9649405 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2018年01月27日
XML
カテゴリ:映画感想


「祈りの幕が下りる時」を鑑賞してきましたきらきら

日本橋署に異動してきた新参者の刑事・加賀恭一郎の活躍を描く東野圭吾原作、阿部寛主演の“新参者”シリーズの劇場版第2弾にして“新参者”シリーズとしては完結編となるミステリー・ドラマ。
同じ頃に発生した2つの殺人事件の捜査に乗り出した主人公・加賀恭一郎が、事件の真相に迫る中で自らの過去とも向き合っていくさまを、親子の絆を巡る人間ドラマを織り交ぜ描き出す。
共演は溝端淳平、田中麗奈、山崎努らレギュラー・キャストのほか、松嶋菜々子、伊藤蘭、キムラ緑子、烏丸せつこ、小日向文世。
監督はTV「半沢直樹」「下町ロケット」などの演出を手がけた福澤克雄。


ストーリーは…

ある日、東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。
被害者は滋賀県在住の押谷道子で、現場アパートの住人・越川睦夫は行方不明となっていた。
松宮脩平ら警視庁捜査一課の刑事たちが捜査を進めるが、道子と越川の接点がなかなか見つけられない。
やがて捜査線上に舞台演出家の浅居博美が浮上してくるものの、事件の核心はいまだ掴めぬまま。
そんな中、越川の部屋から日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれたカレンダーが発見される。
それを知った加賀恭一郎は激しく動揺する。
同じメモが、かつて加賀と父を捨てて蒸発した母・百合子の遺品の中にもあったのだった。
自らがこの事件の最大のカギであることを悟り戸惑いを隠せない加賀だったが…。


人の嘘の奥にある、真実――!


いやぁ…
素晴らしかった~グッドグッドグッド

何が素晴らしかったって…“全て”としか言いようがなくスマイル
やはり東野圭吾作品、特に「新参者」シリーズはクオリティが高いと思いますね。

そして、映画版の前作「麒麟の翼」よりも遥かに面白くなっていました!
監督が交代したから???



キャスト陣の演技も素晴らしく…
注目は事件の重要人物である浅居博美を演じた松嶋さん。
顔の表情でここまで演技出来るとは、ビックリでした!
もうね、心に突き刺さって来る演技という感じ。

同じく重要人物である浅居忠雄を演じた小日向さんの演技も良かった!!
いつものコメディタッチの演技から一転シリアスモード全開で、見入ってしまいましたよ。




映画は1983年の仙台で夫と息子を置いて家を出てきた加賀の母親である百合子がスナックで働きたいと康代に頼むシーンから始まり…上矢印

見習いとして働き始め、店は大繁盛。

だが、2001年に心不全で逝去。
加賀は康代に呼ばれ、遺骨を引き取ることに。

康代は加賀に、百合子には綿部という男性と親密にしていた話す。
その綿部は原発作業員であることしかわからない…そして、行方知れずだった。



2017年、東京葛飾区のアパートの一室で女性の腐乱死体が発見される。
部屋の持ち主は越川睦夫だが、行方不明になっていた。

捜査会議で松宮は女性が絞殺されていたことから、付近で起きたホームレスの焼死事件との関連性を疑う。
ホームレスの方も絞殺されていた。


女性の身元が押谷道子であることが判明!
松宮たちは早速彼女の出身である滋賀県へ右矢印

ハウスクリーニング会社で働いていた道子の営業先をまわり…
松宮は老人ホームで名前の分からない女性と道子が話していたことを知る。
職員の女性が言うには、道子がその女性が同級生だった浅居博美の母親だと言ったが…
その女性は激しく否定していたというのだった。


明治座で舞台の演出を手掛ける浅居博美が捜査線上に浮上上向き矢印

松宮は博美から話を伺うと、あっさり道子と会ったことを告白。
しかし、彼女にはアリバイがあり、道子を殺すことが出来なかった。


捜査は暗礁の乗り上げていたが、
松宮は加賀の助言から、DNA鑑定を再鑑定すると、
越川と焼死体で見つかったホームレスが同一人物であることを判明!


さらに、越川の部屋で見つかったカレンダーに書かれていた橋の名前が、
母が昔にカレンダーに書いていたことを同じだと知った加賀は、筆跡鑑定を依頼。

鑑定の結果は百合子の文字と一致。
加賀の母親が事件に絡んでいたため、捜査に参加することになるのだが…。



まずは、序盤のテロップ表示がちょっと気になったけれど、
事件の発端で、詳しく説明しているため、頭の隅に留めておくことが出来るという点では良かったような気がする
オーケー


肝心のストーリーは、人間ドラマが幾重にも重なって、真実へ辿り着くという展開で、
「新参者」シリーズらしいですねちょき
その人間ドラマひとつひとつがどれも見入ってしまいますよ。
さらには泣けるんだよねぇ…涙ぽろり

あぁ…もうこういう選択しか出来ないよね…って。




康代の証言から越川と綿部が同一人物であることが判明し、事件は進展。


博美と付き合っていた元担任の苗村。
その苗村が行方不明になっていることが判る。


綿部から加賀に届いた手紙…
その住所はどこから漏れたのか…
加賀が載った剣道雑誌の出版社から博美に漏れていた。
なぜ博美は加賀の住所を知りたかったのか?

そのことで加賀は博美に揺さぶりをかけるも…

一方、一緒にやって来た金森が洗面所のブラシから博美の毛髪を採取。


毛髪を採取されたことに気付いた博美は老人ホームへ行き、母と対面。
自分と父がどれほどの地獄を見てきたのかと話す。



加賀は、綿部は博美によって殺害されたのだと推理。
博美が演出を手掛ける舞台を見に行く。


博美は綿部との親子関係が立証されたことに気付いており、
なぜ自分の父を殺したのかの理由を加賀に語り始める。

母の借金が原因で父と夜逃げをした博美。
石川県の食堂で出会った原発作業員の横山という男。

忠雄は自殺を考えており、
博美は横山からお金で誘われ、彼の車へ。

しかし、箸を使って首を刺し、殺害してしまい…
忠雄は横山に成り代わることにする。


“近藤今日子”という名前で博美に手紙を送る忠雄。
久しぶりに再会したりしていたが…

苗村に目撃されてしまい、忠雄は彼を殺害。

それから、博美が演出を手掛ける舞台に行った時に道子に見つかり、彼女を殺害。



逃げ続ける人生に疲れ、ホームレスの小屋で焼身自殺を図ろうとしたところに
後をつけていた博美がやって来る。

忠雄は自分が焼死すれば、死んだことになっている忠雄だと判明することは無いと言い…

博美は父が以前、焼死はぞっとすると話していたことを思い出し、
彼の首を絞めて殺害し、小屋に火を放つ炎


舞台が終わり、博美はやって来た松宮に連行されていく。
去り際に忠雄からの手紙を加賀に渡すノート



会議室で綿部からの手紙を読む加賀。
百合子はうつ病を患っており、ある日、息子を手にかけようとしている自分が怖くなり、家を出たということが書かれていた。

綿部は加賀が載った剣道雑誌を百合子に渡そうとしたが、受け取りを拒否され…
別の封筒にその雑誌が入っており、加賀はそれを抱き締め、終了。。


エンドロールではテレビシリーズのその後を見ることが出来ますよ~スマイル


エンドロール後に、加賀は日本橋を離れ、捜査一課に異動になることが語られます。




全体を通して、こんなにも人間愛に溢れている作品はそうそうにないと思いましたきらきら

親が子を想い、子が親を想う…その姿に涙。



一見、複雑そうな物語ですが、
捜査会議のホワイトボードでその都度、相関図付きで教えてくれるので、大丈夫。




「新参者」シリーズはこれで原作が終わっているみたいですが、
いつかまた原作を発表して、映像化して欲しいなぁ…。






TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5756-b47e708e



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5756.html






最終更新日  2018年02月04日 14時04分26秒
コメント(6) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

映画レビュー
・「ドラゴンボール超 ブロリー」
・「来る」
・「くるみ割り人形と秘密の王国」
・「ヘレディタリー 継承」
・「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
・「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」
・「GODZILLA 星を喰う者」
・「ANEMONE 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」
・「ボヘミアン・ラプソディ」
・「人魚の眠る家」
・「スマホを落としただけなのに」
・「ヴェノム」
・「ビブリア古書堂の事件手帖」
・「億男」
・「デス・ウィッシュ」
・「バーバラと心の巨人」
・「ルイスと不思議の時計」
・「劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ」
・「響 -HIBIKI-」
・「累 -かさね-」
・ポノック短編劇場「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」
・「パンク侍、斬られて候」
・「万引き家族」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「来る」(12/07) >ふじき78さん 琴子と真琴姉妹の短編集が…
 ふじき78@ Re:劇場鑑賞「来る」(12/07) > 琴子はどうなっちゃったの??? タ…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「来る」(12/07) >kisaさん 中島監督らしい作品になってい…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「来る」(12/07) さすが中島監督面白かったです。 原作はか…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「来る」(12/07) >みぃみさん 中島監督が撮っただけはあり…

お気に入りブログ

金曜ドラマ『大恋愛… New! レベル999さん

大阪に来ました〜!! New! あくびネコさん

「ばらかもん」18巻… New! みやさとver.さん

だねいぼん>『まん… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

リーガルV〜元弁護士… MAGI☆さん

サザンと北島三郎さ… ショコラ425さん

「キングダム」52巻… らいち♪♪さん

2018 株主総会 ビッ… mkd5569さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.