8849874 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2015年06月13日
XML
カテゴリ:映画感想


「海街diary」を鑑賞してきましたきらきら

人気少女漫画家・吉田秋生の同名傑作コミックスを是枝裕和監督が映画化。
鎌倉の古い一軒家に暮らす3姉妹が、腹違いの妹を迎え入れ、それぞれに複雑な想いを抱えながらも日々の暮らしを通して家族としての絆を紡いでいく1年の物語を、鎌倉の四季折々の美しい風景とともに綴る。
主役の四姉妹には綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。
共演に加瀬亮、鈴木亮平、樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ。


ストーリーは…

鎌倉の古い家に暮らす幸、佳乃、千佳の香田三姉妹。
父は不倫の末に15年前に家を出て行き、その後、母も再婚してしまい、今この家に住むのは3人だけ。
ある日、その父の訃報が3人のもとに届く。
父の不倫相手も既に他界しており、今は3人目の結婚相手と山形で暮らしていた。
葬儀に参加した三姉妹は、そこで腹違いの妹すずと出会う。
父が亡くなった今、中学生のすずにとってこの山形で身寄りと呼べるのは血のつながりのない義母だけ。
気丈に振る舞うすずだったが、肩身の狭い思いをしているのははた目にも明らか。
すずの今後を心配した幸は、別れ際に“鎌倉で一緒に暮らさない?”と提案する。
こうして鎌倉へとやって来たすずだったが、最初は自分の母が幸たちの父を奪ったことへの負い目を拭えずにいた。
それでも、異母姉たちと毎日の食卓を囲み、日常を重ねていく中で、少しずつ凝り固まった心が解きほぐされていく。
また、入部した地元のサッカーチームでも仲間に恵まれ、中学生らしい元気さも取り戻していくすずだったが…。


人は、ひとりでは生きていけない・・・


これは…
結構評価が分かれる作品かもしれないうっしっしうっしっしうっしっし

というか、感想が難しい…(汗)


前作の「そして父になる」の時は結構起伏に富んだストーリー展開だったけれど、
今作は、ただ淡々と“日常”を切り取っているというか…
はさみ

とりあえず、誰かにそっと教えたくなるような作品に仕上がっていました♪


ちなみにカンヌ国際映画祭に出品されただが、
あまり評価されなかったようです…下向き矢印
異国の方がこういった内容を理解するのは、ちょっと難しいのかなぁ…。




4姉妹を演じた綾瀬さん、長澤さん、夏帆さん、広瀬さん…
皆さん良い演技をしていたと思います。
中でも広瀬さんの瑞々しい演技が印象に残る
グッド



映画は男とベッドで寝ている佳乃に電話がかかってくるシーンから始まり…上矢印

電話で呼び出された佳乃は急いで自宅へ家


山形で、母と離婚し、再々婚していた父が亡くなり、その葬儀へ佳乃と千佳が行くことに。
駅で出迎えてくれたのは、異母妹のすずだった。
彼女は再婚相手の子供で、再々婚の義母と一緒に葬儀に参列。

仕事で来れないと言っていた幸がやって来て、参列。


葬儀も無事に終わり、幸はすずに、この街で一番好きな場所に連れていって欲しいと告げるスピーカ

そこからの風景はどことなく鎌倉に似ていて…

帰り際に幸は、鎌倉で一緒に暮らさないかとすずに提案ひらめき
佳乃と千佳も賛成。

すずは行くと返答し…

そして、鎌倉にすずがやって来るのだが…。



ここから、四姉妹それぞれの日常風景が鎌倉の四季を通して描かれていく右矢印

長女でしっかり者、看護師の幸…しかし、医師の椎名と不倫中。
椎名の妻は心の病になり、離婚出来ずにいた。

次女の佳乃は男運が全く無く…課長の補佐に出世し、外回りの仕事を。幸とは口喧嘩ばかり。

三女の千佳は自由奔放な性格で、父のことをほとんど覚えておらず。

四女のすずは鎌倉にやって来たものの、言いたいことが言えずに悩む毎日。
自分がここにいることで、他の人が傷ついていると考えるように。



彼女らの心の葛藤が静かに展開していき、
段々と家族として馴染んでいくワケで…
音符


鎌倉の四季折々の風景が素晴らしく…

すずが尾崎の自転車の後ろに乗り、桜並木のトンネルをくぐっていくシーンが印象的
さくら


他に料理も非常に美味しそうで…食事

アジフライに生しらす丼、梅酒にちくわカレーと…

こういった“食事”を通して、家族としての“絆”が徐々に深まって行く感じ
スマイル



あと、すずが地元のサッカーチームに入るんだけど…
広瀬さんのプレー場面が巧過ぎ
ちょき



家を出て行き、北海道で再婚している母の都が祖母の法要をすると言い出してから、物語が動き出す右矢印

久しぶりに家にやって来たと思ったら、家を処分しとうと言い出し、幸と口喧嘩。
都は全ての原因は夫が外に女を作ったからだと言ってしまい…

その言葉を聞いてすずは、さらに悩み…下向き矢印


幸はすずと一緒に料理作り。
その時、すずは自分の母親は良くないことをしたのだと話すスピーカ

幸は幸で家を守ることだけを考え…
佳乃からは、母に良いところを見せたいだけの意地だと言われる始末。



すずから言われたこと、佳乃から言われたこと…を考え…
幸は、海外に行こうと椎名から誘われていたが、断り…トータルケア病棟に異動。



父との思い出の高台へすずを連れて行く幸。
そこから、思いっきり叫ぶ2人。

「お父さんのバカー!」

「お母さんのバカー!」


すずはここに居て良いと幸は話す。



食堂を経営していた二ノ宮さんの葬儀…

すずは山猫亭の主人である福田から、父親のことを訊きたいならこっそり来るように言われる。
福田は店でしらすパンを出していて…その味がすずの父親が作っていたのと一緒だったウィンク



4人は浜辺へと足を運び…
自分が最期を迎える時、何を思い浮かべるかと語り合う。

そして、幸はダメな父親だったけれど、すずを残してくれたことに感謝を。


波が打ち寄せる浜辺を4人が歩いて行き、終了。。



全体を通して、いかにも邦画らしい作品だと思いましたきらきら
優しい心で溢れているような…。



四姉妹が家族になっていく過程を“自然”に描いていて…
それをいつまででも観ていたくなりましたよ。




淡々としていながらも、なぜか飽きない…
観た後の満足感は結構あり。

なかなか余韻が消えなかった
オーケー





TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4812-54636ecd



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-4812.html






最終更新日  2015年06月23日 05時24分28秒
コメント(8) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「ローガン・ラッキー」
・「GODZILLA 怪獣惑星」
・「MASTER マスター」
・「ジグソウ:ソウ・レガシー」
・「氷菓」
・「IT イット “それが”見えたら、終わり。」
・「マイティ・ソー バトルロイヤル」
・「ブレードランナー2049」
・「ミックス。」
・「斉木楠雄のΨ難」
・「バリー・シール アメリカをはめた男」
・「コードギアス 反逆のルルーシュ I 興道」
・「アトミック・ブロンド」
・「ザ・ウォール」
・「猿の惑星:聖戦記」
・「亜人」
・「ドリーム」
・「僕のワンダフル・ライフ」
・「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1」
・「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
・「三度目の殺人」
・「新感染 ファイナル・エクスプレス」
・「関ヶ原」
・「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
・「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
・「メアリと魔女の花」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「MASTER マスター」(11/11) New! >yukarinさん 専門用語が飛び交いますが…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ローガン・ラッキー」(11/18) New! >yukarinさん ホントゆるい感じの作品で…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「MASTER マスター」(11/11) New! 遅ればせながら観てきましたが、観て良か…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「ローガン・ラッキー」(11/18) New! 地方版オーシャンズという感じでしたね。 …
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ローガン・ラッキー」(11/18) New! >kossyさん たしかにストーリーは軽快で…

お気に入りブログ

秋ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

火曜ドラマ『監獄の… New! レベル999さん

明日の約束 第6話 New! MAGI☆さん

ちょっと残念なニュ… New! みやさとver.さん

冷やしあめ『わろて… New! ひじゅにさん

週刊少年ジャンプ201… New! あくびネコさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

週刊少年ジャンプ2… らいち♪♪さん

吉木りさ VS 女… YOSHIYU機さん

グルメな秋なら芸術… mkd5569さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.