8547254 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2017年03月18日
XML
カテゴリ:映画感想


「3月のライオン 前編」を鑑賞してきましたきらきら

人気漫画家・羽海野チカが将棋という厳しい勝負の世界に身を置く若き天才プロ棋士を主人公に描く大ヒットコミックスを大友啓史監督が前後編で実写映画化した青春ドラマ。本作はその前編。
幼くして実の家族を失い、孤独の中で史上5人目の中学生プロ棋士となった主人公・桐山零が将棋に全身全霊で立ち向かっていく姿と、偶然の出会いから始まった下町の三姉妹家族との温かな交流の行方を綴る。
主演は神木隆之介、共演に有村架純、倉科カナ、清原果耶、染谷将太、佐々木蔵之介。


ストーリーは…

東京の下町でひとり暮らしをしている17歳の青年、桐山零。
9歳の時に交通事故で家族を失い、父の友人である将棋のプロ棋士、幸田柾近に引き取られた彼は、将棋しか生きるすべはないと強い覚悟で勉強を重ね、史上5人目の中学生棋士としてプロデビューを果たす。
しかし一緒にプロを目指していた幸田の実の娘・香子は、実力の世界の厳しい現実を突きつけられ、親子の関係にも暗い影を落としてしまう。
責任を感じた零は幸田家を出て、下町にアパートを借り、1年遅れで高校にも通い始める。
そんなある日、具合が悪くなって道端に倒れていた零は、近くに住む川本あかりに助けられ、彼女の自宅で介抱される。
以来、面倒見のいい長女あかり、がんばり屋の次女ひなた、天真爛漫な末っ子モモという明るい川本三姉妹との思いがけない交流が始まる零だったが…。


前へ、進むしかないーー!


いやぁ…
非常に濃密な作品でしたぐーぐーぐー

とりあえず、将棋のことが全く分からなくても問題無し。
ま、分かっていた方がもっと楽しめるんだろうけどね(苦笑)



一番見るべきところはキャスト陣の熱演でしょうか。

主人公の桐山零を演じた神木さん…素晴らしかった!
零の心理状態を巧みに演じ分けていたと思います。

注目は半端ない悪女っぷりを披露した有村さん。
めちゃくちゃ憎たらしかったわほえー
でもさ…香子も自分の弱さを人のせいにしちゃダメだよね。




映画は、零の両親と妹の葬儀シーンから始まり…上矢印

交通事故により、3人を失った零。
火葬される直前にその場から離れようとした零の前に幸田がやって来る。

「君は…将棋、好きか?」

零は頷く。



とある寺では宗谷名人と後藤による名人戦が行われていた。
後藤は敗北。

一方、零は師子王戦の対局で勝利。



幸田の家を出て、一人暮らしをしている零は将棋会館へと赴き…
獅子王戦で対戦相手で義理の父の幸田を打ち負かす右矢印

その夜、松本や三角に誘われ、スナックへ。
零はお酒を口にしてしまい、酔い潰れ…下向き矢印
通りかかったあかりによって川本家まで連れて行かれ、介抱してもらう。

翌朝、川本家で目覚めた零は何が何だか分からないまま鍵まで預かってしまい、学校に学校
学校には将棋のライバルである二階堂がやって来て、拡声器を使って零を呼び出す始末。


お金持ちの二階堂は零に引っ越し祝いを持ってきたが、
鍵を返し忘れた零は慌てて川本家へマラソン
そのまま夕飯までご馳走になる食事

それから零は川本家に食事に呼ばれたりと親交を深めていくスマイル



ある日、義理の姉である香子が零を訪ねてきて…
香子は妻がいる後藤と不倫関係にあり、零はやめるように告げるスピーカ

幼い頃、零は幸田の家で香子や弟と将棋の腕を磨いていた。
最初は全く勝てなかったが、徐々に2人を打ち負かすように。

結果、幸田は2人に、零に勝てないのなら将棋の道を進むのをやめるようにと言い…
怒りの香子は家を出て行くと言い放つ始末。

零がそれを引き止め、自分が家を出て行くと。



年が明けて川本家の面々と初詣に行く零は、そこで香子と後藤に遭遇。
後藤に詰め寄る零は殴られてしまい…
獅子王戦で後藤に勝つことが出来たら、香子に家へ戻るようにと話す。


零は後藤の棋譜を読みまくり、彼の強さを痛感。
しかし、獅子王戦で零の前に島田が立ちはだかるのだった…。



ストーリーはテンポ良く進んでいくのかで、全く飽きさせない。

幼い零が幸田の家に入ってからは、非常にシリアスな展開でしたねぇ…。
零を打ち負かした時の香子の表情が憎々しいぷー

反対に零に負けるようになった香子にちょっとざまぁ!と思ってしまいました(笑)



対照的に零と川本家の交流はとても微笑ましく~音符
温かい家族っていいな。




そういえば、後藤って寝たきりの妻がいるようで…
しっかりと面倒を看ているのに、なぜ香子と?
香子も香子でそのことをもちろん知っているんだよね?
なのになぜ後藤と?
2人の“気持ち”が良く解らず。




後藤にばかり目が行っていた零は目の前の島田に敗北下向き矢印
己の未熟さを知ることに。


島田は決勝戦で宗谷名人と対戦炎

生の対局を見るために急ぐ零。
駆けつけた時には島田が敗北した後で…
零は島田に、研究会に入れて欲しいと頼む。



新人戦で零との対戦を楽しみにしていた二階堂が、4年連続で新人王に輝いている山崎に敗北。
対局途中で倒れ、二階堂は入院病院


新人戦の決勝戦は零と山崎の対戦となり…

二階堂と山崎の対局の棋譜を見た零は、
山崎が二階堂が病で倒れるように仕向けていたのだと解析。

怒りのあまり勇み足をしてしまい…

そんな時、二階堂に言っていたことを思い出した零は落ち着き、
自分の将棋を指し始めるグッド

そして、零が勝利!!



獅子王戦は島田と宗谷名人の対戦…
零は柳原と解説をすることに。

後藤が解説を見つめる中、島田は劣勢に立たされていく。

解説を見ていた観客が帰り始め…
零はまだ島田の将棋は生きていると言い、逆転出来る一手を指し、会場へマラソン

会場では、島田が負けており…零は声をかけられず。
去っていく宗谷名人を見つめ、終了。。


エンドロール後に後編の予告編あり。
みんな泣いてましたが…気になる!!!




全体を通して、将棋シーンは息が苦しいくらいの緊迫感がありましたぐー
アクション映画ではないのに、アクションシーンを見ているかのよう…(大袈裟?)



後編は零が宗谷名人と対戦するんだよね?
宗谷を崩すことが出来るのか、楽しみ~ウィンク

あと、川本家の方でも問題勃発のようで…
あかりたちの父親が帰ってくるみたいだねぇ。

4月22日公開が楽しみ。






TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5511-69236cd9



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5511.html






最終更新日  2017年04月02日 20時04分08秒
コメント(2) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「3月のライオン 後編」
・「美女と野獣」
・「グレートウォール」
・「ゴースト・イン・ザ・シェル」
・「ハードコア」
・「レゴ(R) バットマン ザ・ムービー」
・「キングコング:髑髏島の巨神」
・「パッセンジャー」
・「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」
・「3月のライオン 前編」
・「モアナと伝説の海」
・「アサシン クリード」
・「ラ・ラ・ランド」
・「ナイスガイズ!」
・「劇場版ソードアート・オンライン」
・「相棒 -劇場版IV-」
・「沈黙 -サイレンス-」
・「この世界の片隅に」
・「君の名は。」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「3月のライオン 後編」(04/22) New! >kisaさん いろいろと詰め込み過ぎのよう…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「3月のライオン 後編」(04/22) New! 面白かったです。 大友監督の演出も相変わ…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「グレートウォール」(04/14) >yukarinさん 「キングコング」にも出演…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「グレートウォール」(04/14) こんばんは。 ジン・ティエンがキリっとし…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「グレートウォール」(04/14) >efuefuさん 中国に買収されたレジェンダ…

お気に入りブログ

貴族探偵 第2話 New! レベル999さん

WJ2017年21・22合併… New! みやさとver.さん

週刊少年ジャンプ201… New! あくびネコさん

【ひよっこ】第19話(… New! ショコラ425さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

旅立ちのとき>『ひ… New! ひじゅにさん

「DAYS」21巻ざっく… らいち♪♪さん

キラキラ☆プリキュア… MAGI☆さん

セ界一安心安全 YOSHIYU機さん

ゴールデンウィーク… mkd5569さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.