000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2016年11月19日
XML
カテゴリ:映画感想


「聖の青春」を鑑賞してきましたきらきら

難病に苦しみながらもひたすら名人を目指して人生の全てを将棋に捧げ、その将棋に対するひたむきな姿勢と勝利への並々ならぬ執念で棋士仲間のみならず将棋ファンの心にも深く刻まれた異端の天才棋士、村山聖。
そんな彼のわずか29年という短くも壮絶な生涯を、家族や師匠との絆、羽生善治をはじめとするライバルたちとの熱き友情とともに綴った大崎善生の同名ベストセラー・ノンフィクションを松山ケンイチ主演で実写映画化した感動の青春ドラマ。
羽生善治役は東出昌大。ほかに染谷将太、安田顕、竹下景子、リリー・フランキーらが共演。
監督は宇宙兄弟」の森義隆。


ストーリーは…

幼い頃に難病のネフローゼ症候群を患い、入退院を繰り返した村山聖。
入院中に父から勧められた将棋に心奪われ、将棋の最高位・名人の獲得を夢見るようになる。
やがて、後に親子同然の強い絆で結ばれていくことになる師匠・森信雄に弟子入りすると、すぐに頭角を現わし、異例のスピードでプロデビューを果たす。
その後、同世代の天才・羽生善治に強烈なライバル心を燃やす聖は、彼の体調を心配する家族や仲間の反対を押し切り、拠点を大阪から東京へ移し、“打倒、羽生”と“名人獲得”という目標に向かってなりふり構わず突き進むのだったが…。


負けたくない!…それが、全て。


いやぁ…
かなり見入ってしまう作品でした右矢印右矢印右矢印

最初から最後まで一定の緊張感が全く途切れないというか…
緩急つけた展開の仕方が秀逸だったと思いますね
オーケー


ただ、実在の人物を登場させているので、
フィクションではなくノンフィクションで作って欲しかったな…
エンドロール後にテロップ表示されるので、実際の話じゃないの?って驚いてしまった次第
失敗



キャスト陣ではやはり20kg増量した松山さんの演技は上手かったですグッド
そして、羽生善治役の東出さんが今回の作品に限ってはかなり惹き込まれる演技をしてました。

そういえば、畠田理恵さん役は誰だったんだろう?
ちょっと気になった(苦笑)




映画は1994年の大阪、聖がゴミ置き場で倒れているシーンから始まり…上矢印

声をかけてくれた住人の男性の力を借りて、将棋会館へと向かう車

聖は中に入るや、対局へ。



聖の新七段の昇進パーティー。
肝心の本人がなかなかやって来ないので、師匠の森がその場を取り繕っていた。

ようやくやって来た聖だったが、挨拶もろくにせず、師匠をバカにする始末。


ニュースでは羽生善治のことで持ちきり…
そんな羽生との対戦をすることになった聖だったが、敗北下向き矢印

羽生を倒すべく、聖は東京行きを決意。

将棋雑誌編集長の橋口に面倒をみてもらい、部屋を借りる。

さらに将棋に没頭していく聖は荒崎や橘という仲間も増えて行く。
しかし、聖に進行性の膀胱がんが見つかってしまう…。



ストーリーの進行はかなり急ぎ足マラソン
でも、対局シーンは非常に丁寧に演出していました。


対局の一種独特の雰囲気…
ピリッと張りつめた緊張感が観る側にも伝わってきましたよぐー
手をずーっと握っていたわ(苦笑)




ついに羽生に勝った聖は、その晩、彼を飲みに誘うことに。
そこで、なぜ将棋をしているのか問う。

負けたくないからだと答える羽生。
将棋をしている時は深く潜っていて、戻って来れないと不安になると…。

聖は羽生の見ている海を一緒に見たく…
羽生もまた聖となら見られるかもしれないと告げる。


2人が一緒に飲むシーンは印象的でしたきらきら
深く潜る云々言うので「ハチワンダイバー」を思い出しちゃったわ。




膀胱がんの進行が進み…
聖は一度大阪へと帰ることに。

師匠の森や負けて将棋会館を退館することになった江川と飲み明かすワイングラス
自分にはもう時間が無いと聖。


手術は全身麻酔をするため、脳が鈍るとかで拒否。
麻酔無しで手術をすると言い出す始末。

A級から陥落した聖は手術をすることになり、休養へ。



羽生との対局に再び挑むこととなり…
医師の反対を押し切って、看護師同伴で会場に到着。

聖が羽生を追い詰めたが、落手を指してしまい、敗北。


この最後の対局は見応えあり!
聖が落手を差してしまったのに気付いた羽生が涙を流すんだけど…
東出さんの表情が上手い!!!
もちろん松山さんのなんの言葉も出て来ないような表情も実に上手い!!!




入院を余儀なくされた聖は、息を引き取る下向き矢印

羽生との対局後、B級戦を全勝で勝ち抜き、A級に上がるところだった…。



村山聖追悼号を仕上げる橋口。
編集社に就職した江川は出来上がった原稿を印刷所に届けるように頼まれ、
自転車で向かうことに自転車

ふと後ろを振り返ると、そこには誰もいない…。


聖が将棋会館を見上げているシーンを映し、終了。。


村山聖のことがテロップで追加説明。
亡くなった後、九段が追贈されたんですね…。




全体を通して、将棋のルールが全く解っていなくても楽しめる作品になっていましたウィンク
村山聖という人物をこの作品を通して知ることが出来ます。
羽生さんとほぼ互角の勝負をしていたんですな。



人は誰もが最後は死ぬんだけど…
そこに至るまで人生を輝かせることが出来るかどうか…

今作を観ると、ふと、そんなことを考えてしまうような。。




そうそう、エンドロールに流れる秦さんの曲がとても良いので、余韻に浸ることが出来ました音符





TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5420-22f4e519



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5420.html






最終更新日  2016年11月19日 16時06分36秒
コメント(2) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「ローガン・ラッキー」
・「GODZILLA 怪獣惑星」
・「MASTER マスター」
・「ジグソウ:ソウ・レガシー」
・「氷菓」
・「IT イット “それが”見えたら、終わり。」
・「マイティ・ソー バトルロイヤル」
・「ブレードランナー2049」
・「ミックス。」
・「斉木楠雄のΨ難」
・「バリー・シール アメリカをはめた男」
・「コードギアス 反逆のルルーシュ I 興道」
・「アトミック・ブロンド」
・「ザ・ウォール」
・「猿の惑星:聖戦記」
・「亜人」
・「ドリーム」
・「僕のワンダフル・ライフ」
・「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1」
・「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
・「三度目の殺人」
・「新感染 ファイナル・エクスプレス」
・「関ヶ原」
・「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
・「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
・「メアリと魔女の花」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「GODZILLA 怪獣惑星」(11/17) >源之助さん 私は3部作というのを直前に…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「GODZILLA 怪獣惑星」(11/17) おはようございます。 期待しつつもどうな…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「GODZILLA 怪獣惑星」(11/17) >kossyさん 私も三部作としったのは鑑賞…
 kossy@ Re:劇場鑑賞「GODZILLA 怪獣惑星」(11/17) 三部作だとは知らずに観てきました! 独特…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ジグソウ:ソウ・レガシー」(11/10) >yukarinさん 唯一、1作目だけDVDを…

お気に入りブログ

19年春NHK朝ドラ『夏… New! ショコラ425さん

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

『監獄のお姫さま』… New! くう☆☆さん

吉木りさ VS 女… New! YOSHIYU機さん

民衆の敵~世の中、… New! レベル999さん

週刊少年ジャンプ201… New! みやさとver.さん

週刊少年ジャンプ201… New! あくびネコさん

笑売の道>『わろて… New! ひじゅにさん

陸王 第5話 MAGI☆さん

グルメな秋なら芸術… mkd5569さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.