11049774 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2015年04月10日
XML
カテゴリ:映画感想


「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞してきましたきらきら

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、かつてバットマン役で一世を風靡したマイケル・キートンを主演に迎え、
公私ともにどん底状態の中年俳優が繰り広げる切なくも滑稽な悪戦苦闘の日々を、まるで全編1カットという驚異の撮影スタイルで描き出すシニカル・コメディ。
共演はエドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ。
アカデミー賞では、みごと作品賞をはじめ最多4部門を受賞。


ストーリーは…

かつて主演した大人気スーパーヒーロー映画「バードマン」のイメージが払拭できずに、その後は鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガン。
私生活でも離婚に娘サムの薬物中毒と、すっかりどん底に。
そこで再起を期してレイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』を原作とする舞台を自ら脚色・演出・主演で製作し、ブロードウェイに打って出ることに。
ところが、大ケガをした共演者の代役に起用した実力派俳優マイクの横暴に振り回され、
アシスタントに付けた娘サムとの溝も深まるばかり。
本番を目前にいよいよ追い詰められていくリーガンだったが…。


スターの再生――!


何だか…
不思議な作品でしたうっしっしうっしっしうっしっし
どう評価したら良いんだろう?
アクション満載のエンタメ作品ではないし…
人によって好き嫌いが分かれる作品であることはたしか。

でも、楽しめる楽しめないの話は別として、
こういった作品が世に登場してくるのは良いことかもしれない。
アカデミー賞を獲ったのも納得かなぁ…と。




何も知らないでタイトルだけ聞くと…
「パーマン」を思い出してしまいますな(苦笑)




ほぼ出ずっぱりのマイケル・キートンは今作で完全復活上向き矢印
精神的に追い込まれていくキャラを迫真の演技で体現。
自虐ネタいっぱいの今作に良くぞ出演してくれました!
なので、いろいろと笑わせてくれます。

娘のサムを演じたエマ・ストーンは危ういキャラを巧みに演じ、
マイクを演じたエドワード・ノートンの演技も見応えあり。




映画はレイモンド・カーヴァーの文章がテロップ表示されるシーンから始まり…上矢印

落下する火球を映し出す…炎


楽屋でリーガンが座禅を組んだまま宙に浮き…
呼び出されたので、リハーサルへと向かう右矢印

リハーサルの最中に照明が落下してきて、気に入らない役者が病院送りに。
リーガンは自分が超能力で落としたのだとプロデューサーのジェイクに告げる。

代わりの役者は女優のレズリーが連れてきたマイクとなり、
早速、リーガンは台本の読み合わせをし…すっかり意気投合。


そして、プレビュー公演を迎えることになるのだが…。



今作はストーリーをおって感想を書くのが非常に難しい。
なんせ全編ワンカットのような映像演出ですから!!
継ぎ目が無く、自然な映像にただただビックリ
オーケーオーケーオーケー

さらにドラムスコアが心地良く響いてくるスピーカ


内容的には「ブラック・スワン」に近いかな…と。
どこまでが現実で、どこから幻想なのか、解らないように作ってある。
これはこれで新たな映像体験といった感じ
グッド



プレビュー公演1日目は、マイクのせいで散々な目に遭い、途中で終了。


2日目はマイクがレズリー相手に●起。
舞台本番中にレズリーを犯そうとするマイク。

終わった後、リーガンよりマイクの方が評価されてしまう上向き矢印


3日目は会場の外で煙草を吸っていたリーガンだったが…
ドアが閉まってしまい、ブリーフ一丁でブロードウェイを歩き、正面玄関から劇場入り~マラソン

しかし、これが動画サイトで話題となり、リーガンは一躍時の人に。



リーガンはバーで飲んでいた批評家のタビサから、
役者ではなく“有名人”だと一喝され…下向き矢印


ついに初日を迎え…
リーガンは本物の銃で劇の最後で自殺を図る。

自殺を図ったこととは知らない観客はスタンディングオベーションぱー
そんな中、タビサはひとり劇場を後にする。


と、ここで1カットで撮っているような映像は終わり…

再び、火球が落下している映像を挟み…



病室で元妻の看病を受けているリーガン。
銃の弾は頭を貫いたのではなく、鼻をかすめただけ。

ジェイクが新聞を持ってやって来る。
ニュースではリーガンのことが話題になっていて…
新聞では批評家のタビサが最高の評価をしたことに大喜びスマイル


サムが花束を持って病室にやって来て…
花瓶を取りに行くと、病室を出て行く。


残ったリーガンは洗面台の鏡の前に立ち、顔に貼られたガーゼを取り除き、
新しく形成された鼻を見つめる。


窓の外に目をやると、空には鳥たちが飛んでいて…


サムが戻ってくると、ベッドにリーガンの姿はなく…
慌てて窓から下を覗くも、何も無い。
上を見上げて、笑みを浮かべ、笑い声を上げ、終了。。


途中途中に挟まれるリーガンの超能力描写は本人の脳内映像だけであって、
実際にはやっていないことが判るんだけど…
ラストはどういうことなんだろう?
幻想のバードマンに別れを告げ、自らが本物のバードマンになった???
それとも、サムは実際はリーガンの転落死体を見て、現実逃避して空を見て笑った?

というか、そもそも舞台上で自殺した時、完全に頭を撃ち抜いているように見えたので、
あそこでリーガンは“終わっている”のかも…。
ニュースでは舞台にロウソクを灯す人々を映していたし、
新聞のタイトルは映画のタイトルと同じ…いろいろと不自然。

レイモンド・カーヴァーの冒頭の言葉が繋がって来て…
リーガンは自殺することで皆に認められたってこと???

ま、解釈の分かれる結末でした
下矢印



全体を通して、映画なのにまるで演劇を観ているかのような感覚を味わえる作品ちょき


それと、実名が出てくる楽屋での話には思わず笑ってしまったウィンク
代役を捜している時に出てくる俳優の名前にクスッと。
ウディ・ハレルソンは「ハンガー・ゲーム」を撮影中、マイケル・ファスベンダーは「X-MEN」を撮影中…
ジェレミー・レナー、ロバート・ダウニー・Jr…の名前も。




結局のところ、ブロードウェイの裏側ってこんな感じなんだろうなぁ…と、勉強になりました



そうそう、ちょっと黄色い字幕は嫌だったな(汗)





TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4723-f8586915



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-4723.html






最終更新日  2015年05月03日 12時29分16秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「スウィング・キッズ」
・「PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR」
・「一度死んでみた」
・「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」
・「仮面病棟」
・「スケアリーストーリーズ 怖い本」
・「ジョジョ・ラビット」
・「初恋」
・「エスケープ・ルーム」
・「野性の呼び声」
・「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
・「ミッドサマー」
・「1917 命をかけた伝令」
・「ヲタクに恋は難しい」
・「犬鳴村」
・「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
・「パラサイト 半地下の家族」


●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

4/19のイベントは延… New! あくびネコさん

「大乱闘スマッシュ… New! mkd5569さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

「宇宙兄弟」37巻ざ… New! らいち♪♪さん

楽譜と古今和歌集>… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

宮藤官九郎さん、新… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.