で、エンドロールが流れますが、すぐに席は立たないように。
喰われたハンニバルがナイフで切り裂き、お腹から出てきますあっかんべー
しぶとかったね(笑)




全体を通して、ストーリー云々より、とにかく映像押し。

ところどころに日本のアニメーションや特撮がこれでもかというくらいに散りばめられている。
ドリフトはエヴァっぽい。
ジプシーは鉄人28号のようでしたし。


オタクが作った映画かな…(笑)
でも、インパクト間違いなしの作品なので、
是非とも大きなスクリーンでの鑑賞をオススメ。






TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3511-259e91e4



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-3511.html






最終更新日  2014年08月10日 06時03分48秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「AVA/エヴァ」
・「ザ・バッド・ガイズ」
・「パーム・スプリングス」
・「21ブリッジ」
・「ザ・スイッチ」
・「ノマドランド」
・「騙し絵の牙」
・「モンスターハンター」
・「ガールズ&パンツァー 最終章 第3話」
・「ミナリ」
・「劇場版 奥様は、取り扱い注意」
・「ブレイブ 群青戦記」
・「アウトポスト」
・「シン・エヴァンゲリオン劇場版」

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

設定できました(昨… New! あくびネコさん

中古の怪物 New! 虎党団塊ジュニアさん

連続テレビ小説『お… New! レベル999さん

別冊少年マガジン5月… New! らいち♪♪さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

【おちょやん】第19… ショコラ425さん

ブログ、お休みします ひじゅにさん

制作中です シュージローさん

2021 株主総会 不二… mkd5569さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.