11474203 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2014年11月08日
XML
カテゴリ:映画感想


「トワイライト ささらさや」を鑑賞してきましたきらきら
埼玉県秩父市でロケした作品。

人気ミステリー作家・加納朋子のベストセラー小説「ささらさや」を新垣結衣と大泉洋の共演で映画化したハートフル・ゴースト・ストーリー。
小さな田舎町“ささら”を舞台に、愛する妻子が心配で成仏できずに幽霊となって彷徨う男が、他人の体に乗り移って妻子を助けようと奮闘する姿を、ささらの人々の優しさと夫婦の絆を軸に心温まるタッチで綴る。
監督は「60歳のラブレター」「神様のカルテ」の深川栄洋。


ストーリーは…

売れない落語家のユウタロウは、愛する妻サヤと生まれたばかりの息子ユウスケを残して事故で他界。
しかし、両親を早くに亡くし、頼れる親戚もいない孤独で気弱なサヤが心配で成仏できない。
そんなサヤの前に、絶縁状態だったユウタロウの父が現われ、孫を強引に引き取ろうとする。
ユウタロウはたまらず師匠の体に乗り移り、サヤにユウスケと一緒に逃げろと伝える。
その言葉に背中を押されて辿り着いたのは、ちょっと不思議な田舎町ささら。
ユウスケと2人で途方に暮れるサヤの前に、再びユウタロウが他人の姿で現われる。
どうやら、彼のことが見える人間には、一度だけ乗り移ることができるらしい。
こうして、いろいろな人の体を借りて現われるユウタロウと優しいささらの人々に支えられ、
母親として少しずつ逞しさを身につけていくサラだったが…。


人は、人に支えられて生きている・・・


そんなに…
感動を押し付けるような感じの作品では無いのが良かったスマイルスマイルスマイル
ほんのり、じんわりと感動するような作品でしょうか♪


秩父市でロケされたものの、
これといった名所が出てくるワケでもなく…
唯一、気付いたのはジオラマ風で映し出された木材のチップ工場です
ウィンク


新垣さんは初の母親役ということで…本当にピッタリだったと思う。
他の共演者の方々も味のある演技をして、適材適所。
大泉さんはキャラの設定上、ちょっと出番が少な目。
でも、重要なポイントで良い演技をしてくれました。




映画は、ユウタロウが自分が死んでいると語るシーンから始まり…上矢印

ユウタロウの葬儀…

妻であるサヤとの出会いから、結婚、そして息子ユウスケの誕生を思い出すユウタロウ。


葬儀の絶縁状態だったユウタロウの父がやって来て…
ユウスケを引き取りたいとサヤに告げる。

幽霊のユウタロウはどうする手立てがない。
だが、師匠に乗り移ることが出来て、ユウスケを連れて逃げるようにとサヤに話す。

サヤはかつて叔母の住んでいたささら町へとユウスケを連れて向かうのだが…。


序盤から小松政夫さんに笑わせてもらいましたうっしっし

というか、ここからユウタロウは自分の姿が見える人物に乗り移っていくのだけれど…
キャストの方々はみんな大泉さんの演技を勉強したようで、
ユウタロウに成り切っての演技には大笑い
ちょき



叔母の住んでいた家を借り、サヤは暮らし始めることに家
女性ひとりで赤ちゃんを育てるのは容易ではなく…周囲の人間が助けてくれる。

なかなか都会では考えられませんよね。
田舎だから…だと思う
音符


久代に珠子にお夏の3人が面白いスマイル

特にお夏はユウタロウに乗り移られてからが最高でした!
富司さんの演技も素晴らしい♪
新境地開拓?




赤ちゃんの定期健診へ。
サヤはそこで口がきけない息子のダイヤを一人で育てるエリカと出会う。

ユウタロウは今度はそのダイヤに憑依あっかんべー

いきなり話し出したダイヤに驚き、失神したエリカに笑った。

さらにダイヤ役の子役がこれまた絶妙に巧い
オーケー



久代の息子の義男が10年ぶりに帰郷。
いきなり家に上がり込んだ義男をユウタロウの父からの使いだと思い込んだサヤは包丁を向ける右矢印

ユウタロウは駅員の佐野に憑依し、駆けつけ…
義男への誤解が解ける。


ユウタロウはサヤのご飯を食べ…
もう乗り移れる人がいないといい、別れを切り出す。

佐野の左手薬指に結婚指輪が現れたりする演出、好きだなぁ…泣き笑い
暖簾越しにサヤが佐野の姿を確認する演出、好きだわ
泣き笑い



ユウタロウの父がやって来て…
サヤはユウスケを抱かせたものの、そのまま連れ去られてしまう。

携帯電話にヘンテコなメールが届き…
着信を出ると、後ろから病院内での声が聞こえてきて、急いでささら病院へマラソン

ユウタロウの父に平手打ちをするサヤぱー
処置室にいたユウスケを抱き締め、奪わないで欲しいと訴える。


ユウタロウは最後にユウスケに乗り移っていた。
ユウスケは最初からユウタロウの姿が見えており…

赤ちゃんに乗り移ったユウタロウは手足が思うように動かなく、変なメールを送信。
どうにかサヤの携帯電話にかけることに成功。


連れ去られた時のことを思い出すユウタロウ。
父は妻の写真を取り出し、ユウスケに見せ、涙を流す。

父に寄席へと連れていってもらったことを思い出したユウタロウは、
自身の誕生から今までの人生を回想する右矢印

もうね…この回想シーンが音楽と相まってちょっとウルウルと…
台詞が一切無くて、映像だけで見せていたのは良かった。

父は人気の無い息子の寄席を見に行っていたんですな~
ちょき

ただ、妻の最期になぜ父が駆けつけなかったのかが、語られず。
少しでも“何か”見せて欲しかったな。




ユウタロウの隣りの客席でサヤが笑う。
一生懸命だったからと。

ユウタロウはなぜ成仏出来なかったのかに気付くひらめき

全ては父との絆を再確認するためだったんですねぇ…。
この辺り、「青天の霹靂」と被る。



そして、サヤがもうユウスケに乗り移った自分に気付かないのを知ったり…わからん



ユウスケの1歳の誕生日…
パーティーの準備が進む中、お夏、珠子、久代、エリカ、ダイヤが集まり、師匠もやって来る。

テーブルに掴まり、初めて立つユウスケ。
外を見て、“パパ”と言葉を発する。

サヤは外に出て、青空を見上げ、「さよなら」と言い、終了。。


エンドロールに流れるコブクロの歌が切なくて、とても良かった音符


そうそう、エンドロール後にも映像あり。
ユウタロウが出てきて、「おあとがよろしいようで」と頭を下げる。



全体を通して、夫婦の絆、家族の絆、周囲の人との繋がり…
それらに気付く作品になっていましたグッド
関係性が希薄になりがちな今だからこそ観て欲しい。



設定はよくある話だけれど、飽きることなく、笑いと涙で包まれ、最後まで楽しめました。







TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4506-bcf31b6c



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-4506.html






最終更新日  2014年11月19日 13時22分40秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「ANNA/アナ」
・「グランド・ジャーニー」
・「悪人伝」
・「WAVES/ウェイブス」
・「透明人間」
・「アンチグラビティ」
・「はちどり」
・「悪の偶像」
・「ソニック・ザ・ムービー」
・「ランボー ラスト・ブラッド」
・「デンジャー・クロース 極限着弾」
・「ドクター・ドリトル」
・「ライブリポート」
・「ワールドエンド」
・「花のあとさき ムツばあさんの歩いた道」
・「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」
・「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

オトナの土ドラ『1… New! レベル999さん

『太陽の子』に三浦… New! ショコラ425さん

カフェで42>『エー… New! ひじゅにさん

波助と千代助 New! あくびネコさん

ノーデータ野球 虎党団塊ジュニアさん

別冊少年マガジン「… らいち♪♪さん

「あつまれどうぶつ… mkd5569さん

制作中です シュージローさん

あびたしおん yamagonnさん
無題 やめたい人さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.