11358200 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2015年02月12日
XML
カテゴリ:映画感想


「きっと、星のせいじゃない。」の試写会に行ってきましたきらきら

ジョン・グリーンのベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」を基にした青春ロマンス。
ガン患者の集会で出会った若い男女が恋に落ち、憧れの作家と対面しようとオランダへ旅する姿などを追う。
「ダイバージェント」に出演したシャイリーン・ウッドリーとアンセル・エルゴートがカップルを熱演、
その脇をローラ・ダーン、ウィレム・デフォーら実力派が固める。
残り少ない時間の中で懸命に生を全うしようとするヒロインの姿に熱くなる。


ストーリーは…

末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル。
だが、学校にも通えず、友人もできず、酸素ボンべなしでは生活できない。
そんな中、ガン患者の集会で骨肉腫を克服したガスと知り合う。
ヘイゼルに惹かれたガスだが、彼女に距離を置かれてしまう。
ヘイゼルに振り向いてもらおうと、彼女が敬愛する作家にメールを送って返信をもらうことに成功するガス。
それをきっかけに、二人は作家に会おうとオランダへ旅行に出るが…。


それでも、生きていく・・・


何と言うべきか…
観終わってから、とにかく“良かった”としか言葉が思い浮かばないくらい音符音符音符

“死”をテーマにしていて、もちろん哀しい展開なんだけれども…
死を乗り越えて、そこからどう生きていくか…の方をメインに描いている上向き矢印

恋人の死、家族の死…
人って身近な死を経験するが、苦しみに耐えながらも生きていける種だということを教えてくれる!




シャイリーン・ウッドリーが主人公のヘイゼルを好演。
恋の相手であるオーガスタを演じるアンセル・エルゴート、
ガンで失明する悲劇に見舞われながらも、ユーモラスな親友アイザックに扮したナット・ウルフも良かった。

そういえば、久々にローラ・ダーンを見たなぁ…。
「ジュラシック・パーク」に出ていた頃を思い出しましたわ
スマイル



映画は、ヘイゼルが理想を思い描くシーンから始まり…上矢印
そこから見せつけられる現実…。

母が女医に、娘が同じ本ばかり読むのでうつ病かもしれないと相談。
女医は、うつ病だと判断し、グループサポートを勧める。


乗る気でないヘイゼルは仕方なしにグループサポートに参加。
案の定、いまいちピンと来なく…

それでも、母に促され2回目にも参加。
その場所で出会ったのがガス。

彼は、骨肉種で右足の膝下を失っていた。

“忘却”が不安だと語るガス。
ヘイゼルは、“忘却”は必然だと反論スピーカ


グループサポートが終わり、ガスはヘイゼルを自宅に招待。
彼の運転する車に乗りながら、自分の症状を語る。

子供の頃、甲状腺がんを患い、肺にも転移。
死の淵を彷徨ったが、抗生物質が効き始め…抗がん剤投与で状態は安定。


ガスは自宅に着いてからヘイゼルに、病状以外のことを訊ねる。
ヘイゼルは「大いなる痛み」という本を紹介。ガスにも貸すとノート



ある日、ガスは「大いなる痛み」の結末が書かれていないことに気付き…
知りたくなり、ヘイゼルにメールを。

ヘイゼルもまた結末が知りたく…


ガスがヴァン・ホーテンの秘書とメールでコンタクトをeメール
アムステルダムに来るようにとの誘いが。


ヘイゼルはジーニー財団の“願い”を既に使ってしまっていて…
ガスは自分の“願い”を使って、アムステルダムまで作家のヴァン・ホーテンに会いに行く計画をひらめき

しかし、出発直前にヘイゼルの病状が悪化してしまうのだが…。



かなりテンポ良い展開なので、全くダレることが無いオーケー
時々入る“笑い”も良いアクセントになっていると思う。

それに、後半にかけては特に台詞が“綺麗”なんですよね~きらきら
印象的な台詞が随所に出てきます。




ヘイゼルはアムステルダム行きを諦めていたものの…
両親の許しと医者も許可してくれたため、行けることに。

ヘイゼル、母、ガスの3人でアムステルダムへ飛行機


高級レストランでの食事…食事
支払いはヴァン・ホーテンが。


翌日、ついにヴァン・ホーテンに会いに行くが…
彼はアル中で気難しく、物語の続きが訊き出せなかった。

ヴァン・ホーテン役のウィレム・デフォーの演技も良かったグッド


見かねた秘書が2人をアンネ・フランクの隠れ家に案内。
息を切らせながら、登り切ったところで、ヘイゼルはガスをキスを交わすハート(手書き)

その夜…特別な関係になった2人。


アムステルダムを去る日…
ガスはヘイゼルに、自分の体中にがんが転移していることを告白。



アメリカに帰国し…

抗がん剤治療を始めるガスだったが、病状は悪化の一途下向き矢印

ある夜、ヘイゼルはガスからの電話で、自暴自棄となった彼を迎えに。



“最期”を迎える前に、調子が良くなる日があるという…

ガスに教会へと呼び出されるヘイゼル。
アイザックも来ていて…

生前葬をすると話すガス。
アイザックとヘイゼルに弔辞を読んでもらう。


「0と1の間には無限の数がある。0と2の間にはもっと多くの無限。0と100万の間にもっともっと多くの無限」

この台詞が非常に印象的ぐー



8日後…ガスはICUで亡くなった。


葬儀に参列するヘイゼル。
彼女の後ろにヴァン・ホーテンが現れる。


葬儀が終わり、車でひとりで帰ろうとするヘイゼルのところにヴァン・ホーテンがやって来て…

ガスは彼とメールのやり取りをしており、葬儀に参列するよう頼んでいた。

ヴァン・ホーテンは、「大いなる痛み」は娘のことを書いたのだと打ち明ける。
さらに、手紙を差し出すが…ヘイゼルはそれをもみくちゃにし、立ち去るようにとスピーカ



アイザックが家にやって来る。
ガスの手紙のことを訊かれたヘイゼルは、
ヴァン・ホーテンが渡そうとしていたのが、まさにそれだったことに気付くひらめき

そこに書かれていたのは、ガスがヘイゼルへの弔辞の添削をヴァン・ホーテンに頼んだものだった。


星空の下で、ヘイゼルは手紙を読み、終了。。



全体を通して、ヘイゼルとガスのピュアな関係がキラキラしていて、観ているこっちまで心が澄んでいくようスマイル

哀しいという気持ちより、むしろ清々しい気持ちになるかもしれない。


自分が死ぬ時、何を残していけるか…

自分が死んだ後、周りの人はいかに立ち直っていくのか…

この2つのテーマを巧く織り込んだ作品に仕上がっていました。




そうそう劇中の楽曲も素敵で、場面場面に非常にマッチしていました音符







TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4657-02c262d0



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-4657.html






最終更新日  2015年03月09日 06時42分39秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「はちどり」
・「悪の偶像」
・「ソニック・ザ・ムービー」
・「ランボー ラスト・ブラッド」
・「デンジャー・クロース 極限着弾」
・「ドクター・ドリトル」
・「ライブリポート」
・「ワールドエンド」
・「花のあとさき ムツばあさんの歩いた道」
・「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」
・「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

5>『エール』(再放… New! ひじゅにさん

おしっぽ、美味しい… New! あくびネコさん

阪神しか負けん New! YOSHIYU機さん

「あつまれどうぶつ… New! mkd5569さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

新型コロナ:東京107… New! ショコラ425さん

「神様のバレー」22… らいち♪♪さん

制作中です シュージローさん

『2020年 春・夏終… くう☆☆さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.