8801850 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2017年09月16日
XML
カテゴリ:映画感想


「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1」を鑑賞してきましたきらきら

2005年~06年にかけてテレビ放映され人気を博したボンズ制作のSFジュブナイルアニメーション「交響詩篇エウレカセブン」を、新たな構想に基づいてゼロから描いた劇場版3部作。
主人公レントンとヒロイン・エウレカの物語を縦軸に、すべての発端となる大事件“サマー・オブ・ラブ”の全貌を完全新作で描き、TVシリーズのシーンを再構築した新映像とあわせて新たな展開が紡がれる。本作はその第1作。
オリジナルを手がけた京田知己(総監督)、佐藤大(脚本)、吉田健一(キャラクターデザイン)らが再び制作にあたる。


ストーリーは…

大災害“サマー・オブ・ラブ”から世界を救ったアドロック・サーストンは死後に英雄と讃えられるようになるが、その真相を知る者はごく僅かだった。
それから10年。残されたアドロックの息子レントンは14歳になったが、地方都市ベルフォレストで鬱屈した日々を過ごしており、育て親であるビームス夫妻との関係もぎこちない。
そんなある日、レントンは謎の少女エウレカと運命的な出会いを果たし、そこから波瀾曲折の旅を繰り広げていく…。


ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん――!!


なんつー…
初見殺しの作品なんだろうびっくりびっくりびっくり

これ、テレビ版を見ていないと意味不明なんじゃないかなぁ…。
冒頭のサマー・オブ・ラブと最後のシーンは新たに作られたようだが、
あとは全てテレビ版の再構成となっていましたテレビ

しかも、時系列が行ったり来たりと非常にややこしく…
ほとんどテレビ版の記憶を無くしていたので、その記憶を手繰り寄せて観ることに
左矢印


あと、新たに作られた映像とテレビ版の映像がミックスになっているため、画面サイズが非常に気になってしまいましたしょんぼり



映画は、アドロックが人型コーラリアンのエウレカとともに、
オリジネート・ゼロに乗り込み、戦艦から脱出するシーンから始まり…上矢印

アドロックはネクロシス作戦を止めに向かうが、
時既に遅く、地上には決戦弾頭シルバーボックスが撃ち込まれてしまう下矢印


チャールズ、レイが地上で戦う中…
シルバーボックスが同期していないため、デューイとホランドが向かうことに右矢印

途中、ホランドにはアドロックたちを迎え撃つように指令が来て、デューイと別れ…


デューイがシルバーボックスに辿り着くと、なぜか同期していることが判明!
シルバーボックスが暴走し、スカブコーラルが地球内部へ浸食下向き矢印

スカブコーラルの密集体、司令クラスターが上昇上矢印


追ってきたホランドにエウレカを託し、アドロックはシルバーボックスを止めにぱー
その時、彼が見たものは…目

アドロックは“サマー・オブ・ラブ”と名付ける。


サマー・オブ・ラブの映像はとにかく圧倒されるオーケー
目まぐるしく展開し、これだけでも観る価値あり。
アドロックの最期は感動。




ここから先はテレビ版を再構成しているため簡潔えんぴつ

ビームス夫妻をメインに描いていて…
特にチャールズがカッコ良く構成されてますな目がハート

レントンが祖父ちゃんに育てられたというのは変更に。




10年後…
レントンはチャールズとレイの夫妻の養子に。

ゲッコー号に身を寄せていたが、すぐにそこから出て行くこととなり…


再びビームス夫妻のもとに身を寄せ…仕事の依頼について行くレントン。
死に際のヴォダラクの少女に出会い…
彼女をどうにかして助けようとするが、世界は憎しみに溢れていて、上手くいかない。


自分の非力さをレントンは痛感する。

レントンはチャールズに、自分とエウレカ、それとニルヴァーシュに起きたことを話す。



ビームス夫妻にはゲッコー号撃墜の指令が来ていて…
レントンは2人のもとを去ることに。


エウレカに再会するべく、レントンはひとり向かい、終了。。


って、レントンを追いかけてきていた犬は誰が撃ち殺したの?



これだったら「エヴァ」のように全て作り直しでも良かったような気もするけど…わからん



全体を通して、ファンならば満足出来る作品だと思いますグッド
うろ覚えだと、ちょっときついかもしれません。


テレビ放送はもう12年も前なんですねぇ…
いやはや、時が過ぎるのは早いですな(汗)




そうそう、尾崎さんの歌うエンディングテーマは非常に良かった。
作品に合っていました
音符


エンドロール後には“2”の予告映像あり。
サッカー回やるの?
今度はアネモネの登場です!

そういえば、サブタイトルが付くのか?
“ONE WORLD ONE FUTURE”と言っていたような…(曖昧)


一応、次も鑑賞予定です
スマイル

上映館が少なくならなければいいなぁ…。





TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5646-356f3f0b



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5646.html






最終更新日  2017年09月21日 12時31分14秒
コメント(2) | コメントを書く

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「アトミック・ブロンド」
・「ザ・ウォール」
・「猿の惑星:聖戦記」
・「ベイビー・ドライバー」
・「亜人」
・「ドリーム」
・「僕のワンダフル・ライフ」
・「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1」
・「エイリアン:コヴェナント」
・「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
・「三度目の殺人」
・「ダンケルク」
・「新感染 ファイナル・エクスプレス」
・「関ヶ原」
・「ワンダーウーマン」
・「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
・「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
・「心が叫びたがってるんだ。」
・「ジョン・ウィック:チャプター2」
・「メアリと魔女の花」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 kossy@ Re:劇場鑑賞「アトミック・ブロンド」(10/20) New! DCコミックやマーベルがヒーローを集めて…
 BROOK@ Re[1]:「別冊少年マガジン」2017年11月号(10/07) New! >みやさとver.さん 入院、そして手術… そ…
 みやさとver.@ Re:「別冊少年マガジン」2017年11月号(10/07) New! 後れ馳せながら感想を拝見に参りました‼️ …
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) >yukarinさん VFX技術は素晴らしいも…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」(10/13) こんにちは。 本当に最近のVFX技術は素…

お気に入りブログ

金曜ナイトドラマ『… New! レベル999さん

ジャンプSQ.2017年11… New! みやさとver.さん

チョコ衛門再び>『… New! ひじゅにさん

娘、沖縄から帰って… New! あくびネコさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

もうすぐ衆議院議員… New! mkd5569さん

人気の新刊本 スト… New! あーさん9さん

黒執事 Gファンタジ… らいち♪♪さん

秋ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

奥様は、取り扱い注… MAGI☆さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.