11909806 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

X

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2016年06月11日
XML
カテゴリ:映画感想


「64 -ロクヨン- 後編」を鑑賞してきましたきらきら

人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の後編。
警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、さらなるマスコミ対応に追われる広報官・三上が迫る“ロクヨン”捜査の知られざる真相と、現在進行形で展開していく新たな誘拐事件の衝撃の顛末をスリリングに描き出していく。
監督は瀬々敬久。


ストーリーは…

平成14年12月。時効まであと1年と迫った“ロクヨン”の捜査員激励と被害者家族・雨宮の慰問を目的とした警察庁長官の視察が翌日に迫る中、管内で新たな誘拐事件が発生する。
しかも犯人は“ロクヨン”と同じように身代金2000万円をスーツケースに入れ、父親が一人で運転する車で運ぶよう要求する。
事件の性質上、広報室の三上は記者クラブと報道協定を結ぶ必要に迫られるが、肝心の捜査情報はほとんど提供されず、記者たちは一斉に反発、各社が独自に動き出しかねない危険な状況に。
そんな中、一向に情報が出てこないことに自らも業を煮やした三上は、ロクヨン捜査にも関わった刑事部時代の上司・松岡が指揮を執る捜査車両に単身乗り込んでいくのだったが…。


ロクヨン事件、終結――!


いやはや…
ここまで見応えある作品に仕上がっているとは…!!!!!!
前編も面白かったけれど、後編はそのさらに上を行く感じの面白さがありました!
ま、完結に向かっていくから、盛り上がらないはずがないんだけどね。



キャスト陣は前編に引き続き、みんな素晴らしいのひと言ちょき

そして、後編から本格登場した目崎演じる緒形直人さんの演技も凄かった~!!
“あのような表情”はなかなか出来るものじゃないよ。
とても印象に残った。




映画は、土砂降りの中、公衆電話から電話帳を頼りにカッパを着た雨宮が電話をかけるシーンから始まり…上矢印

電話に出たのは三上夫婦で…
夫婦は行方不明の娘からの電話だと思い込んでいた。


察しの良い人はここで展開が読めるかもしれない虫眼鏡

でもって、前編を簡潔に復習してくれます。



ロクヨン事件を模倣した誘拐事件が発生!
三上は誘拐された被害者の名前を聞こうとするが、御倉から拒否されてしまう。

実名が無ければ、報道協定が結べないと考えた三上は、
仮協定を結んでもらい、情報を聞き出すために自ら松岡のもとへ右矢印


トイレで待ち伏せをして、松岡から三上は名前を聞き出す。
被害者の父親は目崎正人。長女が誘拐されていた。



警察庁長官の視察が取り止めになる中、
本来なら捜査一課長が報道発表するのに、捜査二課長の落合が対応することに。
なかなか主だった情報が出て来ないので苛立つ報道陣。



ついに、身代金2000万円を目崎が車で運ぶことになり…
三上は松岡を再び待ち伏せし、トラックにカモフラージュした捜査車両に乗せてもらう車
20分のタイムラグで情報を諏訪に伝え始めるのだが…。



ここから、展開が一気に緊迫感上昇上向き矢印

ただ、ここに至るまでに前編を含め、“伏線”が小出しに出されているので、
やはりそういうことなのねぇ…とウィンク
そういえば、犯人の電話の声も言われてみれば、あの人だったし…みたいな(苦笑)




ロクヨン事件で雨宮が通った店を犯人は次々と指定。

ヘリウムガスで声を変えていた犯人の声がガスが切れて一瞬元の声に戻り…
その声を聞いた三上が幸田の声であることに気付くひらめき


幸田が声を変えて目崎に電話をかけていた。
ガスが切れてしまい、自分の声をだみ声にして指示を出す。


三上は幸田の意趣返しだと松岡に訴えるが…
松岡はこの捜査車両はロクヨン事件の指揮を執っているのだと言い放つスピーカ


どうやら、松岡は目崎がロクヨン事件の犯人であることを知っていた模様。
雨宮と幸田が計画の実行を見守り、目崎を捕まえるために泳がせていたみたいですね。



目崎は美容室裏手にあるドラム缶のところへ行くようにと…
さらに2000万円を燃やすように言われ、実行炎

娘の居場所は一斗缶の下だと言われ、缶の下を見ると、1枚の紙切れが…。
“犯人へ 全ては14年前のままだ。娘は小さな棺入っている。”と書かれていた。


娘が殺されたと思い込んだ目崎だったが、妻から連絡が入り…娘が警察に補導されたことを知る。
紙切れの上部分を破き、飲み込む下向き矢印


喫茶店から見ていた雨宮が外に出てきて…
刑事に連行されていく目崎のもとへ駆け寄ろうとするが、三上が制止。



連行された目崎は自分はあくまで被害者であることを主張し、ロクヨン事件とは関係ないと。
警察も確たる証拠が無いため釈放するしかなく…。

幸田も雨宮も行方不明に。


どうやら、この辺りから映画オリジナルの展開となっているみたいです右矢印



今度は目崎の次女が行方不明となり…
報道陣が周囲にいるため、警察に知らせることも出来ず。



三上が雨宮宅を訪ねると、目崎の次女がいた。
次女は雨宮から渡されたものを持ってきたのだと。

三上は目崎宅に電話をかけ、「小さな棺…」「来い」と。


まさか三上がそういう“制裁”をしちゃうとは~ほえー
かなり驚きの展開になってました(汗)




目崎は家を抜け出し、“小さな棺”と言われたので思い当たる場所へ。
そこは雨宮の娘が発見された場所で、放置された車のトランクを開けようと。

三上がやって来て…目崎を追い詰める右矢印
なぜ雨宮の娘を殺したのか、問い質す。

だが、目崎はそんなのわからないと言うのみ。
怒りの三上は目崎を殴りつけるパンチ


やって来た刑事に連行されていく目崎。
次女は泣き崩れる。

一部始終を記者の秋川に見られていて、翌日の新聞に現職刑事が暴行との記事がえんぴつ
だが、これでロクヨン事件との繋がりも公けに。


幸田が警察署に出頭。
日吉は引きこもっていた部屋から出てくる。


三上は警察を辞めることにし、行方不明の娘を捜すと二渡に話す。



どんど焼きの日…
三上夫婦もその場にやって来て…三上は雨宮を発見。
雨宮は娘との思い出の品を燃やしに来ていた。そして、明日出頭すると告げ、去っていく。

自宅の電話に公衆電話からの着信が…電話

三上夫婦は燃え上がる炎を見つめ、終了。



全体を通して、ちょっと映画オリジナルの部分は微妙な気もするが…
119分の上映時間があっという間で、ホント重厚な作品に仕上がっていたと思うきらきら

微妙だったと語ったけれども…オリジナル部分はそれぞれのキャラの未来を予測させるような終わり方だったのは良かった♪



最後の公衆電話からの着信が娘からであって欲しいな…と思わせる演出も良かった。



とりあえず、前後編一気観したいなぁ…。





TBは下記URLをお使いください。

http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5238-39a56c32



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5238.html






最終更新日  2016年06月19日 13時14分27秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「ガンズ・アキンボ」
・「リーサル・ストーム」
・「すばらしき世界」
・「ファーストラヴ」
・「哀愁しんでれら」
・「樹海村」
・「名も無き世界のエンドロール」
・「さんかく窓の外側は夜」
・「ヤクザと家族 The Family」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

連続テレビ小説『お… New! レベル999さん

「ランウェイで笑っ… New! らいち♪♪さん

週刊少年ジャンプ202… New! あくびネコさん

一人やあれへん>『… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

制作中です シュージローさん

【悲報】田尾氏、ル… 虎党団塊ジュニアさん

【おちょやん】第13… ショコラ425さん

「あつまれどうぶつ… mkd5569さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.