11557816 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2015年01月30日
XML
カテゴリ:映画感想


「エクソダス 神と王」を鑑賞してきましたきらきら
2D字幕版を。

「グラディエーター」の巨匠リドリー・スコット監督が旧約聖書の“出エジプト記”を題材に描く歴史スペクタクル・アクション。
奴隷となっていた40万人のヘブライ人を解放するために、たった一人でエジプト国王に立ち向かった伝説の英雄モーゼの運命を壮大なスケールで描き出す。
主演はクリスチャン・ベイルとジョエル・エドガートン、共演にアーロン・ポール、ジョン・タートゥーロ、シガーニー・ウィーヴァー、ベン・キングズレー。


ストーリーは…

栄華を誇る古代エジプト王国では、長年にわたりヘブライ人を奴隷として使役していた。
そんな中、王女に拾われ、国王の息子ラムセスと兄弟同然に育てられたモーゼ。
成長した彼は、国王セティの信頼も厚く、民からも慕われる存在に。
ところがセティの死後、王位に就いたラムセスは、モーゼの出自がヘブライ人と知るや、彼を追放する。
過酷な放浪の末に一人の女性と巡り会い、結婚して平穏を手に入れたモーゼ。
9年後、彼は神の啓示を受け、虐げられているヘブライの民を解放すべくエジプトへと戻るのだったが…。


“奇跡”を、目撃する――!


これはもう…
ディザスタームービーなんじゃない???
的なシーンがわんさかと出てきましたよ(苦笑)
特に後半は凄かった。



とりあえず、“出エジプト記”のことは詳しくは知らず。
モーゼといえば、海を割ったくらいしか、知らなくても充分に楽しめると思います
グッド



モーゼ役のクリスチャン・ベールの演技が素晴らしかった!
ストーリーが進むにつれて、体重を減らしていったのではないでしょうか…。

そうそう、シガーニー・ウィーヴァーが出ていたのは、
パンフレットを読んで知りました。
ちょっと気付かないかも…。




映画は、ヘブライ人が400年もの間、奴隷として扱われていた…ということをテロップ表示するところから始まり…上矢印


ファラオの王宮メンフィスでヒッタイト族との戦いために軍議を開いていた。

占い師は、戦いの勝敗の徴は現れないが…
戦いで指導者が救われ、救った者が民を率いる存在になると告げる。

ラムセスはそのことが気になり、モーゼに自分を救わないようにと。



ヒッタイト族との戦い…炎

ラムセスの乗るチャリオットが倒され…
モーゼがラムセスを窮地から救う。


冒頭から凄い迫力の合戦シーン!!!!!!
人馬入り乱れ、さらには矢が乱れ飛ぶ。
序盤から一気に釘付け状態になること間違いなし!!!




そのことは秘密となるが、セティ王にだけは本当のことを話すモーゼ。


セティ王はラムセスに領地のビトムに行くように指示を出すが…
モーゼは、自分が行くと。



ビトムでヌンと出会い、モーゼは自身がヘブライ人であることを知るほえー

セティ王が亡くなり、ラムセスが王位に。

ビトムの総督はラムセスに、モーゼのことを教え…
ラムセスはモーゼを国外追放右矢印



追放されたモーゼはツィポラと出会い、結婚。
息子も産まれ…


9年後…時計


息子から神の山のことを聞いたモーゼはその山へ上向き矢印
土砂崩れに巻き込まれ…大怪我を追ってしまう。

そんな時、現れたのが少年の姿をした神で…
モーゼの役割を問う。



怪我から快復したモーゼは、妻と息子を置いて、再びエジプトへと戻り…
さらに劣悪となった奴隷たちの現状を知る。

ヌンやヨシュアと再会。


ラムセスのもとへ向かい、奴隷を解放するように言うが…拒否され…
モーゼは疲弊を狙う計画を立て、実行に移していくのだが…。



今作は、少年の神をモーゼが心の中で生み出した幻想として受け取れるという設定が、
なかなか面白いと思ったオーケー
ま、モーゼだって、ひとりの人間だったワケで…

だから、これから起きる十の災厄も自然の摂理としても取れるように作ってあります
ウィンク



ラムセスも黙っているわけではなく、ヘブライ人の住む町を焼き討ちに炎
さらには無実のヘブライ人を縛り首にしたりと極悪非道なことを繰り返す。


モーゼの前に再び神の啓示が…
黙ってみているように話す。


いやはや、十の災厄の描写が凄いのなんのってびっくり

人食いワニから始まり…
川が血に染まり、カエルの大発生!
カエルの死骸からブヨやアブが大発生し、エジプトの民には腫れ物が!!
疫病が流行り、空からは巨大な雹!!!



それでもラムセスはモーゼの要求を受け入れず。
モーゼは神から聞き、ラムセスに“最後通告”を。


夜…エジプト全体を暗闇が覆い…
エジプト人家族の長子が全員死亡。
その中にはラムセスの息子も含まれていた。



ついにラムセスはヘブライ人に、エジプトから出て行くようにとスピーカ

モーゼはヘブライ人を連れて、エジプトを出て行くのだが…

ラムセスはヘブライ人を皆殺しにするため、後ろから大軍勢で迫る。

そりゃ、あんな山道をチャリオットで走ったら、落ちますって…(苦笑)



道を間違えてしまったモーゼ。
目の前の海は引き潮にはならず、渡れそうにない。

諦めていたが、モーゼは海の光の矢が落ちるのを目撃目

海水が引き始め…
モーゼは渡るように叫ぶスピーカ



背後からラムセスの軍勢が迫って来る中、
海水が巨大な津波となって戻ってきて…

軍勢は引き返すも、全てが飲み込まれる。

ヘブライ人は対岸に全員渡りきり…

対峙したモーゼとラムセスは飲まれるが…
2人は互いに対岸の岸へ。


いやはや、この紅海での描写は一見の価値ありぐー
大スペクタクル映像となっています。


ただ、この海割れのシーンは賛否両論かもね…。
これも自然現象だといえば、そうなりますし…。




モーゼは妻子と再会。

神の山で、“十戒”を石版に彫り…神との対話も終了。



年老いたモーゼは荷馬車に乗り…
ヘブライ人たちはカナンを目指し、進んで行き…終了。。



全体を通して…凄まじいビジュアルの連続でしたちょきちょきちょき
さすがリドリー・スコット監督だけはあります。


最後に、弟のトニー・スコットに捧ぐ…とテロップ表示されたのも印象的。



そういえば、監督曰く、4時間版が存在するとのこと…
ちょっと長いけど、観てみたいな
音符







TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4639-4972a582



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-4639.html






最終更新日  2015年02月08日 12時36分53秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「ヒットマン エージェント:ジュン」
・「プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵」
・「TENET テネット」
・「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
・「ミッドウェイ」
・「宇宙でいちばんあかるい屋根」
・「コリーニ事件」
・「事故物件 恐い間取り」
・「狂武蔵」
・「糸」
・「2分の1の魔法」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

Away -遠く離れて- New! ぶなぶなさん

忠君愛国の精神>『… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

わらし姉妹が勝利の… New! 虎党団塊ジュニアさん

息子&さらみ、誕生… あくびネコさん

今日読んだコミック… らいち♪♪さん

【エール】第15週(9/… ショコラ425さん

涼しくなってきたら… mkd5569さん

オイル&オイスター… ジェニファー234さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.