000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2017年05月13日
XML
カテゴリ:映画感想


「スプリット」を鑑賞してきましたきらきら

M・ナイト・シャマラン監督がジェームズ・マカヴォイを主演に迎えて贈るサスペンス・スリラー。
23人もの人格を持つ多重人格の男に誘拐監禁された3人の女子高生を待ち受ける戦慄の恐怖と驚きの顛末をスリリングに描き出す。
共演はアニャ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー。


ストーリーは…

ケイシー、クレア、マルシアの女子高生3人は、友だちの誕生パーティの帰り道に見ず知らずの男に拉致監禁されてしまう。
やがて鍵の掛かった薄暗い密室に閉じ込められていた3人の前に、誘拐犯が女性の格好で現われる。
その後も潔癖症の青年や9歳の無邪気な少年など、現われるたびに格好ばかりか性格まで変ってしまう誘拐犯。
なんと、男には23もの人格が宿っていた。
そしてさらに“ビースト”と呼ばれるもっとも恐るべき24番目の人格も潜んでいたのだったが…。


“不純”を、喰う者ーー!


普通に…
面白かったと思いますスマイルスマイルスマイル

シャマラン監督は前作の「ヴィジット」で完全復活を果たし、
今作もその手腕を如何なく発揮していましたオーケー

日本公開前に「GLASS」の製作発表をしてしまい、
いろいろと叩かれてはいるけれど…

今作での“その部分”ってそんなに重要だったかなぁ…。
別にネタバレ禁止でもなんでもないような気もする。




そういえば、どうしてもこの手の作品って、
三上博史さんの「あなただけ見えない」を思い出しちゃうわ。
あのドラマも女性の人格が登場してましたね。




キャスト陣では多重人格者を演じるジェームズ・マカヴォイの怪演っぷりが半端ない。
出てくる人格はそんなに多くはないものの、その全てがホント別人のようで…
ほえー



映画は、クレアの誕生日会が終わり、ケイシーがマルシアとともにクレアの父に車で送ってもらおうとするシーンから始まり…上矢印

トランクに荷物を仕舞う父親に近付いてくる人物…

男は運転席に座り、後部座席にいるクレアとマルシアにスプレーを吹き付け眠らせる。
助手席にいたケイシーは逃げ出そうとするも、同じくスプレーを吹き付けられ…下向き矢印


3人が目覚めると、鍵のかけられた部屋に監禁されていた。
誘拐犯の男が部屋に入って来て、マルシアを連れて行こうと…。

ケイシーは咄嗟におしっこをするようにマルシアに進言スピーカ

連れて行かれたマルシアは実行に移し…
男は怒りながらマルシアを再び部屋に連れてくる。


男はDr.カレンのところで心理カウンセリングを受けていた。
やって来たのは服飾デザインに興味のあるバリーという人格。


ケイシーたちは脱出の方法を考えていたが、
女性の声が部屋の外から聞こえ、助けを呼ぶスピーカ

部屋に入ってきたのは女性の服を着た誘拐犯でパトリシアという人格。
彼女は3人に特別な役があると告げ、ドアを閉める。


次に現れたのはヘドウィグという9歳の男の子の人格。
ケイシーはヘドウィグと話し、騙すことに。



潔癖症のデニスという人格の話から、天井にある通気口と見つけるクレア。
逃げ出したものの、捕まってしまい、別の部屋に監禁されてしまう。


パトリシアに食事に誘われるケイシーとマルシア。
隙を突いてマルシアがパトリシアを背後から椅子で殴り、逃げ出そうとするも失敗し、
クレアとは別の部屋に監禁される。


ケイシーは一人きりになり、ベッドで寝ているとヘドウィグがやって来て…
彼は自分の部屋に窓があると言い、ケイシーは一縷の望みをかけて、部屋に連れていって欲しいと懇願。



バリーはDr.カレンのカウンセリングへ。
だが、カレンは今いる人格はバリーではなくデニスではないかと疑う。

そして、デニスの話す24番目の人格である“ビースト”のことはファンタジーだと告げるカレン。



ケイシーはヘドウィグの部屋に行き、窓ではなく窓の絵が飾られているのにショックを受ける、
助けを請うケイシーにヘドウィグはデニスから盗んだという無線機を渡す。

無線機で助けを呼ぶケイシーだったが、相手にしてもらえない。
デニスの人格が出てきて、ケイシーは再び部屋に閉じ込められる。
しかし、落ちていた釘を拾い、隠す上向き矢印



カレンはバリーからすぐに来て欲しいとのメールを受け取り、すぐさま向かうことに。
応対したのはデニスで…
彼のビーストの話を信じたフリをし、帰ろうと。

トイレを借りようとして、鍵のかかった部屋を開け、クレアを発見。
カレンはデニスに犯罪だと言い放つが、スプレーを吹き付けられ、昏倒。


そして、デニスはビーストを迎えるために出かけていくのだった…。



とりあえず、ストーリーを簡単に書きましたが…
ここに至るまで結構“いろいろ”ありますひらめき

人格が他の人格に成り済ましたりと、なかなか面白く…グッド

ただ、23人全ての人格が出て来ないのはちょっと残念だったけど…
しょんぼり


登場する主要人格を簡潔に紹介。

本当の人格はケビンという名前。
母親から虐待を受け、次々に人格を生み出していった模様。


カレンにメールを送るバリーは“照明”を奪われ、出て来られなくなってしまった。
バリーに成り済ましてメールを送った人格あり?


主人格のケビンを虐待から守るために生まれた潔癖症のデニスはビーストを迎え入れる準備を。
パトリシアもデニスに同調。
ヘドウィグもデニスに同調。

ビーストという人格は肉体にも変化をもたらす。
それは人類の進化なのか?


そうそう、随所随所にケイシーの回想シーンが織り込まれ…
父親から鹿狩りを教わっていた。
叔父からは性的虐待を受けていた?

父が心臓発作で亡くなり、叔父がケイシーの面倒を。


あと、カレン曰く、ケビンの本名を言うと、人格たちに混乱をきたしてしまうことになる…。




地下鉄の車輌でビーストに変化。
自分の家に急いで戻るマラソン

真偽不明だが、花束をホームに置いていたのは、
どうやら「アンブレイカブル」の列車事故でケビンの父親が死んだからっぽい。



カレンは意識が朦朧とする中、メモを残すが…えんぴつ
やって来たビーストにより、身体を折られ、死亡。


釘を使い、部屋から脱出したケイシー。
パソコンに残された動画を見て、驚愕!
23人格分の映像があった。

鍵束を見つけ、その部屋から出ると…
マルシアは腹を喰われて死亡しており、クレアは食べられている最中だった。

カレンの遺したメモを見つけ、ケビンの本名を叫ぶスピーカ

「ケビン・ウェンデル・クラム」


ビーストからケビンに戻り…
ケビンは2014年から外に出ていなかったことが判明!
カレンの遺体を見て状況を把握したケビンはケイシーに、銃で自分を殺すようにと!!

次々にケビンの人格が入れ替わり…

ケイシーは銃を手にし、ロッカーで銃弾を入手。


追ってきたビーストに足を噛まれ、どうにか檻の中に逃げ込む右矢印

銃弾を2発浴びせるが、ビーストは死なず。
鉄格子を力で拡げ始め…

だが、ビーストはケイシーの身体についていた古傷を見て、
心が汚れていないと言い残し、去っていく。

精神的に傷ついた人は純粋だと言うことらしい。

あと、ケイシーが服を何枚も重ねて着ていたのは、傷を隠すためだったんだね。




施設の職員の男性に助け出されたケイシーが外に出ると、そこが動物園だったことを知る。


逃げたビースト。
人格はデニス、パトリシア、ヘドウィグに入れ替わり…
自分たちの力を世の中に見せつけようと考えていた。


ケイシーは手当てを受け、女性警官は家族と連絡が取れたと言い、それが叔父だと。
女性警官をじっと見つめるケイシーに決意の表情が浮かんでいた。



ダイナーで誘拐事件のニュースを見る客たち。
15年前くらいにも同じような殺人鬼がいたはずだと。

座っていたひとりの男性が、それは“ミスター・ガラス”だと告げる。
左胸にダンという名前が入っていて、終了。。


「アンブレイカブル」と同じ世界での出来事だったということでした~うっしっし



エンドロール後に急告あり。

「スプリット」
「アンブレイカブル」
二つの世界が激突する。

「GLASS(原題)」
2019年公開予定。




全体を通して、多重人格者の恐怖を余すことなく描いていたと思いますスマイル

不純な者を聖なる食料として喰うって、怖過ぎですわ(汗)
あと10~12人食べるって言っていたような…。



ともあれ、シャマラン・ユニバースに期待ですね!
「GLASS」ではダンとビーストが戦うことになりそう…
さらにはミスター・ガラスも登場するみたい。






TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5556-f8e1c357



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5556.html






最終更新日  2017年05月16日 05時53分45秒
コメント(6) | コメントを書く

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「メッセージ」
・「スプリット」
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」
・「無限の住人」
・「ワイルド・スピード ICE BREAK」
・「バーニング・オーシャン」
・「3月のライオン 後編」
・「美女と野獣」
・「グレートウォール」
・「ゴースト・イン・ザ・シェル」
・「ハードコア」
・「キングコング:髑髏島の巨神」
・「パッセンジャー」
・「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」
・「3月のライオン 前編」
・「ラ・ラ・ランド」
・「劇場版ソードアート・オンライン」
・「沈黙 -サイレンス-」
・「この世界の片隅に」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「スプリット」(05/13) >yukarinさん マカヴォイの演技は素晴ら…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「スプリット」(05/13) マカヴォイさんの怪演は素晴らしかったで…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「メッセージ」(05/19) >にゃむばななさん 派手なアクションがあ…
 にゃむばなな@ Re:劇場鑑賞「メッセージ」(05/19) 私は皆さんほど楽しめなかったクチですが…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「エンド・オブ・キングダム」(05/28) >yukarinさん ほんとノンストップアクシ…

お気に入りブログ

大河ドラマ『おんな… New! レベル999さん

今朝の特撮&アニメ… New! あくびネコさん

人気の新刊本 逃げ… New! あーさん9さん

コリラックマを食べる New! ひじゅにさん

ユーリ!!! on ICE 3… New! らいち♪♪さん

『リバース』第7話 … くう☆☆さん

リバース 第7話 MAGI☆さん

ネタバレ【ひよっこ… ショコラ425さん

2017 株主総会 ドト… mkd5569さん

週刊少年ジャンプ 2… みやさとver.さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.