10381994 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2014年03月23日
XML
カテゴリ:映画感想


「LEGO(R) ムービー」を鑑賞してきましたきらきら
3D吹き替え版を。

「くもりときどきミートボール」のフィル・ロード&クリストファー・ミラー監督が、世界的に人気を集める玩具“レゴブロック”を使って描く長編3Dアニメーション。
レゴブロックの世界を舞台に、ひょんなことから突然世界を救う大役を任されてしまった平凡なミニフィギュアの青年エメットが、バットマンらスーパーヒーローの助けを借りながら巨大な悪に立ち向かっていく姿をコミカルに描く。
声の出演はクリス・プラット、ウィル・フェレル、エリザベス・バンクス、ウィル・アーネット、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン。


ストーリーは…

そこはすべてがレゴでできたレゴワールド。
ごく平凡な青年工員エメット。いつもルールをきちんと守り、仕事場でも決められた作業を黙々とこなすだけの平和で退屈な日々を送っていた。
ところがある日、何を間違えたかエメットは伝説のヒーローと勘違いされてしまう。
そして、おしごと大王の邪悪な企みを阻止する救世主として、ワイルドガールやバットマンたち個性あふれるヒーロー集団とともに危険な大冒険に繰り出すハメになるエメットだったが…。


信じることから、全てが始まる――!


まずは…
この作品は皆さんが想像するような展開ではないと思いますウィンクウィンクウィンク
まさか…あんな展開が待っていようとは…!
これにはホントビックリでしたよ。
途中、レゴのキャラクターに“指紋”らしきものが付いているのに気付いていたのですがね…。




感想の前に…

3Dで鑑賞したものの、メガネの不具合により画面が点滅状態。
調べてみたら、点滅って3Dメガネの電池切れらしい。
本編が始まっているし、交換にも行けなかったので、
仕方なくメガネを外したまま、最後まで頑張りました(汗)
上映時間が短かったのが救いです。
終わった後、スタッフに言ったのだけれど、“すみません”のひと言だけ。
う~ん…本当は上映前にテスト映像を流すか、上映中にスタッフが見廻った方が良いですよねぇ…。
今回は無料券に+300円の鑑賞でしたが、普通にお金を払っていたら、もっとクレームを言ったかも。
スタッフも渡す前にきちんと確認して欲しい!




で、作品の方の感想に戻りまして…うっしっし

吹き替え版は8名の声優さんが150以上のキャラの声を演じているとか。
やはりきちんとした声優を使っているので、安定感があります。
売れっ子俳優たちを使わない姿勢は良いですな
オーケー



映画は、ウィトルウィウスが“スパボン”を守るために、おしごと大王と戦うところから始まり…上矢印
スパボンをあっさりと奪われてしまう。


建設作業員のエメットは、ある日、現場でワイルドガールを目撃。
そのまま穴に落ちてしまい、そこにあったのは“奇跡のパーツ”と呼ばれる物で…
エメットの体に付着。

バッドコップに捕まり、処刑されそうになったところをワイルドガールに救い出される右矢印
彼女と一緒にウィトルウィウスのところに向かうことになるエメットだったが…。


この救出シーンはかなりスピーディーなアクションとなっていて、
車から飛行機になったりと、レゴを次々に組み立て直すというのに、熱くなります炎
カーチェイスをここまでブロックで表現出来るなんて~!

こういったシーンはこの先もちょくちょく出てくるので、
しっかりと観て欲しい。



ストーリー展開はベタながらも、映像技術は素晴らしいのひと言!!
全編フルCGらしいのだが、CGアニメ特有の滑らかさを失くし、
レゴが積み上がったり、崩れたりする様子をストップモーションアニメ風に見せるという遊び心はかなり新鮮。

ブロックを組み立てる時に出る型番と言い、
火や煙、海の波までもがレゴブロックで再現されているのには驚くばっかり。




ワイルドガールから“選ばれし者”だと言われるエメット。
その説明を受ける。


その頃、エメットを逃がしてしまったバッドコップはおしごと大王にグッドコップの顔を消されてしまうショック

顔がいとも簡単に消せてしまうのも、レゴの特性でしょうか。
消される時の音のショボさがまた楽しい♪




ウィトルウィウスと合流したものの、バッドコップが追ってきて…
バットマンに救われつつ、雲の上の楽園に到着。

マスタービルダーたちが集まっていたが、
エメットを選ばれし者とは認めてくれず。

マスタービルダーの中にグリーン・ランタンやワンダーウーマンなどのワーナーキャラや、
ガンダルフやダンブルドア校長…区別がつかないって…!?
他にリンカーン大統領の姿も…思わず笑ってしまった。
そういえば、ソニー関係のキャラの出演はダメだった模様(苦笑)




エメットの足に追跡装置が取り付けられており、バッドコップの襲撃を受け…
潜水艦を作り、逃げるエメットたち下向き矢印

ロボヒゲに救われて、エメットは計画を練り、
おしごと大王のいるオフィスタワーへと目指す上向き矢印

ハン・ソロたち「スター・ウォーズ」のキャラも登場しますよ(笑)


あと少しでスパボンの使用を止められるところだったが、
おしごと大王にみんな捕まってしまう。

おしごと大王はスパボンをブロックシティーの人々に使用開始。

エメットやビルドマスターたちには電流が流れる仕掛けがいなずま


どうにか電流の仕掛けを解いたエメットは“穴”へと落下していき…下向き矢印

助かったワイルドガールたちはブロックシティーや他の街の人たちに立ち上がるようにテレビを通じて促す。
おしごと大王に立ち向かっていくのだが…。



穴に落ちたエメット。
そこは、現実世界…父の作ったレゴで遊ぶ少年がいた。

やって来た父親に叱られ…
父親は接着剤を使い、レゴを接着させていく。


父親役がウィル・フェレル~!



少年はエメットに奇跡のパーツを持たせ…

父は息子の発想に驚き、接着剤のキャップを閉める。


エメットは奇跡のパーツをおしごと大王に渡し…
悪者にならなくても良いのでは?と。

おしごと大王はスパボンのキャップを閉める。

スパボンが爆発炎


“奇跡のパーツ”が接着剤のキャップだったとは!!!
これには最後まで気付かなかったわ。




ワイルドガールのもとへ行くエメット。


父親は接着剤を除光液で落とし…
少年に、この場所に来ても良いが、妹も連れてくることになると…



レゴの世界に謎の異星人が現れ…
滅ぼしに来たと言われ、エメットたちは驚き、終了。。


あの異星人は妹が作ったキャラなんでしょうねうっしっし



終わってみれば、父の作ったレゴの世界に少年が介入したことで起きた事件というでしたスマイル
映画の目線が想像とは違ったものに。



全体を通して、レゴのキャラたちが活き活きしているのは、観ていて楽しめるはず。
子供よりもむしろ大人の方が楽しめる感じでしょうか?
かなり深い作品かもしれない。



春休みの他の子供向け作品に埋もれてはいるけど、
これは多くの方に観て欲しい!!




既に続編製作も決定!
公開が楽しみです!!








TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4123-62d8691d



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-4123.html






最終更新日  2014年03月26日 16時45分45秒
コメント(2) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

映画レビュー
・「記憶にございません!」
・「僕のワンダフル・ジャーニー」
・「フリーソロ」
・「SHADOW/影武者」
・「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」
・「引っ越し大名!」
・「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
・「ロケットマン」
・「イソップの思うツボ」
・「ダンス ウィズ ミー」
・「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」
・「ライオン・キング」
・「ワイルド・スピード スーパーコンボ」
・「アルキメデスの大戦」
・「チャイルド・プレイ」
・「東京喰種 トーキョーグール 【S】」
・「天気の子」
・「Diner ダイナー」
・「ザ・ファブル」
・「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」
・「海獣の子供」




●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

お気に入りブログ

プレミアムドラマ『… New! レベル999さん

今朝の特撮感想 New! あくびネコさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ソラと優と千夏>『… ひじゅにさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

風邪が治らない 体… ジェニファー234さん

「進撃の巨人」29巻… らいち♪♪さん

偽装不倫 第10話 MAGI☆さん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

2019くじの日 敗者… mkd5569さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.