8848845 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2017年05月12日
XML
カテゴリ:映画感想


「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」を鑑賞してきましたきらきら
吹き替え版。

銀河のはみ出し者たちで結成されたマーベルの異色ヒーロー・チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の活躍を描き空前の大ヒットを記録したスペース・アクション・アドベンチャー大作の第2弾。
再び銀河の危機に立ち向かうガーディアンズの運命を、リーダー、ピーター・クイルの出生の秘密ともに描き出していく。
キャストにはクリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、マイケル・ルーカーと声の出演のヴィン・ディーゼル、ブラッドリー・クーパーら前作の主要メンバーに加え、
新たにカート・ラッセル、エリザベス・デビッキ、ポム・クレメンティエフ、シルヴェスター・スタローンらが参戦。
監督は引き続きジェームズ・ガン。


ストーリーは…

幼いときに宇宙海賊ラヴェジャーズ率いるヨンドゥによって地球から誘拐され、彼のもとで育ったスター・ロードことピーター・クイル。
ひょんなことから、たまたま出会ったはみ出し者たちと手を組み、思いがけず宇宙の危機を救ってしまう。
こうして結成された負け組ヒーロー・チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”は家族のような強い絆で結ばれ、今や銀河中にその名を轟かせていた。
ある日、黄金の惑星ソヴリンの指導者アイーシャの依頼を受けるガーディアンズだったが、毒舌アライグマ“ロケット”の軽はずみな行動で逆に彼女の怒りを買い、無敵艦隊の総攻撃を受けてピーターの宇宙船ミラノ号は致命的な深手を負ってしまう。
そんなガーディアンズの危機を救ったのは、“ピーターの父親”と名乗る男エゴだった。
やがてガモーラたち仲間の心配をよそに、すっかりエゴに心を許してしまうピーターだったが…。


“今度”も全宇宙を、守るーー!


やっぱり…
このノリ、好きだわ~スマイルスマイルスマイル

笑いの要素満載で、特に下ネタ系が笑えるはず。
思わずクスっと笑ってしまうようなシーンが多々あり。
シリアスと笑いのバランスが絶妙なのもこのシリーズの特徴ですよね
オーケー


キャスト陣は前作と同じなので、みんな張り切っていた印象。
新キャラであるエゴを演じたカート・ラッセルもかなり頑張っていましたぐー
あと、中盤と終盤に一切情報の出ていなかった俳優が出演していますよ。
こちらは第3弾への布石でしょうか。




映画は1980年のミズーリ州、男女のカップルが音楽を聴きながらドライブを楽しむシーンから始まり…上矢印

男性は宇宙人で地球人の女性に恋をしていた。
地球に植えた植物を恋人に見せる男。



34年後…

ソヴリンで異次元を渡ってくる化け物と対峙するガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々。
化け物の狙いはアニュラックスバッテリーで…

ピーターたちが食い止めている間、ベビー・グルートは音楽に合わせて踊っている始末音符

踊るベビー・グルートが可愛い~目がハート


どうにか化け物を倒し、ソヴリンの指導者アイーシャから報酬として、
バッテリーを盗み出そうとして捕まった、ガモーラの義妹ネビュラを引き取る。

ソヴリンから去ろうとした矢先、ロケットがバッテリーを盗み出しただめ、追われるミラノ号右矢印
敵が振り切れず、大ピンチだったが…
間一髪のところで、何者かに救われ、ミラノ号は惑星ベアハートに不時着下向き矢印

ピーターとロケットは仲違いをしてしまうはさみ


不時着したところに、ピンチだったのを助けてくれた宇宙船が着陸。
中から出てきたのはピーターの父親のエゴと付き添いのマンティス。

エゴを父親だと認められないピーター。
ガモーラとドラックスとともにエゴの惑星へ向かうことに上向き矢印



残ったロケット、ベビー・グルート、ネビュラ。
そんな3人にアイーシャから依頼を受けたヨンドゥ率いるラヴェジャーズが襲撃!!

トラップを仕掛け、次々に敵を排除するロケットだったが、
ヨンドゥの矢を前に降参。

しかし、クイルに甘いヨンドゥに部下が反発!!
さらには背後から現れたネビュラがヨンドゥとロケットを気絶させる。


捕らわれの身となったヨンドゥとロケット。
ヨンドゥに与したメンバーは宇宙空間に放り出され、殺されていくショック

ネビュラはクラグリンから宇宙船を借り、ガモーラのいるエゴの惑星へと向かう右矢印


監禁されているヨンドゥとロケットは自由の身になっているベビ・グルートに頼み…
ヨンドゥのフィンを取ってくるように告げる。

なかなかフィンが取ってこられないベビー・グルートだったが、
テイザーフェイスらに賛同出来ないクラグリンの協力を得て、ヨンドゥへフィンが渡る。

矢を口笛で自在に操り、敵を排除しているヨンドゥ。
ロケットは銃器で倒していく。
そして、宇宙船から小型宇宙船を切り離し、離脱。

ヨンドゥの無双っぷりが最高でしたちょき
口笛で操る矢、無敵過ぎる!!!




その頃、エゴの惑星へ辿り着いたピーターたちは、
エゴからこの惑星の成り立ちを知ることに。

エゴは天界人と呼ばれる宇宙人で、惑星そのものでもあり…
息子であるピーターにもその力が宿っていて、父子でキャッチボールを野球ボール

ガモーラは嫌な予感しかしないと言い、ピーターと口喧嘩をしてしまい…
外で考えを巡らせていると、そこに宇宙船に乗ったネビュラが突っ込んでくるのだった…。



今回は親子愛や姉妹愛、“家族”の絆がテーマでしょうかきらきら
特に親子愛は丁寧に描かれていたと思います。

実の父か、育ての父か…
かなりピーターにスポットが当たっていますひらめき

ガモーラとネビュラのこじれた関係もきちんと描きつつ…
ネビュラが欲しかったものとは一体?

あと、ロケットとヨンドゥが似た者同士だということも判明。

そうそう、ドラックスの勘違い発言が一番面白いかなぁ…
スマイル



ネビュラと対峙し、爆発寸前の宇宙船から救い出すガモーラ。
互いの気持ちをぶつけ、和解グッド

2人は洞窟で大量の骨を発見し…
ガモーラはマンティスを問い詰めるスピーカ


宇宙のたくさんの種族と子をなしていたエゴから自分の遺伝子を引き継げたのはピーターのみだと告げられたピーター。
そして、エゴは宇宙をひとつにしようと、惑星を崩壊させる植物を植え付けていた下向き矢印

母に腫瘍を植え付けたと話すエゴにピーターは怒りぷー
だが、惑星に取り込まれそうになり、母から貰ったウォークマンを破壊されてしまう。


マンティスから話を聞いたガモーラたちが駆けつけ、エゴと対峙炎
さらに、ヨンドゥとロケット、ベビー・グルートも到着!
さらにさらにアイーシャ率いるソヴリンの大軍も現れ、大混戦炎

ソヴリンの軍はロケットにより全て撃破ちょき


エゴの核を破壊すべく、ロケットはベビー・グルートに時限爆弾を託す。


押されるピーターは、自身も惑星の力を使えることに気付き、エゴに立ち向かう上向き矢印

ピーターがまるでスーパーマン状態に~パンチ



ドラックスとマンティス、ガモーラとネビュラは待機していたクラグリンが操縦する宇宙船に乗り込み…

核が爆発し、エゴは消え、惑星が消滅を始める…

ロケットは飛行ユニットと宇宙服を1個ずつヨンドゥに託し、宇宙船に乗り込み…
ピーターを救出しに向かうガモーラを気絶させる。



ヨンドゥは飛行ユニットでピーターを助け、宇宙空間に出る前に宇宙服を着せ…
自身は宇宙空間でピーターの目の前で死んでいく涙ぽろり

泣ける~涙ぽろり



クラグリンから、ヨンドゥがピーターにプレゼントするために買っていたという音楽プレイヤーを受け取るピーター。
ピーターは修復されたヨンドゥの矢をクラグリンに渡す。


ヨンドゥの遺体を送り出すこととなり…

ガモーラは去っていくネビュラを抱き締めるぐー


遺体は焼かれ、輝く遺灰は宇宙空間に。
ヨンドゥを見送るのは駆けつけたたくさんのラヴェジャーズの宇宙船。

そんな様子を見つめ、ロケットが涙を流し、終了。。



THE GUARDIANS OF THE GALAXY WILL RETURN.



おまけ映像は5つ。

クラグリンが口笛で矢を操ろうとするも、上手くいかず。
ドラックスに刺さってしまい、逃げる歩く人


ヨンドゥを見送る時に久々に集まったスタカーやアリータたち。
再びこのメンバーで行動する模様。
ちなみにスタカーはシルベスター・スタローン、アリータはミシェル・ヨーが演じている。


敗北を喫したソヴリンのアイーシャ。
新たな誕生ポッドを開発し、“アダム”の誕生へ。


成長したグルートはゲーム三昧。
伸びた枝を切るピーターは怒り。


とある惑星で宇宙人を話す宇宙飛行士。
宇宙人たちが去って行き、一人ぼっちに。
この宇宙飛行士役はスタン・リー。




全体を通して、笑いあり、涙ありの展開で最高に面白いエンターテインメント作品に仕上がっていると思いますオーケー
VFXも良く描き込まれていて、アクションシーンも見応えたっぷり!

とりあえず、前作は必ず観ておいた方が良い。



第3弾は3年後かぁ…
その前に来年公開の「アベンジャーズ インフィンイティ・ウォー」に参戦ですね。
総勢67名のヒーローが登場するらしいので、楽しみ楽しみ♪






TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5555-bd483cb2



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5555.html






最終更新日  2017年05月22日 13時14分57秒
コメント(6) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「ローガン・ラッキー」
・「GODZILLA 怪獣惑星」
・「MASTER マスター」
・「ジグソウ:ソウ・レガシー」
・「氷菓」
・「IT イット “それが”見えたら、終わり。」
・「マイティ・ソー バトルロイヤル」
・「ブレードランナー2049」
・「ミックス。」
・「斉木楠雄のΨ難」
・「バリー・シール アメリカをはめた男」
・「コードギアス 反逆のルルーシュ I 興道」
・「アトミック・ブロンド」
・「ザ・ウォール」
・「猿の惑星:聖戦記」
・「亜人」
・「ドリーム」
・「僕のワンダフル・ライフ」
・「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1」
・「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
・「三度目の殺人」
・「新感染 ファイナル・エクスプレス」
・「関ヶ原」
・「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
・「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
・「メアリと魔女の花」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ローガン・ラッキー」(11/18) New! >kossyさん たしかにストーリーは軽快で…
 kossy@ Re:劇場鑑賞「ローガン・ラッキー」(11/18) New! ストーリーは軽快、 会話はゆるい。 クス…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「GODZILLA 怪獣惑星」(11/17) >源之助さん 私は3部作というのを直前に…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「GODZILLA 怪獣惑星」(11/17) おはようございます。 期待しつつもどうな…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「GODZILLA 怪獣惑星」(11/17) >kossyさん 私も三部作としったのは鑑賞…

お気に入りブログ

コートダジュールN… New! レベル999さん

19年春NHK朝ドラ『夏… New! ショコラ425さん

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

『監獄のお姫さま』… New! くう☆☆さん

吉木りさ VS 女… New! YOSHIYU機さん

週刊少年ジャンプ201… New! みやさとver.さん

週刊少年ジャンプ201… New! あくびネコさん

笑売の道>『わろて… New! ひじゅにさん

陸王 第5話 MAGI☆さん

グルメな秋なら芸術… mkd5569さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.