10487436 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2015年01月31日
XML
カテゴリ:映画感想


「ジョーカー・ゲーム」を鑑賞してきましたきらきら

第二次大戦前夜に“魔王”の異名を持つ元スパイが設立した秘密組織“D機関”の暗躍を描いた人気作家・柳広司の同名連作短編集を、「SR サイタマノラッパー」「日々ロック」の入江悠監督で映画化したスパイ・アクション。
主演は亀梨和也、共演に伊勢谷友介、深田恭子。


ストーリーは…

上官の命令に背き、軍法会議で死刑を宣告されたその青年は、命を落とす直前に結城と名乗る謎の男に助けられる。
結城の目的は、彼が設立したスパイ養成学校“D機関”に青年をスカウトすることだった。
青年は過酷な訓練を経て、やがて“嘉藤”という名を与えられると、ついに初めてのミッションを命じられる。
それは、国際都市“魔の都”に駐在する米国大使グラハムが隠し持つ、世界を揺るがす機密文書“ブラックノート”を奪い取れというものだったが…。


ブラックノート争奪戦――!


ハードルを下げて観たせいか…
結構面白かった~ちょきちょきちょき

そもそも、邦画でスパイ映画って結構珍しいかも…!

原作はタイトルを知っているくらいなもんで、それが変な先入観を持たずに鑑賞出来たような感じがする。


ただね…ちょっと「ルパン三世」チックな展開!?
ま、小栗旬さんの「ルパン三世」よりも楽しめたことだけはたしか。




主人公の嘉藤を演じた亀梨は、アクションを見事にこなしていました。
ハリウッド作品には敵わないものの、見応えあり。

リンを演じた深田さんの大根っぷりは健在でしたけど、
色気で挽回していましたよ
目がハート



映画は陸軍士官学校の雨中での夜間訓練から始まり…上矢印

高熱のため、動けなくなった同僚を助けようとする男。
しかし、上官がそれでも動くように指示を出し…動けなくなった生徒に暴力を。

男は上官を制止し、トラックの窓ガラスに頭をぶつけ…上官は死亡。


軍事裁判の判決で、男は死刑が確定。


執行当日…
銃殺となる直前に現れたD機関の結城によって、男は救われる。


男は陸軍の諜報組織“D機関”へ入ることになり、数々の訓練を受けることになるのだが…。


この訓練シーンがかなり面白いちょき

いきなり地図を出され、サイパンはどこか?と問われる男。
実際は、テーブルの上、地図の下にある物を当てる試験…

って、男の記憶力が半端なくオーケー
見た物を瞬間的に記憶する能力が備わっているようですが、
どうしてそのような能力があるのかは、最後まで謎のまま。

他にも金庫の開け方、早着替え、銃の扱い等々…

カメラが周囲を回り、訓練が次々に変わる演出がカッコ良かった
音符


ある日、男は三好といざこざを起こし…
三好はD機関を去ることに。


こういうスパイ作品は、誰と誰が繋がっているのか…的なことをついつい考えてしまいますよね。
なので、この三好が去るのにも理由が…(略)




結城は武野大佐から、新型爆弾兵器の設計図が書かれたブラックノートを奪うようにとの命令を受ける。
武野はD機関を快く思っていなく、憲兵隊が動き、D機関よりも早くブラックノートを奪うと宣言。



男は、嘉藤次郎という名前を貰い…
結城からの指示を受け、南方の都市に仲間の小田切と実井とともに潜り込む。

ブラックノートを持っているのは、米国大使のグラハムで…
そのことに英国諜報機関も気付いていた。



早速、グラハムに接触する嘉藤。


ブラックノートの在り処の目星をつけ、嘉藤は夜になってから忍び込む。
しかし、金庫の中にはブラックノートが無かった。


スパイ映画ではお馴染みのスパイグッズですけど…
あの時代ということで、かなりレトロです。
その辺りにも注目して欲しいところ
うっしっし



大使公邸にはリンというメイドが雇われており、グラハム手籠めにされているのを目撃目

嘉藤はリンを逃がそうとするも…
彼女はアメリカ国籍を得るために、拒否。



ブラックノートの在り処はチェス盤だと気付いた嘉藤は、パーティー当日に部屋へと忍び込む。
チェス盤には無く、駒の中にあった!

英国諜報員のキャンベルに狙われるも、リンがやって来たので、ピンチを凌ぎ…
公邸を急いで出て行くが、リンが追ってきて…

嘉藤はリンに駒を奪われ、彼女を追跡マラソン

捕まえると…リンはフリーのスパイで、お金のためにブラックノートを狙っていたと告白。


そんな中、キャンベルたちに見つかり、嘉藤とリンは逃走。

ここはパルクールみたいだけど、ちょっと“軽い”かなぁ…失敗
もっと重量感みたいなのが欲しかった。




逃げ切ったところで、小田切と実井に合流。
だが、リンが捕まってしまい、助けに行こうとした矢先、
小田切と実井の乗った車が爆発炎

爆風に吹っ飛ばされた嘉藤も英国諜報機関に捕まってしまう。



リンが鞭打ちにされ、嘉藤は仕方なくブラックノートを差し出し…
殺されそうになるが、二重スパイをかって出る。

手始めに、ドイツは日本との軍事同盟を破棄したとの内容のモールス信号を送る羽目に。



隙を突いて牢から逃げ出す嘉藤。
出口の書かれた地図は偽物だったが、ドアに“D”の文字が書かれた部屋へ。

“スリーパー”のお陰で、難を逃れる。

モールス信号を誤字脱字無く完璧に送ることは、自身の危機を教えることだったオーケー
その場合、“スリーパー”が助けてくれると結城は言っていた。



マークスからブラックノートを奪い…

リンを助けに行き、キャンベルと対峙!!

停電を起こしたリン。
復旧しにやって来たキャンベルを感電死させるいなずま



嘉藤とリンは火薬庫から火薬を拝借し、時計台の上へと逃げる。

追ってきたマークスに撃たれたリンは、時計台から落下下向き矢印

追い詰められた嘉藤はライターを投げつけ、それが下に落ちて行き、火薬に引火し、火薬庫が大爆発!



リンは防弾チョッキを来ていて、助かっており、時計の針に捕まっていた。

仲間が助けに来てくれると言い、嘉藤とリンは一緒にダイブ下向き矢印
下ではトラックが突っ込んできて、荷台に落下する2人。


助けたのは三好で…
D機関を去ったのも、結城の計画の内。

やっぱりなぁ~とあっかんべー



さらに耐熱マントのお陰で小田切や実井も生きていて…

三好の運転する車に乗り込み、追ってきた英国諜報機関の車から逃げる嘉藤たち車

途中、小田切の作ったスパイグッズを奪い、車から脱出するリン。



三好は嘉藤に次の任務を与える。
名前を仲根とし、アメリカへ行くようにと。
小田切と実井にもそれぞれの任務が与えられていた。



その頃、ブラックノートに記された新型爆弾に多額の製作費がかかると知った武野大佐は、怒り心頭!
結城に責任を取らせようとするが…

三好が武野たちが話したグラハム襲撃の会話を盗聴した音声を流す。



D機関への予算が大幅にアップ賞金

笹原から、戦争に勝てるかどうか訊かれた結城は…

「我がD機関があれば、あるいは…」

結城は神永とともに自室へと入って行き、終了。。



全体を通して、ストーリーのテンポは良かったし、上映時間が2時間を切っているのも高評価。

スパイ映画が好きなら、楽しめると思います音符
決してハリウッド映画と比べてはいけません!

多少のツッコミどころがあるのは、大目に見て欲しい(笑




この感じだと、続編が出来そうだが…
今作のヒット次第でしょうね。










TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4640-3b60745f



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-4640.html






最終更新日  2015年03月01日 06時15分40秒
コメント(6) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

映画レビュー
・「スペシャル アクターズ」
・「マレフィセント2」
・「クロール -凶暴領域-」
・「空の青さを知る人よ」
・「蜜蜂と遠雷」
・「ジョーカー」
・「ジョン・ウィック:パラベラム」
・「ヘルボーイ」
・「ライリー・ノース 復讐の女神」
・「見えない目撃者」
・「アナベル 死霊博物館」
・「HELLO WORLD ハロー・ワールド」
・「アド・アストラ」
・「記憶にございません!」
・「僕のワンダフル・ジャーニー」
・「フリーソロ」
・「SHADOW/影武者」
・「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」
・「引っ越し大名!」
・「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」




●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「マレフィセント2」(10/18) New! >はるみんさん ミシェル・ファイファーも…
 はるみん@ Re:劇場鑑賞「マレフィセント2」(10/18) New! ミシェル・ファイファーの存在感も凄かっ…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05) >yukarinさん ホアキン・フェニックスの…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ジョン・ウィック:パラベラム」(10/04) >yukarinさん アクションシーンがどれも…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05) 評判どおりホアキン・フェニックスの怪演…

お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

オトナの土ドラ『リ… New! レベル999さん

黒執事 GF11月号… New! らいち♪♪さん

来年の鳴尾浜にワク… New! YOSHIYU機さん

【スカーレット】第4… New! ショコラ425さん

引き抜き>『スカー… New! ひじゅにさん

猫と5000円のブドウ New! あくびネコさん

4分間のマリーゴール… MAGI☆さん

頭の中はいつも他人… ろんろん14151さん

制作中です シュージローさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.