11916379 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

X

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2016年05月14日
XML
カテゴリ:映画感想


「世界から猫が消えたなら」を鑑賞してきましたきらきら

川村元気の同名ベストセラーを佐藤健主演で映画化した感動ストーリー。
余命わずかの宣告を受け、やがて悪魔との契約で世界から大切なものを1つ消すことで1日延命できることになった主人公が辿る切ない運命を描く。
共演は宮崎あおい、濱田岳、奥田瑛二、原田美枝子。
監督は長編2作目となる永井聡。


ストーリーは…

母を病気で亡くし、父とは疎遠で、飼い猫のキャベツとふたりぐらしの30歳の郵便配達員。
ある日突然、彼は医者から脳腫瘍で余命幾ばくもないと告げられる。
呆然となる彼の前に悪魔が現われ、世界から何か1つを消せば、命が1日延びると伝える。
最初は時計、次に映画。そうやって彼は悪魔に言われるままに、1日の命と引き換えに次々と世界からものを消していくのだったが…。


自分の命より大切なもの・・・


こういう作品…
かなり好きだわスマイルスマイルスマイル

なんと言葉で表現したら良いのか、難しいけれど…
自分の内面と向き合い、前へと進もうというストーリーに非常に惹かれるというか
右矢印



佐藤さんは繊細な“僕”と軽い“悪魔”とを見事に演じ分けていて、一人二役が印象的。
ツタヤを演じた濱田さんの演技も素晴らしかったです。
あの涙…もらい泣きしちゃいそうだった。




時系列は現在と過去が交差し、ちょっと分かり辛いかもしれないが、
個人的にはその構成がこの作品の魅力だと思う。

物が無くなることで、過去の出来事が回想されていく展開
時計



映画は、僕が自転車のカゴに猫を入れ、坂を上っているシーンから始まり…上矢印
途中、自転車を止め、眼下に広がる街の風景を眺めながら、坂の上に到着。

僕の手紙のモノローグ…スピーカ
もうすぐ死ぬと言い、この手紙はあなた宛てに書いた最初で最後の手紙だと…。



郵便配達員の僕が配達が終わって、友人でレンタル店で働いているツタヤのところに立ち寄り、DVDを借り…
自転車をこいでいると、突然頭痛に襲われ、転倒。

運ばれた病院で傷の手当てを受けたものの、医者から残酷な告知が…失敗
末期の脳腫瘍で、余命いくばくもないと…。
普通、取り乱したりするが、僕は冷静にそれを受け止める。


帰宅すると、テーブルに僕そっくりな人物が座っていて、自分のことを悪魔だと話す。
何か大切な物を消すのと引き換えに、一日の余命を与えると告げる悪魔。

僕はパセリを消して欲しいと頼むが、悪魔は自分が指定するものだけだと!!


悪魔は最初に電話を消そうと言い出す。
最後の電話をかける相手がなかなか見つからない僕。

翌日、電話で呼び出したのは元彼女で、久しぶりの再会。
元彼女とは間違い電話で知り合い、映画の話で盛り上がったことを思い出す。

別れ際、僕は病気のことを話し、帰宅の電車に乗っていると、悪魔が現れ…ついに電話を消し始める。
人々が手に持っているスマホ、公衆電話、携帯ショップが次々と消え…
急いで僕は元彼女のところへ行くが…既に僕のことは忘れられていた。



次に悪魔が指定してきたのは映画で…
僕とツタヤは映画の話を通じて友人となっていた。

ツタヤは毎日のように僕にDVDを貸してくれていて…

僕はツタヤにも病気のことを話し、死ぬ前に観たい作品を貸して欲しいと頼む。
しかし、ツタヤはそれを探すことが出来ない。


悪魔は無情にも映画を消し始め、元彼女が働いている映画館が消え…
僕がツタヤのレンタル店に行くと、店内はどんどん古本へと変わっていき…古本屋に様変わり。
もちろんツタヤは僕に関する記憶が無くなっていた…。



悪魔が出てきて、取り引きを持ちかけてくるので、
一見するとファンタジー要素が強いのかな?と思いきや、
物語が進むにつれて、そして終盤でそれが違っているのだと気付くひらめき

僕が見ているのは本当に悪魔なのか?ってこと。



僕と彼女が行ったアルゼンチンへの旅行…
そこで出会ったのが放浪の旅を続けるトム。

トムは時間に縛られない生き方をしたいと語る。


そんな彼と別れた2人だったが…
直後にトムが交通事故死。


イグアスの滝で叫ぶ彼女。

「生きてやるーーー!」


アルゼンチンのシーンって必要だったのかぁ…と。
ちょっと唐突過ぎたような(苦笑)




列車を待つ僕と彼女の間に会話は無い…
そんな中、時計が消えて行くわからん

悪魔が次に消したのは時計で、父の働くカモメ時計店の看板も消えてしまう。



次に悪魔が指定したのは猫…

僕は幼い頃にレタスと名付けた猫を飼っていた。
母が病気になり、余命が僅かとなる中、レタスは先に逝ってしまう。

布団で寝ている母に聞こえたのは猫の鳴き声…
外を見て見ると、猫が段ボールに入って捨てられていた。
今度はキャベツの段ボールに入っていたので、名前をキャベツに猫



僕と母と父とキャベツで行く最後の家族旅行。
母は僕に、僕が産まれた時に父がありがとうと言ったのだと話す。

母親の存在ってホント大きいね…
もう上映中ウルウルしちゃったし、今、このシーンを思い出しただけでも泣ける
涙ぽろり



僕が目覚めると、キャベツが消えていて、雨の中捜しまわる虫眼鏡
家に戻ると、キャベツがいてくれて…郵便ポストには母からの手紙が入っていた。
元彼女が預かっていたものを送ってくれていたのだったメールする

母の想いを知った僕は、猫は消さないと悪魔に告げる。
世界はかけがえのないもので出来ていると言い、
悪魔は死を受け入れられない自分が見せているのだと…。

僕は悪魔に、“ありがとう”と。



捨て猫のキャベツの真相…
父が母のために連れてきた猫で、僕はそのことを知っていた。



朝…電話、映画、時計関係は元通りに。

目覚めた僕は父宛ての手紙を書き、キャベツをカゴに入れ、自転車をこぐ。
元彼女、ツタヤのところに立ち寄ってから、カモメ時計店の中へ。


母が産まれたばかりの僕を連れて帰宅。
出てきた父は“ありがとう”と言い、終了。。



全体を通して、シーンごとの切り取り方がとても巧いと思った。
回想シーンの入れ方も絶妙で、現在と過去の境をわざと曖昧にしているんですね。
さらには印象的な台詞の数々、印象に残る音楽…素晴らしい。


音楽担当は小林武史氏でした音符
エンドロールの歌も良かった!




そうそう、登場キャラに名前が無いけど、それが全く問題にはならず…不思議だ。





TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5213-3c2c4090



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5213.html






最終更新日  2016年05月15日 16時45分02秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「カポネ」
・「ガンズ・アキンボ」
・「リーサル・ストーム」
・「すばらしき世界」
・「ファーストラヴ」
・「哀愁しんでれら」
・「樹海村」
・「名も無き世界のエンドロール」
・「さんかく窓の外側は夜」
・「ヤクザと家族 The Family」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

「二月の勝者」10巻… New! らいち♪♪さん

SPECサーガ黎明… New! レベル999さん

休日の予定変更と、M… New! あくびネコさん

嘘臭い顔>『おちょ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

【青天を衝け】第3… ショコラ425さん

サード佐藤にすべき… 虎党団塊ジュニアさん

制作中です シュージローさん

「あつまれどうぶつ… mkd5569さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.