10933534 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2014年02月02日
XML
カテゴリ:映画感想


「ラッシュ/プライドと友情」の先行上映を鑑賞してきましたきらきら
字幕版を。

F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化。
事故で大ケガを負いながらもシーズン中に復帰したラウダと、
性格もドライビングスタイルも正反対なハントの死闘とライバル関係を、臨場感あふれるレースシーンと共に描く。
監督は、ロン・ハワード。
陽気なハントをクリス・ヘムズワース、冷静沈着なラウダをダニエル・ブリュールが演じる。


ストーリーは…

性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが激しい首位争いを繰り広げていた1976年。
ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し、深いケガを負う。
復活は無理だと思われたがわずか6週間でレースに復帰し、
日本の富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨む…。


互いの存在が、さらなる高みへ――!


やっぱり…
男たちの熱いドラマって燃えるね~炎炎炎
最初から最後までかなり見入ってしまった。


ハントとニキの2人の男と、それを取り巻く人たちの人間ドラマ…
こんなにも友情や愛情に胸が熱くなるとは!




映画は、1976年のドイツGPのシーンから始まり…上矢印
そこでニキの語りが入る。
毎年F1に参戦してくる25人のうち2人は命を落とすと。

レースがスタート右矢印



物語は6年前へと遡る時計

まずはハントとニキが頭角を現してくるまでを描き、キャラクターを掘り下げる。


F3でハントとニキの出会い…
どちらもいけすかない野郎だと思いつつ…

ニキがフェラーリと契約し、F1に参戦。
ハントはヘスケス卿の支援を受け、F1へと参戦。


ハントは天才肌のドライバーで、ニキはメカニックに強い天才…
正反対ながらも、お互い似ているような感じ。




最初のシーズンはニキがワールドチャンピオンに。

資金面からヘスケス卿がF1から撤退。
ハントはマクラーレンと契約。


後半は2人の激闘の1年を濃密に描いていますよ。
胸が熱くなるのも、ここから
ぐー

そして、本物のF1マシーンで撮った手に汗にぎるレースシーンがホント素晴らしい!!!
車載カメラに小型カメラ、さらにはローアングルからの視点と多彩なアングルで、
観ているこっちにまでレースのスピードとスリルを伝えてくれる
!!

もちろんマシーンがクラッシュする瞬間も克明に映し出す。
ちょっとグロ描写もあり(汗)

もうアドレナリン全開状態。



ハントとニキの一進一退が続き…
運命のドイツGPへ。

路面の状態でレースの中止を進言するニキだったが、
ハントの言葉でレースの開催が決定。

レース途中でニキがクラッシュ炎
すぐさま病院へと運ばれる。

ニキはこの事故で400度の炎に1分間も焼かれ、肺まで焼けただれた…
病院での治療が非常に生々しい。
特に、口から金属用具を刺し込んで、肺に溜まった膿を吸引するシーンは、
見てられなかったわ。
絶対に肺の火傷だけはしたくないと思った
びっくり

こんな状態になりながらも、42日後にはレースへと復帰。
もちろんその要因はハントの快進撃にあったワケで…

ハントとニキは互いを高め合う最高のパートナーなんですねぇ上向き矢印

記者会見でニキの容姿について質問した記者をハントがフルボッコするシーンは、印象的。



復帰レースでニキが優勝。



ワールドチャンピオンを決める日本GP!!
天気は雨模様。

レースの開催が決定し、スタート車

だが、ニキは妻のマルレーヌの顔が脳裏をよぎり、レースを棄権。

これはこれで、素晴らしい決断だと思う。
やっぱり家族が大事なのも分かる。



結果、ハントが3位となり、ポイントの総合で僅か1ポイント差でワールドチャンピオンにきらきら



その後、ハントは遊びまくりのテレビ出まくりの羽目を外し放題…うっしっし


空港でハントがニキを見つけ、会話をするシーンは名場面です。

『宿敵の存在を呪わず、神の恵みだと思え』

お互いの存在があったからこそ、ここまで来られたんですよね泣き笑い
心の奥底では深い友情で繋がっていたのだと…。
ライバル関係から、真の友情へと昇華する。




最後はニキの語りとなり…

2年後にハントは引退し、キャスターへ転身。
45歳で心筋梗塞で亡くなる。


ニキはハントのことを嫉妬した男だが、唯一の友人だと語り、終了。。


そうそう、最後にハントとニキの現役時代の映像がチラッと映し出されるけど、
思っていた以上に2人とも良く似ていてビックリ。



全体を通して、F1のことを知らなくても、勝利の歓喜を一緒に味わえる作品。
その辺りは巧く出来ています。


サントラを担当したハンス・ジマーの音楽も感動の盛り上がりに一役買ってくれている♪


人間ドラマとしても、カーアクション映画としても、非常に完成度が高いので、
是非たくさんの方に大きなスクリーンで観てもらいたい。










TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4023-8ca7cad6



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-4023.html






最終更新日  2014年02月13日 06時47分13秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「ミッドサマー」
・「チャーリーズ・エンジェル」
・「1917 命をかけた伝令」
・「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」
・「ヲタクに恋は難しい」
・「犬鳴村」
・「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
・「バッドボーイズ フォー・ライフ」
・「AI崩壊」
・「キャッツ」
・「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」
・「記憶屋 あなたを忘れない」
・「リチャード・ジュエル」
・「カイジ ファイナルゲーム」
・「パラサイト 半地下の家族」
・「フォードvsフェラーリ」
・「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」
・「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」


●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

亜鉛結晶釉>『スカ… New! ひじゅにさん

猫の日ですよん、ニ… New! あくびネコさん

【スカーレット】第21週ネタハ… New! ショコラ425さん

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

2020 株主総会 キユ… New! mkd5569さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

「花宵道中」1~6… らいち♪♪さん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

自家製マスクとか菌… ろんろん14151さん

制作中です シュージローさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.