8799274 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2017年06月24日
XML
カテゴリ:映画感想


「ハクソー・リッジ」を鑑賞してきましたきらきら

メル・ギブソン監督が、激烈を極めた沖縄戦の知られざる実話を映画化した衝撃の戦争ドラマ。
武器を持つことを拒否しながらも、地獄の戦場で75人もの命を救い、終戦後、良心的兵役拒否者としてはアメリカ史上初めての名誉勲章を授与された実在の衛生兵デズモンド・ドスの不屈の人生を、臨場感あふれる迫力の戦闘シーンとともに描き出す。
主演はアンドリュー・ガーフィールド、共演にサム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング。


ストーリーは…

アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドスは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ちるも、激化する第2次世界大戦に心を痛め、衛生兵になるべく陸軍に志願する。
しかし基地での訓練で銃に触れることを拒絶し、上官や他の兵士たちから執拗ないやがらせを受けるようになる。
それでも決して信念を曲げないデズモンド。とうとう軍法会議にかけられてしまうが、ついには彼の主張が認められ、晴れて衛生兵として戦場に立つことを許可される。
こうして日本軍との激戦の地、沖縄の前田高地、通称ハクソー・リッジ(のこぎり崖)へと赴くデズモンドだったが…。


自分の“任務”を、全うする――!


これまた…
素晴らしい戦争映画の誕生ですね上向き矢印上向き矢印上向き矢印

メル・ギブソンは監督としても今作で完全復活といった感じぐー
メルギブだけあって後半の戦争シーンの人体破壊描写が半端ないので、苦手な方は要注意。




キャスト陣ではデズモンドを演じたアンドリュー・ガーフィールドは、
「沈黙」のキャラにも通じるものがありました右矢印
神に問いかけ、涙を浮かべるシーンはとても印象的。

デズモンドの父親、トムを演じたヒューゴ・ウィーヴィングも良かったです
グッド



映画は、銃弾が飛び交い、爆風吹き荒れる過酷な戦場で、
デズモンドが担架に乗せられ、運ばれるシーンから始まり…上矢印


16年前…
弟のハルと一緒にブルーリッジ山脈へと登り、そこからの眺めを楽しむデズモンド。

ある日、弟との喧嘩の最中、つい煉瓦で殴り、死なせかねない怪我を負わせてしまう。
それ以来、主の教えである“汝、殺すことなかれ”を胸に刻んで生きていた。


15年後…
デズモンドは通りで車に挟まれた少年を救い、病院までついていくことに病院
その病院で看護婦をしていたドロシーと出会い、一瞬で恋に落ちるハート(手書き)

デズモンドはドロシーを誘って、デートを楽しむ日々。
だが、戦争の影がそこまで迫っていて、弟が兵に志願。


第一次大戦ですっかり疲弊し、アル中になっていた父親のトムは
戦争の恐ろしさを語り、ハルに家から出て行くように言い放つスピーカ



デズモンドは衛生兵として陸軍に志願したいと言い、
反対するドロシーにプロポーズピンクハート


そして、陸軍への入隊を果たしたデズモンド。
身体能力は高く、良い成績を残すが、銃の訓練は行うことが出来ず。

仲間から暴行を受けるも、デズモンドは除隊だけは決してしようとはしないぐー

グローヴァー大尉には“良心的兵役拒否”であると訴えるも、通じず。
大佐から命令拒否だと言われ、デズモンドは軍法会議にかけられることになってしまうのだが…。



今作は2部構成でした。
前半はデズモンドの青春編。
ここでしっかりと人間ドラマを描いていたと思いますえんぴつ
特に父親のトムの描写がホント切なく…
たしかに戦争から帰還したらしたでおかしくなってしまいますよね…。
惨劇を目の当たりにしたのだから。。



そうそう、訓練シーンでの“おっぱい結び”が終盤の伏線となっていますよウィンク
まさかここで活かされるのか…ってなっている。




後半の戦争編は今作最大の見どころとなっています。
メル・ギブソンは手腕をいかんなく発揮
ちょき



結婚式をすっぽかされ、デズモンドに何かあったのだと核心するドロシー。

独房に入れられたデズモンドはグローヴァーから罪を認めるよう説得を受けるが拒否。
そこにドロシーがやって来る。

ドロシーはデズモンドの信念を信じることに。



軍法会議ではデズモンドは無実を主張。

刑務所行きになるところに、トムが入って来て…
彼は第一次大戦の時の上官を頼り、良心的兵役拒否者が議会法で守られているという手紙を受け取り、それを差し出すメールする


これにより、訴えが取り下げられ、デズモンドは銃を持たずに戦場へと行くことが出来るように。
衛生兵としての訓練を受けられるようになる。



1945年5月…
デズモンドの部隊は沖縄のハクソー・リッジへ派遣される。
この場所は何度攻めても日本軍に追い落とされ、攻め込むことが出来ず、たくさんの兵が犠牲になっていた。

海上からの援護射撃の後、部隊は縄梯子を使い、崖をよじ登る上矢印
あまりの惨状に驚きを隠せないデズモンドたち。

そんな中、たくさんの日本兵が一斉に射撃をしてくる!!


もう、ここから一瞬たりとも目を離してはいけません目
これが戦争をするということ…なのだから。

撃ち抜かれた頭は砕け、手榴弾で手足が千切れ、胴体が千切れ…
火炎放射器を浴びた日本兵は火だるまで走り回る炎

いやはや、凄い…としか言いようがないかもしれないショック
結構な時間を戦闘描写に割いていますよ。




一旦戦闘が終わり、夜は見張りを立てて休息。
翌朝は早々に洞穴の中から日本兵がたくさん出てきて、激しい戦いが!!

日本兵のワラワラ感が半端ないほえー



部隊は海上からの援護射撃が行われる中、撤退を余儀なくされるマラソン
ハクソー・リッジを兵士が次々を降りて行き…
だが、デズモンドだけは生きている仲間を助けるために留まるぐー


ひとり、またひとりを救出していくデズモンド。
負傷した兵士に縄を括り付け、下へと下ろしていく下向き矢印


洞穴に逃げ込んだデズモンドが日本兵に見つからないかと、かなりハラハラドキドキびっくり
日本兵を助けたりもしたんですね。




基地では次々と負傷兵が運ばれてくるのを見たグローヴァー。
助かった兵士からデズモンドがまだ留まっていると聞かされ、すぐに向かうことに車


デズモンドは最後のひとり、ハウエル軍曹を引きずり…
後ろから日本兵が接近してくる中、まずはハウエルを崖下へ下向き矢印
自身も縄を体に括り付け、飛び降りる!



助かったデズモンドはグローヴァーから謝罪され、
翌日の戦いに参加して欲しいと言われる。



翌日、再びハクソー・リッジを登り、攻め込んでいく部隊右矢印

日本兵が白旗を掲げ、投降してくるも、それは罠で…
手榴弾が投げ込まれ、デズモンドは手に取り、別の場所に放り投げ…
さらには足で蹴り飛ばすが空中で爆発し、負傷!


デズモンドが担架に乗せられ運ばれていく。
グローヴァーからハクソー・リッジが落ちたことを聞かされ…

担架が崖下へと降ろされていき、終了。。



エンドロール前に、生前のデズモンドのインタビューや、
当事者たちの証言映像あり。




全体を通して、2時間19分もの長尺に飽きが一切ないと思いましたグッド
緩急のつけ方が巧い証拠なのでしょうね。



注目の戦闘シーンは「プライベート・ライアン」を彷彿とさせ、壮絶でした!
ただ、終盤だけなのて、作品としては「プライベート・ライアン」は超えていないような気もする。




とりあえず、目の前の誰ひとりも死なせまいとする主人公の強い意志は、
観ていて、とても感動しましたし、胸に込み上げてくるものがありました。




これは是非とも映画館で鑑賞して欲しい!



そういえば、エンドロールの“IN MEMORIAL”にジェームズ・ホーナーの名前があったような気がしたけど…
最初の音楽担当だったのかな?
調べても良く分からず。
→やはり音楽担当になるはずだったようです。






TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5587-8af95cbe



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5587.html






最終更新日  2017年06月26日 19時59分43秒
コメント(6) | コメントを書く

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「ザ・ウォール」
・「猿の惑星:聖戦記」
・「ベイビー・ドライバー」
・「亜人」
・「ドリーム」
・「僕のワンダフル・ライフ」
・「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1」
・「エイリアン:コヴェナント」
・「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
・「三度目の殺人」
・「ダンケルク」
・「新感染 ファイナル・エクスプレス」
・「関ヶ原」
・「ワンダーウーマン」
・「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
・「スパイダーマン:ホームカミング」
・「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
・「心が叫びたがってるんだ。」
・「ジョン・ウィック:チャプター2」
・「メアリと魔女の花」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) >yukarinさん VFX技術は素晴らしいも…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) こんにちは。 本当に最近のVFX技術は素…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) >源之助さん たしかに前日談というよりか…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) >えふえふさん オリジナル版「猿の惑星」…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) 見終わって見ると前日譚というよりも大河…

お気に入りブログ

木曜劇場『刑事ゆが… New! レベル999さん

秋ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

奥様は、取り扱い注… New! MAGI☆さん

バリウム飲んできま… New! あくびネコさん

ロミジュリ>『わろ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ボールルームへよう… New! らいち♪♪さん

2017年10月アクセス… New! mkd5569さん

人気の新刊本 クリ… あーさん9さん

WJ46号 銀魂 簡単で… みやさとver.さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.