11394942 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2013年12月06日
XML
カテゴリ:映画感想


「47RONIN」を鑑賞してきましたきらきら
2D吹き替え版を。

ハリウッドが日本の古典復讐譚“忠臣蔵”をモチーフに、
日米の豪華キャストの共演で描く異色の3Dアクション・ファンタジー・エンタテインメント大作。
主演にキアヌ・リーヴス、共演に真田広之、浅野忠信、柴咲コウ、菊池凛子、赤西仁。
監督はCM業界で活躍するハリウッド注目の新鋭で、
本作が記念すべき長編デビューとなるカール・リンシュ。


ストーリーは…

将軍・徳川綱吉が治める鎖国時代の日本。
かつて赤穂藩藩主・浅野内匠頭に命を救われた混血の異人カイ。
浅野の娘ミカと心を通わつつも、浅野への忠義を誓い領地の片隅で一人静かに暮らしていた。
そんな中、赤穂藩の追い落としを目論む隣国の藩主・吉良上野介は、
謎の妖術使いミヅキと共に奸計を巡らせ、
浅野に刃傷沙汰を起こさせてまんまとお家取り潰しに追い込むことに成功する。
浅野の忠臣・大石内蔵助はじめ家臣たちは浪人となり四散してしまう。
一年後、大石は出島でオランダ人の奴隷となっていたカイを助け出すと、
復讐への助太刀を要請する。
こうして大石率いるわずか47人の赤穂浪士は、
ついに吉良への仇討ちへと立ち上がるのだったが…。


忠臣蔵幻想奇譚――!


ま…
これはこれで“あり”なのではないでしょうか~うっしっしうっしっしうっしっし
日本人の知る「忠臣蔵」からかなりかけ離れているようにも感じますが、
ストーリーは概ね合っています。
ただ、ハリウッドらしい脚色が多いですね(苦笑)
武士というものを理解させるには、こうするしかなかったのだと思う。



吹き替え版はそれぞれのキャラをその俳優さんが声を当てています。
慣れるまで少し時間がかかるけど…。
キアヌ担当は森川智之さん。



映画は、日本が鎖国していた時代のあらましを語り…
さらに武士というものを語るナレーションから始まる上矢印


天狗から逃げてきたカイは行き倒れて、大石に殺されそうになるが、
浅野がそれを救う。

赤穂藩内に住むことになったカイは鬼子として忌み嫌われるが、
浅野の姫・ミカと心を通じ合える仲にハート(手書き)


月日が経過し…

浅野の巨大な獣退治に同行するカイ。
獣に襲われそうになっているヤスノを助け、獣を見事に退治。
だが、手柄はヤスノのものに。

この序盤の狩りのシーンはまるでモンハンのようでしたウィンク
みんなで武器を持って、囲んで倒す…みたいな(笑)



獣が暴れる原因を作ったのは吉良に仕える妖術使いのミヅキで…
さらに赤穂藩を陥れる策を立てていた。



赤穂藩に将軍がやって来て、御前試合をすることに。

ミヅキにより、安野が試合に出られなくなり、
仕方なく兜を被ったカイが出場。

吉良の家臣である鎧武者に倒されてしまい…
兜が取れ、鬼子だったことが将軍にバレ、棒叩きの刑に下矢印

折角、カイが大石に忠告したのに…
大石ってまだこの時はカイのことを信用していなかったんですね。




その夜…
ミヅキは蜘蛛を使い、浅野を操り、吉良を斬りつけさせる。

将軍は浅野に切腹を命令スピーカ


浅野は切腹し、赤穂藩は吉良の領地となり、
ミカは浅野の妻になることが決定。

喪に服す1年間の猶予を貰うことに。

吉良は赤穂藩の家臣を処払いし、大石を地下牢に幽閉。


そして、1年後…時計


松の廊下の刃傷事件は描かれず。
あくまでハリウッド流の解釈を加えたようです。
たしかに、浅野が刃傷沙汰を起こすのは海外には理解出来ないのかも…。
畳のことなどの鬱憤の積み重ねも全く描かれていないのでね。




大石は地下牢から出され、いよいよ仇討ちに動くワケだが…
ここから、物語も段々と盛り上がって行きます上向き矢印
展開は日本のRPGのよう♪
ラスボスと戦うために様々な試練を乗り越えていきます。
って、今のファンタジー作品はみんなこんな感じか。




まずは出島に売られたカイの救出へ。
カイが巨大な怪物と戦っていたり、
大石とカイのバトルはなかなか見応えあり
パンチ

その前に出てきた髑髏の入れ墨をした男は意味深な描かれ方をしていたのに、何も無かった(汗)
フィクションにしたんだから、仲間にしても良かったのでは?




次は仲間との合流右矢印
刀の調達のために、カイが以前暮らしたのことのある樹海の天狗のもとへ。

天狗の刀がまるでエクスカリバーのようでしたうっしっし
刀に何か力があるんだろうとの設定を話したものの、
その設定は回収されず。




磯貝が、吉良が墓所に出かけるとの情報を掴んでくるも…
それはミヅキの罠で…びっくり

炎に巻かれながら攻撃を受け、浪士たちに多大が犠牲者が。
だが、間に大石は自分の刀を渡していたので、吉良は大石が死んだと思い込む。



吉良とミカの婚礼の日…
赤穂浪士たちは芸人に扮し、吉良の城へ潜入スニーカー

大石たちは芸人に扮したのに、
他のメンバーは忍者みたいに石垣から潜入って…(苦笑)
でも、次々に吉良の家臣を静かに倒していくシーンは面白かった!




最終バトルに突入!
かなり混戦模様。

一度カイが倒された鎧武者が出てきて、
そのまま肉弾戦になるのかと思っていたら、仕掛けた爆弾で爆死したのは、
ちょっと頂けないなぁ…。
やはりカイのリベンジに期待したかった!




カイとミカはミヅキとの対峙、
大石は吉良との対峙!!


カイは封印していた天狗の秘術を使い、
ドラゴンと化したミヅキに刀を突き刺し、撃退!

最初から秘術を使っていれば…ほえー


大石と吉良の戦いは濃厚な殺陣が見られると期待していたのに、
あれではただの殴り合いです。
真田さんの扱いがもったいない。




吉良の首を討ち取り、戦いは終了。

赤穂藩に帰還し、浅野の墓前に報告。



将軍が赤穂浪士に切腹を申し渡し…

しかし、大石の血を絶やすのは惜しいとのことで、
主税だけは赤穂藩に尽くすようにと。

もうこの展開にはビックリだよ。
史実では切腹なのに…
これもハリウッドだから仕方ないのかなぁ…(汗)



ということで、残りの46人が切腹。


最後はミカがカイ(魁)の辞世の句を見て、終了。。



ラストに赤穂浪士の12月14日の命日のことと、
実際にあった物語を基に新たな解釈を加えて映画化したとテロップが表示される。



全体を通して、一応は「忠臣蔵」をなぞっていて、それらしく作ってはあるので、
最後まで楽しめるはず。
大きなバトルやストーリーも盛り上がる。


ただ、ヒットするかどうかは不明。
むしろ、コケそうなんですけど…。

多大な製作費を回収出来るのか?
世界公開が楽しみ。



【送料無料】 47 Ronin 輸入盤 【CD】

【送料無料】 47 Ronin 輸入盤 【CD】
価格:2,542円(税込、送料込)



 


TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3880-51dec8d7



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html






最終更新日  2014年01月06日 19時30分10秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「WAVES/ウェイブス」
・「透明人間」
・「アンチグラビティ」
・「はちどり」
・「悪の偶像」
・「ソニック・ザ・ムービー」
・「ランボー ラスト・ブラッド」
・「デンジャー・クロース 極限着弾」
・「ドクター・ドリトル」
・「ライブリポート」
・「ワールドエンド」
・「花のあとさき ムツばあさんの歩いた道」
・「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」
・「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

新刊、通販予約受付… New! あくびネコさん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

「あつまれどうぶつ… New! mkd5569さん

はじめての えっち New! 虎党団塊ジュニアさん

14>『エール』(再… ひじゅにさん

山本さん主演の舞台… ショコラ425さん

「七つ屋志のぶの宝… らいち♪♪さん

制作中です シュージローさん

『2020年 春・夏終… くう☆☆さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.