8892570 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2017年11月23日
XML
カテゴリ:映画感想


「ジャスティス・リーグ」を鑑賞してきましたきらきら

「マン・オブ・スティール」に始まるDCコミックス原作実写映画のクロスオーバー・シリーズ“DCエクステンデッド・ユニバース”作品の1本で、DCコミックスが誇る人気スーパーヒーロー総出演で贈るアクション・アドベンチャー超大作。
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」後のスーパーマン亡き世界を舞台に、滅亡の危機を迎えた世界を救うべくバットマンによって結成されたスーパーヒーロー・チーム“ジャスティス・リーグ”の活躍を圧倒的スケールで描き出す。
出演はバットマン役のベン・アフレック、ワンダーウーマン役のガル・ガドットのほか、エズラ・ミラー、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャーがそれぞれフラッシュ、アクアマン、サイボーグ役で登場。
なお監督を務めたザック・スナイダーが家族の不幸のために本作撮影の最終盤で降板を余儀なくされたため、急遽「アベンジャーズ」シリーズのジョス・ウェドンが電撃招聘され、追加撮影などを経て無事完成にこぎ着けた。
ちなみに監督クレジットはザック・スナイダー単独のままとされ、ジョス・ウェドンは脚本にクレジットされた。


ストーリーは…

スーパーマンの犠牲によって恐るべきドゥームズデイから辛くも守られた世界。
しかしスーパーマンのいなくなった地球にはさらなる魔の手が迫っていた。
バットマンはそんな世界滅亡の危機をいち早く察知すると、先の戦いで出会ったワンダーウーマンとともに超人たちのスカウトに乗り出す。
こうして集められたのは、世界最速にしてオタクな青年“フラッシュ”ことバレリー・アレン、水陸両棲の怪力男“アクアマン”ことアーサー・カリー、全身のほとんどが機械化された“サイボーグ”ことビクター・ストーンといういずれ劣らぬ個性派超人たち。
迫り来る脅威に立ち向かうべく、そんな我の強い彼らを、柄にもなくチームとしてまとめ上げようと奮闘するバットマンだったが…。


“チーム”で、倒す――!


いやぁ…
面白かったーちょきちょきちょき

マーベル作品とはまた違った面白さがあるよねウィンク
DCコミックスの実写化はなんというか“重量感”があるような感じ。
ま、この辺りはザック・スナイダー監督の演出によるものだろうけど。


そのザック・スナイダーが家族の不幸で離脱してしまい、ジョス・ウェドンが今後はDCエクステンデッド・ユニバースを引っ張っていくことになる?
どうなっていくのかは、まだまだ不明なところが大きい?




キャスト陣では、ベン・アフレック、ガル・ガドットはそれぞれキャラが確率しているので、安定しています上向き矢印
新キャラのアクアマンを演じたジェイソン・モモア、フラッシュを演じたエズラ・ミラー、サイボーグを演じたレイ・フィッシャーは、今後の単独主演作品によってはDC映画の立役者となりそう。
個人的にはフラッシュが一番のお気に入り目がハート

そうそう、スーパーマンを演じたヘンリー・カビルは観てのお楽しみ。




映画は、スーパーマンが子供たちに携帯電話のカメラで撮影されながらインタビューされているシーンから始まり…上矢印
地球のいいところを訊かれ、ちょっと答えに迷うスーパーマン。


バットマンは犯罪者を追い詰め…建物の屋上から落とそうとし…
その“恐怖”に引き寄せられ、パラデーモンが現れる。

どうにかバットマンがパラデーモンを捕獲したものの、自爆されてしまう炎



ワンダーウーマンは建物内に押し入って人質を取ったテロリストたちと戦い、その圧倒的な力で自爆テロを未然に防ぐ。



ブルースは地球にやって来る脅威のために超人たちをスカウトすることにし…
まずはアクアマンことアーサー・カリーと接触。
だが、カリーは自分たちには関係ないとばかりに拒否。


フラッシュことバリー・アレンは妻殺しの濡れ衣を着せられた父と面会。
自分の生きる道を進むように言われて…失敗


サイボーグことビクター・ストーンは事故により死にかけたものの、
父であるサイラス博士により、全身機械の身体となり、その影響に戸惑っていた。



その頃、アマゾン族のいるセミッシラ島で保管されていたマザーボックスに異変が発生!!
遥か昔に追放したステッペンウルフが出現する。

ステッペンウルフとパラデーモンたちと戦うヒッポリタ女王と戦士たち。
しかし、マザーボックスは奪われてしまう。

ヒッポリタ女王は警告の炎を灯すことにし…
その炎にダイアナが気付き、ブルースのところを訪ねる。


マザーボックスを保有していたステッペンウルフはかつてアマゾン族、アトランティス人、人間と様々な種族に追い詰められ、ついには追放される。
箱は3つに分けられ、それぞれの種族が保有、または隠していた。

グリーンランタンの存在を確認!
彼の単独映画が作り直されるなんて噂も…。



しかし、今の人間では到底勝ち目は無く…下向き矢印


ブルースがバリーのスカウトへ…
そして、ダイアナがビクターのスカウトを頼まれる。



一方、アトランティス人のいる海底にあるマザーボックスのところにもステッペンウルフが現れ…
メラやアクアマンの抵抗も虚しく、奪われてしまう。



ブルースは難なくバリーのスカウトに成功。
ダイアナはサイボーグのスカウトに失敗。
だが、ビクターは、マザーボックスの研究をしていた父がパラデーモンに連れ去られたため、仲間に加わることに。

そして、ブルースたちはステッペンウルフの居場所を突き止め、向かうことになるのだが…。



ここまでで一番活躍シーンが多いのはやはりワンダーウーマンでした~スマイル
やはり単独作品があれだけヒットすれば見せ場も多くなりますよね。
テロリストたちをやっつけていくのはもう痛快のひと言!
たくさんの人質を銃弾から守るシーンは痺れました!!


でも、ここからキャラたち大活躍のオンパレードになっていきますちょき
唯一人間の能力しかないバットマンも頑張ってます(苦笑)




ステッペンウルフのところに乗り込むバットマンたち。
フラッシュの活躍もあり、サイラス博士や連れ去られていた人たちも救出。

フラッシュがワンダーウーマンの剣をちょこっと押すシーン、良かったよ右矢印
少しばかりチームの連携も見ることが出来る。



天井が崩壊したため、水が流れ込み…
駆けつけたアクアマンが盾となり、全員無事に脱出上矢印



ビクターがマザーボックスをケイブに持ってきて…
ブルースはこれを使い、スーパーマンを生き返らせようと考える。
ダイアナは止めようとするが、最終的に納得。


スーパーマンの遺体を掘り起し、棺ごとクラプトン人の船のところへ運ぶバリー。
サイボーグが船を起動させ…遺体を羊水の中に。
フラッシュの雷でマザーボックスに電流を流して…ついにスーパーマンが復活上矢印

甦ったスーパーマンは自我を忘れており、ワンダーウーマンたちが止めに入るも、為す術無し。
バットマンが切り札を用意しており、ロイス・レインがやって来る。

自我を取り戻したスーパーマンはロイスとともに飛び去って行く上向き矢印


現れたステッペンウルフがマザーボックスを奪って行く。


スーパーマンがさらっと強制復活させられたのはどうかと…
「BvsS」のラストで砂が浮いた演出があったのに…失敗
もう少しどうにかならなかったのか…。




クラークとロイスは、売りに出されてしまった彼の家へ。
そこに養母もやって来る。




ブルースたちはステッペンウルフがロシアにいることを突き止め…
廃炉となった原子炉が拠点となっていた。
すぐさま向かうことに右矢印


ここからのラストバトルは皆に見どころがあって、圧巻のひと言!!



バリアはバットマンが破壊し…
パラデーモンに襲われているところをアクアマンとサイボーグが助けてくれる。

ワンダーウーマンとアクアマンがステッペンウルフを対峙!

サイボーグはマザーボックスの解体へ。
フラッシュは住民の避難をさせることに。



苦戦を強いられる中、ついにスーパーマンが駆けつけ、ステッペンウルフを追い詰めていくぐー
そして、フラッシュとともに住民を避難させ…

サイボーグがマザーボックスを3つに分けさせることに成功し、スーパーマンが手伝う。


アクアマンとワンダーウーマンがステッペンウルフを追い込み…
恐怖を感じたステッペンウルフはパラデーモンに襲われ、消えていく上矢印


やっぱりスーパーマンがいないと強敵は倒せないよね…ウィンク



戦いが終わり…


ブルースは銀行ごと買い取り、クラークの家を返却。
家具が次々に運び込まれていき、クラークから礼を言われるブルース。

バレリーは推薦状により科学捜査官に。

ビクターとカリー、ダイアナもそれぞれの日常に戻っていく。


雑踏の中を歩くクラーク歩く人
助けを呼ぶ声が聞こえ、スーパーマンとなり、飛んでいき、終了。。


エンドロールが始まっても席を立たずに!

フラッシュとスーパーマンの超速対決右矢印


刑務所に入れられていたルーサーがいつの間にかいなくなっており…

ルーサーの乗っている豪華クルーズ船にやって来たのはデスストローク。
スーパーマンたちがチームを作ったので、自分たちも作ろうとデスストロークを勧誘。



ということで、デスストロークの単独作品が出来るみたいですグッド

「ジャスティス・リーグ:ダーク」という作品も出来る模様。

DCコミックスの映画はいろいろと噂の域の部分もあるので、
どれが実現するのか、まだ良く分からないのが現状ですけど…。




全体を通して、最高のエンタメ作品に仕上がっていると思いますスマイル
キャラたちをそれぞれ知らなくても一応は問題無し。
ここからDC作品を観始めたとしても大丈夫なはず。



そういえば、編集で1時間もカットしたとの噂があるので、
これは是非とも完全版を観たいところです!



次のDC映画の公開は「アクアマン」でしょうか?
楽しみ!!






TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5704-b88eabb9



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5704.html






最終更新日  2017年11月27日 13時21分01秒
コメント(10) | コメントを書く

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」
・「DESTINY 鎌倉ものがたり」
・「ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」
・「オリエント急行殺人事件」
・「鋼の錬金術師」
・「gifted/ギフテッド」
・「ジャスティス・リーグ」
・「ローガン・ラッキー」
・「GODZILLA 怪獣惑星」
・「MASTER マスター」
・「ジグソウ:ソウ・レガシー」
・「氷菓」
・「IT イット “それが”見えたら、終わり。」
・「マイティ・ソー バトルロイヤル」
・「ブレードランナー2049」
・「ミックス。」
・「斉木楠雄のΨ難」
・「バリー・シール アメリカをはめた男」
・「アトミック・ブロンド」
・「亜人」
・「ドリーム」
・「僕のワンダフル・ライフ」
・「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
・「メアリと魔女の花」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(12/15) New! >kisaさん 3倍とまではいかなくても、 …
 kisa@ Re:劇場鑑賞「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(12/15) New! 私も見ました。面白かったですね。 個人的…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(12/15) New! >にゃむばななさん レイに関してはもっと…
 にゃむばなな@ Re:劇場鑑賞「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(12/15) New! ベイダー卿も当初は名もなき人々の子供で…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(12/15) New! >kossyさん スノークの呆気なさにホント…

お気に入りブログ

おきばりやす>『わ… New! ひじゅにさん

『先に生まれただけ… New! くう☆☆さん

PCの向こうでケンカ… New! あくびネコさん

ウルトラマンジード… New! MAGI☆さん

連続テレビ小説『わ… New! レベル999さん

「海月姫」17巻(完… New! らいち♪♪さん

この時期は夜の街が… mkd5569さん

WJ2018年 2・3合併号… みやさとver.さん

秋ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

掛布真弓が警察に・… YOSHIYU機さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.