8845178 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2017年11月04日
XML
カテゴリ:映画感想


「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」を鑑賞してきましたきらきら

不気味なピエロ“ペニーワイズ”と少年たちの対決を描いたスティーヴン・キングのベストセラー小説を「MAMA」のアンディ・ムスキエティ監督で映画化し、全米で記録的大ヒットとなりセンセーションを巻き起こしたホラー・サスペンス。
子供の失踪事件が続く田舎町を舞台に、弟をさらわれた少年といじめられっ子の仲間たちが力を合わせて、ピエロの格好をした謎めいた存在に立ち向かっていくさまを、少年少女の瑞々しい青春ドラマを織り交ぜつつ、戦慄の恐怖演出で描き出す。
主演は「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ミッドナイト・スペシャル」のジェイデン・リーバハー。ペニーワイズ役には「シンプル・シモン」「アトミック・ブロンド」のビル・スカルスガルド。


ストーリーは…

1988年、アメリカの田舎町デリー。町では子供ばかりが行方不明になる不可解な事件が続いていた。
ある日、内気で病弱な少年ビルの弟ジョージーも何者かに襲われ、道端の排水溝に姿を消してしまう。
以来、弟の失踪に責任を感じていたビルはある時、見えるはずのないものを見てしまい恐怖に震える。
やがて、眼鏡のリッチーや悪い噂のあるベバリーなど同じような恐怖の体験をしたいじめられっ子の仲間たちと協力して、事件の真相に迫ろうとするビルだったが…。


“恐怖”に、打ち勝て――!


これはたしかに…
ホラー版「スタンド・バイ・ミー」ですね~スマイルスマイルスマイル
スティーヴン・キングが原作だから、どうしても彷彿とさせます。

オリジナル版は未見。


子供時代の甘酸っぱい青春にホラーを融合させた秀作オーケー
そのホラー部分はそんなにグロくはなく…
というか、グロいのは冒頭のシーンくらいじゃないかな?
年齢制限がついているのはナイフのシーンが理由かも。




ペニーワイズを演じたのはビル・スカルスガルド。
怪演でした
オーケー



映画は、1988年6月、雨の日、病気のビルが弟のジョージーのために紙で舟を折っているシーンから始まり…上矢印


雨に濡れないためにジョージーに地下室までワックスを取りに行かせるビル。
そのワックスを塗って、舟は出来上がり。

ジョージーはレインコートを羽織り、舟を持って外へ。
水たまりに浮かべ、動き出した舟を折って行くマラソン


舟が排水口に吸い込まれてしまい、ジョージーが中を覗くとそこにペニーワイズが!
驚くジョージーにお菓子の話をしたりして、和ませる。

帰ろうとするジョージーが舟を受け取ろうとした矢先、ペニーワイズが右腕を喰いちぎるびっくり
助けを呼ぶジョージーだったが、排水口へと引きずり込まれてしまう。



1989年6月…
夏休みに入ったビルと仲間たちは、子供の行方不明事件の話題で持ちきり。
ベティという少女の遺体を捜すべく、“荒れ地”へ行くことにするも、いきなりパトリックやヘンリーたちに絡まれてしまい…

一方、転校生のベンは裏口からこっそり学校を出て行こうとしていたところ、ベバリーに話しかけられ、好意を抱くピンクハート


その頃、祖父の仕事を手伝っているマイクは肉の配達へ向かうが、
鍵のかかった扉から焦げた無数の手が出てきて、さらに開いた扉の奥から何者かが覗いていた目


スタンリーは父親に言われ、聖典を本棚に戻しに向かうも、
壁にかけられていた奇妙な女性の絵画から、その女性が消えていて…
いきなり襲われて、逃げる右矢印


ベンは図書館で街の歴史について調べていた。
資料集の写真にところどころ写っているピエロの顔、
さらには爆破によって吹き飛んだ人間の首が枝に引っ掛かっている写真を見て、本を閉じる。

赤い風船が通り抜けて行き、ベンは後を追って地下の書庫へ。
首の無い焼け焦げた人間に追いかけられ、さらにはペニーワイズも追って来る!

どうにか逃げ切ったベンだったが、ヘンリーたちに捕まり…
斜面を転がり、必死で逃げ切り、“荒れ地”の調査をしていたビルたちに合流。


ビルたちは下水路の調査でベティの靴を発見していた虫眼鏡
ベンを連れて、その場を離れる一行。

追いかけてきたパトリックはペニーワイズの餌食に!!


ベンの治療をするため、薬局に入ったビルとエディ。
そこでベバリーに遭遇し、彼女を仲間にすることに。



エディは帰宅途中、廃屋の前で薬を落としてしまい…
ペニーワイズに襲われるが、どうにか逃げ切る。


ベバリーは父から性的暴力を受けており、髪の毛を切って反抗上向き矢印
流したはずの髪の毛に襲われ、父を呼ぶも…父にはそれが見えていなかった。


そして、ビルは夜中に弟の姿を追って地下室へ下向き矢印
ペニーワイズに襲われるが、逃げ切る!



それぞれがペニーワイズに襲われ…

さらにヘンリーたちにイジメられていたマイクを救出し、仲間にするビルたち。



ベンの調査では27年ごとにペニーワイズが現れ、子供を誘拐し、食糧にしていることが判明。
今年がその27年目の年。

地下水路を分析し、水路が交わっている廃墟へとビルたちは向かうことになるのだが…右矢印



笑えるシーンと恐怖シーンのバランスが良いですねウィンク
青春ドラマとしても充分楽しめる!


ベバリーを巡って、ビルとベンの三角関係も甘酸っぱいわ~うっしっし
ベンはベバリーのことが好き…でも、ベバリーはビルのことが気になっている様子。
ビルもまたベバリーのことが気になっているみたいで…
ちょき


ペニーワイズが突如として出現するシーンは多少ビックリするものの、
動きが何だかコミカルで思わず笑ってしまいました
スピーカ



廃屋へと入り、エディが襲われて右腕を骨折。

リッチーの怖いものはピエロそのもので…
ペニーワイズに襲われ、ビルともどもピンチに!


ベンはベバリーがペニーワイズの顔に刺した杭によって腹を負傷。

ペニーワイズは古井戸の中へと逃げて行き…下矢印

エディの母親が駆けつけ、エディを連れて行く。
仲間はあまりの恐怖から散り散りになってしまう。



8月…

ベバリーがペニーワイズに連れ去られ、
ビルが仲間たちを再び集め、古井戸へと入って行く下矢印

マイクはナイフでペニーワイズに言われるがまま父親を殺したヘンリーに襲われるも、井戸へと落とすパンチ



スタンリーがペニーワイズの襲撃に遭うも、間一髪で仲間たちが救出。

宙に浮かんでいたベバリーを助け、目覚めさせるためにベンが口づけをハート(手書き)


今度はビルがジョージーを追って行き…
彼が偽物だと、釘で頭を撃ち抜く右矢印

ジョージーはペニーワイズとなり…
もう何も怖くないビルたちはペニーワイズと戦い、追い詰める右矢印

ペニーワイズは恐怖を感じ、排水溝へと落下していく。


ビルはジョージーのレインコートを見つけ、涙を流す…。



ベバリーはおばさんの家で暮らすことになり、ポートランドへ引っ越すことに。

ビルたちは円になり、掌をガラスで切って、手を繋ぐ。
27年後に再びペニーワイズが現れたら、集まることを約束。

皆が去って行き、ビルとベバリーのみ…
去っていくベバリーを引き止めたビルは口づけをし、終了。。



エンドロール後にペニーワイズの高笑いあり。



全体を通して、子供でも楽しめるホラー作品に仕上がっていたと思いますスマイル
年齢制限をつけたのはもったいない…。



エンドロールの前に「IT 第1章」と表示。
第2章は2019年アメリカ公開予定。
成長した彼らとペニーワイズとの新たな戦いが描かれるんでしょうね。
楽しみ~
スマイル





TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5686-b8e94b35



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5686.html






最終更新日  2017年11月11日 05時24分50秒
コメント(6) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「ローガン・ラッキー」
・「GODZILLA 怪獣惑星」
・「MASTER マスター」
・「ジグソウ:ソウ・レガシー」
・「氷菓」
・「IT イット “それが”見えたら、終わり。」
・「マイティ・ソー バトルロイヤル」
・「ブレードランナー2049」
・「ミックス。」
・「斉木楠雄のΨ難」
・「バリー・シール アメリカをはめた男」
・「コードギアス 反逆のルルーシュ I 興道」
・「アトミック・ブロンド」
・「ザ・ウォール」
・「猿の惑星:聖戦記」
・「亜人」
・「ドリーム」
・「僕のワンダフル・ライフ」
・「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1」
・「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
・「三度目の殺人」
・「新感染 ファイナル・エクスプレス」
・「関ヶ原」
・「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
・「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
・「メアリと魔女の花」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「GODZILLA 怪獣惑星」(11/17) New! >kossyさん 私も三部作としったのは鑑賞…
 kossy@ Re:劇場鑑賞「GODZILLA 怪獣惑星」(11/17) New! 三部作だとは知らずに観てきました! 独特…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ジグソウ:ソウ・レガシー」(11/10) >yukarinさん 唯一、1作目だけDVDを…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「ジグソウ:ソウ・レガシー」(11/10) こんばんは。 今回が初だったんですね意外…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ジグソウ:ソウ・レガシー」(11/10) >えふえふさん 2つのエピソードが同時進…

お気に入りブログ

窓が結露してたので… New! あくびネコさん

金曜ナイトドラマ『… New! レベル999さん

『この声をきみに』… New! くう☆☆さん

引っ張りな>『わろ… New! ひじゅにさん

グルメな秋なら芸術… mkd5569さん

【NHK紅白】出場歌手… ショコラ425さん

実写版銀魂、続編が… みやさとver.さん

奥様は、取り扱い注… MAGI☆さん

ボールルームへよう… らいち♪♪さん

ドラマ陸王でお馴染… YOSHIYU機さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.