11256507 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2013年09月24日
XML
カテゴリ:映画感想


「そして父になる」の先行上映を鑑賞してきましたきらきら

是枝裕和監督が福山雅治を主演に迎えて贈る感動の家族ドラマ。
ある日突然、6年間育てた息子が病院で取り違えられた他人の子どもだったと知らされた対照的な2組の夫婦が、
過酷な決断を迫られ、それぞれに葛藤を繰り返す中で本当に大切なものを学んでいく姿を丁寧な筆致で描き出す。
共演は尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー。
カンヌ国際映画祭でみごと審査委員賞を受賞、大きな話題となる。


ストーリーは…

これまで順調に勝ち組人生を歩んできた大手建設会社のエリート社員、野々宮良多。
妻みどりと6歳になる息子・慶多との3人で何不自由ない生活を送っていた。
しかしこの頃、慶多の優しい性格に漠然とした違和感を覚え、不満を感じ始める。
そんなある日、病院から連絡があり、
その慶多が赤ん坊の時に取り違えられた他人の子だと告げられる。
相手は群馬で小さな電器店を営む貧乏でさつな夫婦、斎木雄大とゆかりの息子、琉晴。
両夫婦は戸惑いつつも顔を合わせ、今後について話し合うことに。
病院側の説明では、過去の取り違え事件では必ず血のつながりを優先していたという。
みどりや斎木夫婦はためらいを見せるも、
早ければ早いほうがいいという良多の意見により、
両家族はお互いの息子を交換する方向で動き出すのだが…。


そして、家族になる・・・


是枝監督作品を初鑑賞しましたけど…
優しく寄り添うように撮られたカメラワークが素晴らしいですね~オーケーオーケーオーケー
なんか俳優たちの“素”を上手く引き出しているような感じ。
特に子役たちが良かったわ。


福山さんは揺れ動く心情と決断を下すまでの内面の変遷を繊細に演じていました。
他のキャスト陣も良かったです。
ただ、リリーさんの入れ墨はどうにかならなかったのかな?



先行上映ということで、
特別にカンヌ映画祭の映像を冒頭で流してくれました。
これは先行上映のみだけ。



映画は、慶多の私立小学校の面接シーンから始まり…上矢印
塾の先生に言われたからと、嘘のキャンプの話をする慶多。

その後は風船を作ったり…

ここでタイトルえんぴつ


試験が終了。
良多は会社へ。


帰宅すると、妻のみどりは出産時に世話になった病院から電話があったと告げる。

後日、病院に行くと、赤ん坊の取り違えがあったことを教えられ…
さらにはDNA検査で“生物学的親子”ではないと確定。

「やっぱりそういうことか!」


病院関係者や弁護士立ち合いのもと、
相手の両親とその子供にも会う良多たちだったが…。


いやはや、これは本当に最悪な問題ですよね。
いきなり育ててきた子供が自分の子供ではないと知り、
すぐさま交換した方が良いなんて言われても…ほえー

そして、こういったケースの場合はほぼ100%交換していると言われても…。




6年間一緒に過ごしてきた時間が重くのしかかってくる良多とみどり下向き矢印

相手の斎木雄大とゆかりは慰謝料のことばかりで…

この2家族の対比が非常に巧いちょき
片方はエリート家族、もう片方はがさつな家族…。




何回か会ううちに、試しに“交換”してみるのだけれど…
慶多と琉晴の置かれる環境の対比も秀逸に映し出している。

野々宮家には無くて、雄大の家庭にあるものに気付いて行く
ひらめき



良多は上司の上山から言われ、慶多と琉星両方を引き取ろうと考えるように。
お金で全て解決しようと…。
それを切り出したら、雄大に怒られる始末ムカッ


そんな中、裁判が始まり、明らかになる衝撃的な事実ショック
って、“そっち”方面に物語が転ぶのかぁ…と。
てっきり病院側のミスかと思っていたら…(汗)

看護師の宮崎が野々宮家を妬んで犯行を行ったと告白。
今になって証言したのは、自分も再婚し幸せになったので、罪を償いたいと。


しかも、その罪は既に時効で…。
こんな時でも慰謝料の上乗せを気にしている雄大。
ブレませんね(苦笑)



良多は父の良輔に呼ばれ、家を訪ねる。
良輔は大事なのは血の繋がりだと。
だが、再婚相手ののぶ子は時間だと。

これはホント悩む問題失敗
物心つかない状態だったら、血の繋がりかもしれない…
だが、6歳にもなっていると、血の繋がりはちょっと辛い。




交換は早い方が良いと、ついには慶多と琉晴は交換することに。

良多と琉晴はなかなか上手くいかず。
慶多の方は徐々に馴染んでいく。



ある日、琉晴が斎木家に戻ってしまう事件が発生!
今度はゆかりが2人を引き取っても良いと。

皮肉だねぇ…(ボソッ)



琉晴を連れ戻し…
家の中で架空のキャンプをすることに音符

溝が狭まったかにみえたが、
琉晴は雄大やゆかりに会いたいと。


寝静まった後、良多は慶多が撮影した写真を見て涙涙ぽろり

福山さんの涙の流し方がお上手。
こっちまでこみ上げてくるものがありました。




翌朝、斎木家に向かい…

慶多は家を飛び出して行き、良多が追いかける。

「6年間は、パパだったんだよ」
「出来損ないだけど、パパだったんだよ」


慶多を抱き締め、斎木家に戻り、終了。。



ということで、結果は、良多は“時間”を選んだということ。

この結論には賛否両論あるだろうけど、
今後もこの2家族の親交は続いていくわけで、
解る年齢になった時、慶多と琉晴はどうするのか、気になるところ。

このような“試練”を乗り越えてきたのだから、
その時もきっと乗り越えられずはず…
2家族がどのような家族になっていくのか、目に浮かぶよう。




全体を通して、淡々と進む描写ながらも、
一瞬たりとも目が離せない作品。

キャラの心理描写を巧みに演出。
とりあえず、いろいろな方に観てもらいたい。


それと、エンドロールに流れるピアノ曲は静かな余韻に浸るのにピッタリでした♪



そうそう、河原のシーンは埼玉県寄居町で撮影されたので、
今度行ってみようかな♪
福山さんが座った石が観光名所になっていたりして…(笑)





 


TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3639-c5f3e928



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-3639.html






最終更新日  2013年10月14日 12時20分37秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「ブラッドショット」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

「ちはやふる」44… New! らいち♪♪さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

読めないんじゃがの… New! あくびネコさん

TUWARI>『エール』… New! ひじゅにさん

「あつまれどうぶつ… mkd5569さん

東京都「東京アラー… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

あびたしおん yamagonnさん
無題 やめたい人さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.